2019年11月20日(水)

いよいよ解禁!2019年のボージョレ・ヌーボーを楽しもう

いよいよ解禁!2019年のボージョレ・ヌーボーを楽しもう

こんにちは!吉田すだちです。

いよいよ明日は〜…2019年の「ボージョレ・ヌーボー」解禁日、ですね!

コンビニやスーパーで一斉にボージョレ・ヌーボーを売りだしたり、飲食店のオススメにならんだり。仲間うちでボージョレ・パーティーを開く人もたくさん。SNSでも「#ボジョパ」というハッシュタグが盛りあがることでしょう。ボージョレ・ヌーボー解禁は、ちょっとしたお祭りです。

しかし、ごくたまに「ボージョレ・ヌーボーなんて美味しくないよ」とか「どうせ企業のマーケティングワインでしょ」みたいな声を耳にします。または「なんでこんなに盛りあがるのかわかんない」という声も。その意見もまちがいではないと思ってる。コマーシャル要素、たしかにありますもんね。

でも「ボージョレ・ヌーボーとは何か」を知ると、ムーブメントにのっかって楽しんだ方が絶対いい!って思うんです。ふだんワインを飲まない人でも気軽に口にできるチャンスだし。「今年」という、一生に一度の時間を感じる尊い機会でもあるわけだし…。

そもそもボージョレ・ヌーボーとは?

ひと言でいうと、フランスの「ボージョレ」地区でその年に収穫されたブドウを使った新酒のワインのこと。

2019年なら、2019年に収穫したブドウで造られるワイン、ですね。フランス語で書くと「Beaujolais nouveau」。Beaujolaisはボージョレ(地名)、nouveauは「新しい」という意味。

こちら、毎年11月の第3木曜日に解禁されます。つまり、飲みはじめていいですよ〜という日がきまっているんですね。今年でいうと、明日11月21日というわけ。はい、この説明にボージョレ・ヌーボーのすごいところが2つ含まれています。

ひとつめ:ブドウの収穫から解禁まで、2ヶ月しかたっていない!

ボージョレ地区では9月にブドウを収穫します。だいたい、9月半ばくらいから。そこからワインになって日本人のわれわれのノドをうるおすまで2ヶ月しかたっていないだなんて…。

収穫してから発酵させて瓶詰めして、はるばる海をわたって日本人を楽しませるのに2ヶ月。たくさんの人たちの想いがギュッとつまった2ヶ月。それを思うだけで、味わいにグッと深みがでてきます。

ふたつめ:世界中の人が一斉に飲みはじめる!

11月第3木曜日解禁というルールを、全世界が守っている。これって、すごいことじゃないですか…!遠くはなれた国の人たちと、心をひとつにして解禁を待つ。っく〜!グッとくるじゃないですか。

ちなみに、厳密にいうと国によって解禁時間はちょっとずつズレます。なぜかと言うと、地球は丸いから!日付変更線をこえた国から順に解禁されていく、ということです。

世界一はやくボージョレ・ヌーボーが解禁されるのは、キリバス共和国という国のライン諸島という場所なんだとか。日本よりも5時間早く飲めるそうです。時間とお金に余裕のある方は、ぜひ一度チャレンジを…。そしてSNSでシェアしてください、全力でイイネしにいきます!

世界一ボージョレ・ヌーボーを楽しむ日本人

さて、日本は世界の中でも、特にボージョレ・ヌーボーお祭りムードが色濃い…なんて言われています。

以前、フランスのボルドーに旅行したとき、現地ワイナリーの方に「ボージョレ・ヌーボーは飲むんですか?」と聞いたことがあるんです。その返事は「飲まないわね、ワインは寝かせてナンボよ」というもの。ボルドーは長期熟成されたこゆ〜い高級赤ワインのメッカですから、「今年のブドウを今年のうちに」というコンセプトがあわないようでした。

世界ではこの感覚が主流なのか、日本のお祭り感は珍しいようです。「ボージョレ・ヌーボーは美味しくない」という意見も「ワインは寝かせてナンボ」な考えに根ざしているのかも。フルボディの赤ワインとは違い、ボージョレ・ヌーボーはフレッシュで軽い口当たりですからね。

