2021年06月28日

ワインがもっとおいしくなる!さっぱりおつまみのレシピ15選

ワインをよりおいしくしてくれるおつまみ♪ この記事では、家でワインを味わうときにおすすめの、さっぱりおつまみをご紹介します。野菜・魚介・肉を使うものをそれぞれ5つずつピックアップ。簡単に作れるものもたくさんありますよ。

野菜を使うさっぱりおつまみ5選

1. 市販のだしで簡単!保存できる「アボカドの漬けもの」

透明の器に盛られた、アボカドの浅漬け

市販の白だしを使った簡単浅漬けレシピです。カットしたアボカドを調味液に漬けるだけなので、とっても簡単。ロゼワインはもちろん、白ワインにも合いますよ。2~3日保存できるので、常備しておくのもよいですね。パーティやおもてなしのときも、事前に作っておけるので準備もラクラクです。

詳しいレシピはこちら

2. つまみ出したら止まらない「ゴマ塩ポリポリきゅうり」

紺の皿に盛られたやみつききゅうり

鶏ガラスープとすりおろしニンニクを使用する、きゅうりのおつまみです。味付けのベースは、きゅうりにぴったりのゴマ塩ダレ。つまみ出したら止まらないおいしさです。きゅうりの皮をむくと味が染み込みやすくなりますよ。皮のむき方や切り方を工夫して、おしゃれに仕上げましょう。

詳しいレシピはこちら

3. おもてなしにぴったり「トマトとホタテのジュレサラダ」

 白い皿に盛られた、トマトとホタテのきらきらジュレサラダ

おもてなしにおすすめ。おしゃれでリッチなジュレサラダです。手がかかりそうなのに、調理時間は約15分。調味料にゼラチンを加える際、きれいなジュレになるよう鍋の火を止めてくださいね。味付けにポン酢を使うので、すっきり辛口の白ワインと合わせるのはいかがでしょう。

詳しいレシピはこちら

4. ロゼワインで味わいたい!「ネギたっぷりよだれ豆腐」

黒い皿に盛られた、よだれ豆腐

日本の伝統食材“豆腐”に、中華風の合わせダレをかけたひと品です。合わせダレはレンジでチンするだけなのでとっても簡単。味が染み込むよう、豆腐の水切りはしっかりおこないましょう。レシピではきゅうりを添えていますが、万能ネギでもOKです。ロゼワインが合いますよ。

詳しいレシピはこちら

5. レンジでできる♪ ナスのカルパッチョ

白い皿に盛られた、ナスのカルパッチョ

魚の代わりにナスを使ったカルパッチョです。調理時間40分のうち、30分は冷却時間なので調理はあっという間。具材を切ったらレンジでチンするだけです。味付けは塩・コショウ、レモン汁のみなので、とっても簡単ですよ。冷やしている間にほかの料理を作れます。

詳しいレシピはこちら

魚介類を使うさっぱりおつまみ5選

6. カラフルでおしゃれ「オクラとタコとパプリカのマリネ」

 白い皿に盛られた焼きオクラとタコのさっぱりマリネ

華やかな色合いが気分を盛り上げてくれる、オクラとタコのマリネです。調理時間は約10分!火を通した具材に、さっぱり味のタレをかけたらできあがりです。調理後すぐに食べられますが、ひと晩寝かせておくと味がしっかり染み込みます。おもてなしや記念日にもおすすめです。

詳しいレシピはこちら

7. 辛口白ワインのおつまみにいかが?「あじの南蛮漬け」

紺の皿に盛られたあじの南蛮漬け

白ワインのおつまみにぴったり。甘酸っぱいあじの南蛮漬けです。カラッと揚がったあじに南蛮酢をジュワッとかける音がたまりません♪ 冷蔵庫でしっかり漬け込み、味をなじませましょう。酢は熱を加えると酸味がとぶので、強い酸味が苦手な方は少し長めに火にかけておくとよいですよ。

詳しいレシピはこちら

8. 深みのある味と食感を堪能。刺身で作る「鯛の昆布締め」

黒い皿に盛られた、鯛の昆布締め

鯛の刺身にひと手間かけた昆布締めです。作り方は簡単。そぎ切りにした鯛を昆布で包み、冷蔵庫で漬け込むだけ。そのまま食べても、だししょう油やポン酢をかけてもおいしく味わえます。食感を落とさないよう、漬け込みすぎに注意しましょう。おすすめはもちろん白ワインです。

