2020年02月12日(水)

一流サッカー選手が手がける、サクラアワード受賞ワインを飲んでみた!

こんにちは!吉田すだちです。

今週の金曜日はなんの日?そう、バレンタイン!

で・す・が、ワイン界でも楽しみなイベントがあります。「“SAKURA”Japan Women’s Wine Awards」、通称「サクラアワード」2020の結果が発表される日です。

サクラアワードとは

日本の女性ワインプロフェッショナルたちが、ブラインドテイスティングでワインを審査するコンペティションです。

毎年、結果発表は2月14日。100点満点方式で採点し、点数の高いものから順に、「ダブルゴールド」、「ゴールド」、「シルバー」という称号が授与されます。さらに、ダブルゴールドのなかで特にすばらしいワインには「ダイヤモンドトロフィー」があたえられます。

前回は、世界34カ国から4,326ものワインがエントリーされ、278アイテムがダブルゴールドに、そのうち48アイテムがダイヤモンドトロフィーに輝きました。

大和撫子が選ぶとっておきのワインたち、日本人の口にあわないわけがない!わたし、前回ダイヤモンドトロフィー受賞のアルゼンチンワイン(のヴィンテージ違い)を飲んだことがあるのですが、おいしくて大人買いしたほど。オススメです。

しかーし、今回ふかぼりたいのは、それとは別のワイン。サクラアワード2019、ダブルゴールド受賞リストの中に、あの超有名サッカー選手が手がけるワインがあるのです。それは…

世界的サッカープレーヤー、アンドレス・イニエスタのワイン!

Jリーグ・ヴィッセル神戸所属のイニエスタ選手が、故郷スペインでワイナリーを所有していることは有名ですよね。彼のInstagramでも、ちょくちょくワインが紹介されています。

ワイナリーの名前は「ボデガ・イニエスタ」。イニエスタ一家は、おじいさまの代からブドウ栽培に携わっていて、いつか家族の手でワイン醸造をおこない世にだすことが夢だったのだそうです。それを、イニエスタ選手がかなえてあげたんですね。

男前〜!

有名人が経営するワイナリーのワインは、懐疑的な目線でみられやすいと思います。「どうせお金持ちの道楽でしょ」みたいな…。しかし、ボデガ・イニエスタ設立にいたるまでの家族の想いにふれると、見え方がガラリとかわってきます。

そんなイニエスタ一家が造るラインナップのうち、サクラアワード2019のダブルゴールドを獲得したのはこちらのワイン。

コラソン・ロコ・セレクション 2014

ワイン名の「コラソン・ロコ(CORAZON LOCO)」とは、「クレイジー・ハート」という意味…つまり、狂おしいほどに情熱的!ということですね。

さらに、ワイン名の下にも「La pasion va por dentro(情熱を内に秘めて)」というメッセージが書いてあったり、5つのハートを互い違いに重ねたデザインのマークがあしらわれていたり…。ラベルにも、とことん情熱的なデザインがほどこされています。

同じくワイン造りにたずさわる元サッカー日本代表監督のトルシエ氏いわく、「サッカーもワインも、情熱がだいじ!」とのこと。コラソン・ロコは、イニエスタ氏のワインにかける情熱がつまったワイン、といえそうです。

気になるお味は…

コラソン・ロコシリーズ中でも、コラソン・ロコ・セレクションは上級クラスのワイン(小売価格2,600円前後)です。スペイン原産のテンプラニーリョを中心に、シラーやプティ・ヴェルド、カベルネ・ソーヴィニヨンがブレンドされています。

口コミをみてもまずまずの評価。これは期待がふくらみます。実は久しぶりにいただく重ための赤ワインだったので、かなりわくわくしながらグラスに注ぎました。

さて、イニエスタ氏の情熱のお味は…

「うーん…なんだか…味気ないかんじ…」

わたしの期待値がたかまりすぎていたのか、なんだかフラットで厚みがない印象…。うそだろ、と心の中で何度もつぶやいたわたくし。イニエスタのパッションが、イニエスタの情熱が、こんなにフラットだなんて、うそだろーーー!?

秘密兵器、デキャンタ登場!

しかし、ここでピンときたんです。これは…もしや…要デキャンタージュなのではないかと!

知識としては持っていたものの、実は今まで「味わいを引き出すためのデキャンタージュ」をしたことがありませんでした。でもきっと、ここはデキャンタの登場シーンに違いない…。

ドキドキしながらデキャンタにワインをうつし、しばし待ち、慎重にグラスにそそぎ、軽くスワリングして口に運びます。果たして…。

お、おいしい…

これよ、これこれ!イニエスタの情熱は、こうでなくっちゃ!ちゃんと果実味豊かだし、ちゃんと香りもかぐわしいし、ちゃんとおいしいワインでした。もっと飲みたくなる赤ワイン、って感じです。

ワインについてある程度勉強した気になっていたけれど、ここにきて初めてデキャンタージュの効果を体感し、感動。”ワインがひらく“って、こういうことなのね!

こちらのワインをBYOするときは、お店の方にデキャンタージュをお願いするとよさそうです。本当にぜんっぜん味がかわるものだから、びっくり。

記念にデキャンタとのツーショットも…(笑)

※これはカベルネ用のデキャンタです。

最後に…

今年もサクラアワード結果発表まで、あと2日!どんなワインがランクインするのか、今から楽しみでしかたありません。

ちなみに、ボデガ・イニエスタのワインは2018年にも「ゴールド」を受賞していました(4銘柄が受賞)。ゴールド、ダブルゴールド…と続いたので、今年はもしやダイヤモンド…!?

なんて無駄なプレッシャーをかけつつ、今回はこの辺で。


吉田すだち ワインを愛するイラストレーター

都内在住の、ワインを愛するイラストレーター。日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート。ワインが主役のイラストをSNSで発信中!趣味は都内の美味しいワイン&料理の探索(オススメワイン、レストラン情報募集中)。2匹の愛する猫たちに囲まれながら、猫アレルギーが発覚!?鼻づまりと格闘しつつ、美味しいワインに舌鼓を打つ毎日をおくっている。
【HP】https://yoshidasudachi.com/
【instagram】https://www.instagram.com/yoshidasudachi/

関連記事をチェック♪

この記事をSNSでシェアする

最近の記事

コラム

2020年6月3日

独学でトライ!J.S.A.ワインエキスパート試験:一次試験対策のヒント ~2020年度に向けて~

イベント

2020年5月29日

【6月開催】Winomyオンラインワインイベント情報「国内・海外ワイナリーツアー」「トークセッション」など

コラム

2020年5月27日

“薔薇の日”に飲みたい南フランス・ラングドックのおしゃれな赤ワイン“CHATEAU COUPE-ROSES(クープローズ)”

コラム

2020年5月26日

余ったワインは捨てないで!飲みきれなかったワインの活用方法と日持ち、開栓後の酸化メカニズム(ワインの豆知識)

コラム

2020年5月20日

ワイン初心者必読!ワインの適量と飲み方のコツ、二日酔い防止策、アルコール分解メカニズムetc. 「アルコールとの上手な付き合い方」

カテゴリー