2019年07月03日(水)

梅雨をしっとり楽しむ!すだちおすすめカリフォルニア・ピノ・ノワール

こんにちは!吉田すだちです。

梅雨なのに晴れの日が多いな〜!なんて思っていたら、連日の雨模様…。外出が億劫になってしまいます。洗濯物も乾きにくいし、窓もあけられない。恵みの雨とわかっていても、部屋もワイシャツもわたしも猫も、みんなジトジトする少し厄介な季節…。

しかし、こんな季節だからこそ、雨音をBGMに陽気なワインで乾杯したくなるもの!今日は、梅雨の湿気すら愛しく感じてしまうくらい心を豊かにしてくれる、とっておきのカリフォルニア・ピノ・ノワール(赤ワイン)をご紹介します。

ワイン界の気まぐれ箱入り娘

雨が苦手なすだちですが、我らが愛するワインの原料であるブドウも、同じく雨がちょっと苦手なようです。もちろん、ブドウだって生きていますから、適度な水分は必要。でも、ずぶ濡れになるような雨にみまわれると、病害のリスクが高まってしまうんですって。

中でも雨にめっぽう弱い子といえば、ピノ・ノワール。世界中のワイン愛好家を魅了してやまない「ロマネ・コンティ」の原料となるブドウですが、非常に繊細で育てるのがとっても難しいことでも知られています。ピノ・ノワールの果皮はとても薄く、収穫期に雨がふるだけで皮が破れてダメになってしまうそう。有名なワイン醸造家が「神がカベルネ・ソーヴィニヨンをつくり、悪魔がピノ・ノワールをつくった」と表現しているほど、ピノ・ノワールは気難しい娘なのです。

だいじに育てられる箱入り娘のピノ・ノワール。造られる赤ワインをグラスに注ぐと、透明感のあるガーネット色がとても美しい。イチゴやチェリーなどの赤い果実のニュアンスに、とっても華やかな花々の香り。タンニン(渋み)は少なめで、心地よい酸味と上品な果実味が織りなす味わいはたいへんエレガント!ファンの心をつかんではなしません。

カリフォルニアの大地が育むアメリカン・ピノ・ノワール

そんなピノ・ノワール、長いあいだ、フランス・ブルゴーニュ地方でしか栽培できないと言われていました。さすが気まぐれ病弱お嬢様、ブルゴーニュ以外の土地にはなかなか親しんでくれなかったのです。が!近年ピノ・ノワール栽培に成功し急成長をとげた場所があります。…もうおわかりですね、そう、それがカリフォルニア!

カリフォルニアのピノ・ノワールは、本家ブルゴーニュに勝るとも劣らない、華やかなフローラル香に豊かな果実味が特徴的。一方、酸味はひかえめで口当たりまろやか。とても素晴らしい品質の赤ワインを世におくりだしており、日本では「カリピノ」の愛称で親しまれています。とてもキュートな響きで、ついつい口ずさみたくなっちゃう。

すだち的おすすめカリピノ「indigo eyes」

さて!キュートでおいしいカリピノの中でも、すだちの今のイチオシ赤ワインは「indigo eyes(インディゴ・アイズ)」です。

indigo eyesは2006年に、三人のイタリア系移民の醸造家が意気投合してナパ・ヴァレーに設立したまだ若いワイナリー。カベルネ・ソーヴィニヨンの赤ワインやシャルドネの白ワインも造っていますが、やっぱり味わうべきはピノ・ノワール!

カリピノらしい華やかなフローラル香、控えめな酸、滑らかなタンニン。それに加え、特にすだちの心を撃ち抜いたのは…うっとりするようなヴァニラの香り!これがフローラル香とまざりあって、本当に素晴らしいのです。そして、のみこんだ後の余韻の長いこと!スモーキーな残り香が鼻腔をくすぐり続けます。

そんなにおいしいのならさぞお値段はるんでしょう?とお思いのあなた!現在この素晴らしいワインは2,000円〜3,000円ほどの価格で手に入れることができるんですよ!(記事執筆時/すだち調べ)

おいしくてリーズナブルだなんて、最高かよ…。なんだかまわしものみたいになっていますが、それほどオススメしたい1本です。indigo eyesは日本ではまだ知られておらず、ショップでもあまり見かけません。だからこそ、見つけたら絶対買いです。ナパ・ヴァレーは基本的に高級ワインの産地ですし、今後評価があがるとどんどん手に入れにくくなってしまうと思うので…。すだちも2本ストックしています。

主役級ワインなので、ワインだけでゆっくり味わうがオススメです。でもあえて食事にあわせるとしたら、同じく香りゆたかなハモンセラーノの生ハムなんていかがでしょう。ハモンセラーノの濃厚な味わいをワインがそっと包み込み、絶妙なハーモニーを奏でてくれますよ。

最後に…

カリピノはとても親しみやすいものの、美味しいと言われる有名ワインはそれなりにお値段するんですよね。だから、リーズナブルな美味しいカリピノに出会ったら超ラッキー!梅雨のしっとりした夜長を彩るおともにいかがでしょうか。出不精なすだちも、カリピノBYOだったら、ウキウキで出かけちゃう。皆さんも、ぜひ!

 


吉田すだち ワインを愛するイラストレーター

都内在住の、ワインを愛するイラストレーター。ワインが主役のイラストをSNSで発信中!趣味は都内の美味しいワイン&料理の探索(オススメワイン、レストラン情報募集中)。2匹の愛する猫たちに囲まれながら、猫アレルギーが発覚!?鼻づまりと格闘しつつ、美味しいワインに舌鼓を打つ毎日をおくっている。
【instagram】https://www.instagram.com/yoshidasudachi/

この記事をSNSでシェアする

最近の記事

イベント

2020年5月29日

【6月開催】Winomyオンラインワインイベント情報「国内・海外ワイナリーツアー」「トークセッション」など

コラム

2020年5月27日

“薔薇の日”に飲みたい南フランス・ラングドックのおしゃれな赤ワイン“CHATEAU COUPE-ROSES(クープローズ)”

コラム

2020年5月26日

余ったワインは捨てないで!飲みきれなかったワインの活用方法と日持ち、開栓後の酸化メカニズム(ワインの豆知識)

コラム

2020年5月20日

ワイン初心者必読!ワインの適量と飲み方のコツ、二日酔い防止策、アルコール分解メカニズムetc. 「アルコールとの上手な付き合い方」

イベント

2020年5月19日

Zoomを使ったオンラインのワインイベント始動!初回テーマは今話題の「オレンジワイン」

カテゴリー