詳しいレシピはこちら

9. 定番入り決定!「あさりとキャベツのバターしょう油」

白い皿に盛られたあさりと春キャベツのバターしょうゆ蒸し

あさりとキャベツで作るボリューミーなおつまみです。材料は5つのみ。あさりの砂出しが終わったら、フライパンひとつで簡単に作れます。味付けはバターしょう油なので、コクがしっかりありますよ。玉ねぎをプラスするのもおすすめです。おつまみの定番メニューに加えてみてはいかがでしょう。

詳しいレシピはこちら

10. パリパリ食感がおいしい「しらすとねぎのチーズせんべい」

黒いプレートに盛られた、しらすとねぎのパリパリチーズせんべいとサラダ

しらすと海苔をたっぷりトッピングした、チーズせんべいです。生地にするのはとろけるチーズ。フライパンにクッキングシートを敷くため、きれいにおいしく仕上がります。弱~中火でパリパリ・カリカリに焼き上げましょう。しらすとねぎの量は、お好みで調整できますよ。

詳しいレシピはこちら

肉を使うさっぱりおつまみ5選

11. 覚えておくと便利「鶏ささみと豆苗の塩レモンサラダ」

白い器に盛られた、鶏ささみと豆苗のやみつき塩レモンサラダ

塩レモンがさわやかな、鶏ささみと豆苗のサラダです。事前にささみのオイル漬けを作っておけば、あとは混ぜるだけ。豆苗をたっぷり100g使うのでボリューム満点です。コストパフォーマンスも抜群。なにかおつまみを、というときにさっと作れるので、覚えておくと便利ですよ。

詳しいレシピはこちら

12. パーティにいかが?「生ハム・大根・トマトのカルパッチョ」

青緑の皿に盛られた、生ハム大根のカルパッチョ風サラダ

見た目が華やかで印象的な、生ハムを使ったカルパッチョです。具材を切って皿に盛り、ハチミツレモン味のドレッシングをかけたら完成。仕上げに緑のかいわれ大根を散らすと、おしゃれに仕上がります。スライスした大根は、塩もみするとシャキシャキになりおいしいですよ。

詳しいレシピはこちら

13. 常備しておくととっても便利「ピリ辛味のサラダチキン」

黒い長方形皿に盛られた、ピリ辛みそ漬けサラダチキン

赤ワインといっしょに味わいたい、ピリ辛ダレに漬けたサラダチキンです。下味を付けた鶏肉は、豆板醤を使ったピリ辛ダレといっしょにジッパー付き保存袋入れ、そのまま湯せんできるのでとっても簡単。 手を汚す心配もありません。普段はもちろん、おもてなしにもぴったりのおつまみです。

詳しいレシピはこちら

14. ボリューミー「トマトポン酢で味わう冷しゃぶサラダ」

青緑の皿に盛られた、トマトポン酢の冷しゃぶサラダ

何人かでワインを楽しみたいときにおすすめ♪ トマトポン酢で味わうひと品です。ポイントは豚肉をゆでる温度。60~70℃でゆでると、やわらか食感を楽しめます。また、ゆでた豚肉を急速に冷やすとかたくなってしまうので気をつけましょう。トマトがない場合はトマトジュースで代用できます。

詳しいレシピはこちら

15. レンジで簡単!ねぎポンダレで味わう「白菜の豚バラ巻き」

白い角皿に盛られた、千切り白菜の豚バラ巻き

白菜をたっぷり食べられる、豚バラ巻きのレシピです。千切りにした白菜を豚肉で巻いたらレンジで加熱するだけ。15分程度で作ったとは思えないほど、ボリュームがありますよ。少し甘めのゴマダレもよく合います。肉料理ですが、さっぱりしているのでロゼワインがよいでしょう。

詳しいレシピはこちら

覚えておくと大活躍♪ ワインに合うさっぱりおつまみ

調理時間が短く、手間がかからない簡単レシピが多いさっぱりおつまみ。野菜、魚介、肉のレシピをいくつか覚えておくと、おつまみに何か欲しいと思ったとき、ワインに合わせてささっと作ることができますよ。冷蔵保存できるものや漬け込む料理は、おもてなしやパーティにぴったり。シーンに合わせて選んでくださいね。

レシピ・画像提供/macaroni

この記事をSNSでシェアする