2019年07月17日(水)

あなどるなかれ!日本ワインのススメ

こんにちは!吉田すだちです。

今回はワインをテーマにした日本映画「ウスケボーイズ」と、それに関連する、ある日本ワインをご紹介します。

あなどるなかれ!日本ワインのススメ

皆さんはどこの国のワインが好きですか?

わたしがワインにハマったキッカケは、フランス・サンテミリオンのメルロー。その後、すっかりボルドーワインのファンになりました。最近は、イタリアワインの美味しさに目覚めてよく飲んでいます。また、前々回のコラムにも書いたアメリカワインもはずせないし、ブルガリアワインにもイチオシの子がいます。

…と、色々な国のワインを楽しんでいると思うのですが、明らかに登場回数すくなめの国があります。それは、日本なんです…!

日本を代表するブドウ品種といえば甲州。そこから連想するのは白ワインで、フランスやイタリアなどのワインに比べると、すこしバラエティに欠ける印象がある。そんなふうに考え、積極的に試すこともないまま過ごしてしまっていました。

そんなわたしの無知からくる偏見を一刀両断してくれたのが、冒頭にも書いた「ウスケボーイズ」です。

日本ワインの挑戦と変革を描いた「ウスケボーイズ」

昨年(2018年)公開されたこの映画、実話を元にしたお話です。「現代日本ワインの父」こと麻井宇介さんと、その意思を受け継ぐ若手日本人醸造家たちの、挑戦の軌跡をつづっています。…だから「ウスケボーイズ」というタイトルなんですね!語感も字面もかわいくないですか?好きです(笑)。

では、麻井宇介さんとはどういう人物だったのか。もともとメルシャン(当時の社名は三楽酒造株式会社)の社員でワイナリーに勤務し、ワインの醸造責任者をつとめた方です。外来品種のブドウを日本で栽培することは難しいと言われていた当時、宇介さんは常識やぶりのメルロー栽培を提案。実際に栽培したメルローから、世界に引けをとらない素晴らしいワインを造りだした方なのだとか。

わたしはこの映画を観て、日本でもメルローなどの外来品種の栽培が可能であり、レベルの高いワインを造ることができるということを、初めて知りました。非常にお恥ずかしい限りです…。そして映画をきっかけに、日本ワインへの興味がふつふつとわき上がってきたのです。

宇介哲学の集大成「桔梗ヶ原メルロー」を味わう!

さて、実話をもとにした映画ということはつまり…映画に登場するワインも実在するということ!ワイン愛好家たるもの、おとなしく観ているだけでは終わりません。今回、物語の発端となったシャトー・メルシャンの桔梗ヶ原メルロー2014を、実際に飲んでみました!そのお味は…。

桔梗ヶ原メルロー

外観はとても濃いガーネット色。グラスの向こうがほとんど見えないくらいの、深い深い色あい。グラスを軽くまわして鼻に近づけると、非常に華やかな香りにハッとします。熟したプルーンのようなニュアンスに、スモーキーな樽香、そしてほんのりスパイスの香りも感じられる。これは期待できる。

口にふくむと、最初のアタックは割と軽め。舌の上でころがすと、まろやかで丸みのあるタンニンがとても心地いい。酸も強すぎず、アルコールとのバランスも絶妙。飲みこんだあと鼻にぬけるスパイシーな香りにうっとり。後味にはほんのり甘みが残りつつも、スッキリとした飲み心地。うんうん…つまり、とても美味しい!

たいへん香り豊かで、わたしの大好きなサンテミリオンのメルローにも決して負けない、良質なワインです。メルローファンの皆さまには、一度は飲んでいただきたい。日本ワインの印象、変わります…!

あわせる料理は、酢豚や餃子なんかいかがでしょうか。豚肉の甘みがワインの甘みと共鳴してベストマッチ!すだち的には黒酢の酢豚とのマリアージュが大成功でした。

ただ、こちら1万円以上する高級ワイン。普段飲みというよりも、ちょっと特別な日を飾るのにピッタリかもしれません。例えば、メルロー愛好家のバースデーをBYOでお祝いするときにチョイスする、とかね。

最後に…

「ウスケボーイズ」をまだ観ていない方は、ぜひご覧くださいませ!(この7月からDVDやAmazonプライム・ビデオのレンタルも開始されていますよ。)そして、ストーリーに感動の涙をながしつつ、日本ワインで乾杯しましょう。そのグラスの中には、日本ワインを牽引してきた素晴らしい日本人醸造家たちの情熱がつまっているはず。すだちも桔梗ヶ原メルローにとどまらず、さらなる日本ワイン探求の旅にでようかと思っています。

 


吉田すだち ワインを愛するイラストレーター

都内在住の、ワインを愛するイラストレーター。ワインが主役のイラストをSNSで発信中!趣味は都内の美味しいワイン&料理の探索(オススメワイン、レストラン情報募集中)。2匹の愛する猫たちに囲まれながら、猫アレルギーが発覚!?鼻づまりと格闘しつつ、美味しいワインに舌鼓を打つ毎日をおくっている。
【instagram】https://www.instagram.com/yoshidasudachi/

この記事をSNSでシェアする

最近の記事

イベント

2020年5月29日

【6月開催】Winomyオンラインワインイベント情報「国内・海外ワイナリーツアー」「トークセッション」など

コラム

2020年5月27日

“薔薇の日”に飲みたい南フランス・ラングドックのおしゃれな赤ワイン“CHATEAU COUPE-ROSES(クープローズ)”

コラム

2020年5月26日

余ったワインは捨てないで!飲みきれなかったワインの活用方法と日持ち、開栓後の酸化メカニズム(ワインの豆知識)

コラム

2020年5月20日

ワイン初心者必読!ワインの適量と飲み方のコツ、二日酔い防止策、アルコール分解メカニズムetc. 「アルコールとの上手な付き合い方」

イベント

2020年5月19日

Zoomを使ったオンラインのワインイベント始動!初回テーマは今話題の「オレンジワイン」

カテゴリー