でも、日本人の多くはボージョレ・ヌーボーを楽しみきることができる。これは素晴らしいことだと思います。

個人的な考えですが、四季折々の味覚を楽しむ習慣をもつ日本人には「今年のブドウを今年のうちに」が受け入れられやすいのではないでしょうか。「初もの」の尊さを知っているわれわれだからこその、ボージョレ・ヌーボー愛。

わが家の2019年ボージョレ・ヌーボーはこれ

もちろん、コンビニやスーパーで目にとまったものを買うのもよし!行きつけの飲み屋さんでオススメされたものを飲むのもよし!一期一会の出会いを楽しむスタイルで全然OKです。

ただ、せっかくなら自分的2019年ボージョレを選びたい…ということで!あれこれ調べ、わが家の1本をピックアップしました。それがこちら〜!

ル・シャ・ルージュ 2019年

ボジョレー・ヌーボー イメージ

※届くのが解禁日当日なので、イメージ画で失礼します。

ポイントは、ワインラベルの赤い猫!猫好きにはたまらないデザインです。ちなみにル・シャ・ルージュっていうのはフランス語で「赤い猫」という意味。

ボージョレ地区には「赤い猫」の民話があるんですって。夜、家々の屋根をつたって歩きまわる赤い猫がいて、鳴き声はきこえるけれど姿は見えない。でも、その年のヌーボー(新酒)を飲んだ人だけは猫を目にすることができ、幸せになれるというお話。

商売上手なワイナリーさんが思いついたのかしら…なんて邪推はダメ(笑)わたしはル・シャ・ルージュを飲んで赤い猫を探すんです。幸せになるんです。そんなメルヘンなことを想像しながら飲むのも、また一興ではないですか。

こういう選び方でいいんです。むしろ、こういう選び方がいいんです。ワインは頭で味わい、鼻で味わい、舌で味わう、一石三鳥なお酒だから。ジャケ買い、どんと来い!

最後に…

ボジョレーなのか、ボージョレなのか。ヌーボーなのかヌーヴォーなのか。この時期になるとふと考えるこの疑問。

Googleg翻訳で「ボジョレー」を日本語からフランス語に翻訳し、発音を確認すると「ボ・ジョ・レッ」って感じ。「ボ」にアクセントがついているから、「ボー・ジョ・レッ」という感じに聞こえなくもない。ボジョレーかボージョレかで言ったら、「ボージョレ」に軍配…かな。そしてVの発音を正確に表しているのは「ヌーヴォー」。だから「ボージョレ・ヌーヴォー」が適切なのかしら。

個人的には「ボジョレー・ヌーボー」っていう書き方、リズミカルで嫌いじゃない。声にだしたくなるのは「ボジョレー・ヌーボー」だよなぁって思う。

…こういうくだらない話をしながらボージョレ・ヌーボーを味わうのも、また楽しかったりするんですよね。


吉田すだち ワインを愛するイラストレーター

都内在住の、ワインを愛するイラストレーター。日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート。ワインが主役のイラストをSNSで発信中!趣味は都内の美味しいワイン&料理の探索(オススメワイン、レストラン情報募集中)。2匹の愛する猫たちに囲まれながら、猫アレルギーが発覚!?鼻づまりと格闘しつつ、美味しいワインに舌鼓を打つ毎日をおくっている。
【HP】https://yoshidasudachi.com/
【instagram】https://www.instagram.com/yoshidasudachi/

すだちのBYO体験記 過去の記事もチェック♪

この記事をSNSでシェアする

最近の記事

イベント

2020年5月29日

【6月開催】Winomyオンラインワインイベント情報「国内・海外ワイナリーツアー」「トークセッション」など

コラム

2020年5月27日

“薔薇の日”に飲みたい南フランス・ラングドックのおしゃれな赤ワイン“CHATEAU COUPE-ROSES(クープローズ)”

コラム

2020年5月26日

余ったワインは捨てないで!飲みきれなかったワインの活用方法と日持ち、開栓後の酸化メカニズム(ワインの豆知識)

コラム

2020年5月20日

ワイン初心者必読!ワインの適量と飲み方のコツ、二日酔い防止策、アルコール分解メカニズムetc. 「アルコールとの上手な付き合い方」

イベント

2020年5月19日

Zoomを使ったオンラインのワインイベント始動!初回テーマは今話題の「オレンジワイン」

カテゴリー