2020年07月09日(木)

入門編としておすすめ!赤白別のいちおしワインと選び方

この記事では、ワイン初心者さんにおすすめのワインをご紹介します。ワインは分類が多く、赤・白といったタイプにはじまり、品種や産地などもさまざま。値段にも幅があるため、入り口のハードルが高いと感じる方も少なくありません。おいしいワインを選ぶポイントと併せて、チェックしてくださいね。

おすすめの定義

コスパがいい!

価格は1000円以下から1万円以上と幅が広いワイン。高いワインは間違いなくおいしい!といわれますが、1000~2000円でもおいしいワインはたくさんあります。どんなワインを飲んでいいのかわからないからこそ、手頃に入手できるワインで、いろいろな味を覚えましょう。スーパーで購入できるワインならば、2000円前後のワインを選ぶとよいですよ。

甘口のワイン♪

甘口ワインは、ワインの中の糖分が多いため口当たりがまろやかです。特に飲みやすいといわれているのが、フルーティでさわやかな味わいを楽しめる白ワイン。白ワインは果汁のみで造られるため、渋みがほとんどありません。タンニンを含む皮や種を発酵させて造る赤ワインの場合は、渋みの少ないライトボディー、ミディアムボディを選びましょう。

新世界のワイン!

ワインの分類には「旧世界」「新世界」というものがあります。「旧世界」は古くからワイン造りが行われているヨーロッパ諸国のことで、「新世界」はアメリカ、チリ、オーストラリア、ニュージーランドなどのこと。「新世界」のワインは原料となるぶどうの品種が豊富で、香りや味をしっかり楽しめるワインが多い、という特徴があります。また原料となるぶどうの品種が豊富で、リーズナブル。いろいろな味を楽しみたい初心者さんにぴったりです。

【赤ワイン】おすすめ商品5選

1. なめらかな口当たり!アルザス ピノ・ノワール 赤

「アルザス ピノ・ノワール  赤」のボトルとラベル

ピノ・ノワールを使用した、ライトボディーの赤ワインです。ワインは同じぶどう品種を使っていても産地によって味が異なりますが、こちらは酸味と渋みがまろやかで、繊細な味わい。舌触りもなめらかです。フレンチやイタリアンといった洋食はもちろん、焼き鳥や豆腐といった和食にもぴったり。さまざまなシーンで活躍してくれますよ。ワイン造りは17世紀からという、名門ワイン農家が手掛ける、アルザス地方唯一のワインです。 

商品情報
¥4,887(税込)/フランス/ライトボディー
おすすめのマリアージュ:フレンチ・イタリアン、イタリアン、スペイン料理、焼き鳥

ワイノミ オンラインショップで見る

2. 果実味が豊か♪ ムートン・カデ・ルージュ・クラシック

「ムートン・カデ・ルージュ・クラシック」のボトルとラベル

フランス・ボルドー産のミディアムボディーです。メルロをはじめ3種のぶどうを使用しており、果実味が豊か。口当たりがよく飽きのこない味わいは、豚肉のグリルからデザートのケーキまで、幅広い料理にマッチします。カジュアルワインですが、生産者はシャトーの格付け第1級を獲得している、シャトー・ムートン・ロスチャイルドの直系。味、香りにまとまりのある正統派ワインは、1930年発売当時のものを再現したというラベルも人気です。

 商品情報
¥1,649(税込)〜/フランス/ミディアムボディー
おすすめのマリアージュ:スペイン料理

ワイノミ オンラインショップで見る
Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

3. 複雑味が特徴!エステート・セレクション・ザ・プラトー・ピノ・ノワール

「エステート・セレクション・ザ・プラトー・ピノ・ノワール」のボトルとラベル

ニュージーランドのワイン名産地、ホークス・ベイで造られたワインです。ピノ・ノワールを使ったワインは、果実やヴァニラの豊かな香りと、複雑味のある味わいが特徴。余韻をしっかり楽しむことができますよ。肉料理はもちろん、生春巻きなど前菜との相性もぴったり。赤ワインは冷やしすぎると渋みを強く感じますが、こちらは渋みが軽やかで口当たりなめらかなので、冷やしてもおいしくいただけます。ニュージーランドのベスト赤ワインにも選ばれた1本です。 

商品情報
¥3,300(税込)/ニュージーランド/ミディアムボディー
おすすめのマリアージュ:フレンチ・イタリアン

ワイノミ オンラインショップで見る

4. 飽きのこない味わい♪ ヴァルポリチェッラ

「ヴァルポリチェッラ」のボトルとラベル

飽きのこない味わいを楽しめるイタリアワインです。コルヴィーナ・ヴェロネーゼなど、平均年齢31年の3種のぶどうを使用。果実の豊かな香りのなかにもスパイシーさがあり、複雑味を感じられます。酸味と渋味のバランスが絶妙で、肉のグリルや魚などとも相性抜群。ステンレスタンク内で発酵・熟成されたワインは、フレッシュさもありますよ。イタリアの有名ワイン評価誌において、2016年「年間最優秀ワイナリー」を受賞した、アレグリーニの手掛けるワインです。

商品情報
¥2,640(税込)/イタリア/ミディアムボディー
おすすめのマリアージュ:フレンチ・イタリアン

ワイノミ オンラインショップで見る

5. プチ・ヴェルドー100%!オック プチ ヴェルドー 赤

「オック プチ ヴェルドー 赤」のボトルとラベル

栽培が難しいぶどう、プチ・ヴェルドー100%のワインです。煮つめた果実にスパイスやハーブの香りが絡み合う、複雑な味わいですが、酸味と渋みはまろやか。口当たりがよく、ベリーの後味をしっかり楽しめます。おすすめの料理は、フルーツソースを添えた肉料理やローストビーフなど。チーズとの相性もよいので、おいしいチーズをつまみながら味わうのもおすすめです。生産者のタリ家ではさまざまな品種のぶどうが栽培されており、多くの受賞ワインが誕生しています。

 商品情報
¥4,136(税込)〜/フランス/ミディアムボディー
おすすめのマリアージュ:フレンチ・イタリアン、スペイン料理、焼き肉

ワイノミ オンラインショップで見る
Amazonで見る
Yahoo!ショッピングを見る

【白ワイン】おすすめ商品5選

6. 名前の通り謎が多い!コナンドラム・ホワイト

「コナンドラム・ホワイト」のボトルとラベル

カルフォルニアで最も歴史があるワイナリ―のブレンドワインです。特徴は、「コナンドラム(謎)」という名前にぴったりの複雑な味わい。酸味、芳醇さ、フレッシュ感がバランスよく組み合わされた、豊かな味わいを堪能できます。濃厚ななかにもやわらかさがしっかり感じられ、口当たり抜群。フレンチやイタリアンの魚料理や、クリームを使った料理によくマッチします。ブレンド比が非公開、ということも魅力です。 

商品情報
¥3,080(税込)〜/アメリカ/ やや甘口
おすすめのマリアージュ:フレンチ・イタリアン

ワイノミ オンラインショップで見る
Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

7. 和食におすすめ♪ セラー・セレクション・ソーヴィニヨン・ブラン

「セラー・セレクション・ソーヴィニヨン・ブラン」のボトルとラベル

さっぱりした口当たりのニュージーランドワインです。ソーヴィニヨン・ブランのさやわかな香りと、ストレートな果実味がしっかり。きりっとした酸味が、さらに味を引き立てています。魚介料理によく合いますが、和食にもおすすめ。刺身や鍋料理と合わせてもおいしくいただけますよ。ランチタイムやアウトドアでも気軽に味わうことができ、コストパフォーマンスが高いと人気。生産者のシレーニは、日本で一番売れているニュージーランドワインとして知られています。 

商品情報
¥1,039(税込)〜/ニュージーランド/辛口
おすすめのマリアージュ:スペイン料理

ワイノミ オンラインショップで見る
Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

8. 天ぷらと相性抜群!フォルラーツ

「フォルラーツ」のボトルとラベル

透明感のあるドイツワインです。使われているのは、ドイツの代表品種リースリング。バランスのとれたさわやかな酸味と辛味、やさしい口当たりが特徴です。上品な味わいで和食にぴったり。特に焼き魚や天ぷらと相性がよいので、ぜひいっしょに味わってみてください。ドイツ最古の名門ワイナリーが手掛けるワインは、毎日の食卓からおもてなし、パーティまで幅広いシーンで活躍してくれますよ。

商品情報
¥2,420(税込)/ドイツ/辛口
おすすめのマリアージュ:スペイン料理

ワイノミ オンラインで見る

9. ミネラルたっぷり♪ シャブリ

「シャブリ」のボトルとラベル

フランス・ブルゴーニュ地方で造られているシャブリです。柑橘系、洋ナシなど果実の香りが豊かで上品な口当たり。石灰分を多く含む土地で栽培されることから、ミネラル感を感じることができます。さっぱりしていますが、余韻もしっかり楽しめますよ。相性のよい料理は牡蠣を使ったものや、白身魚のカルパッチョ。加熱した魚料理がおすすめです。「白ワインの王」といわれるブルゴーニュワインの味を堪能してください。 

商品情報
¥2,640(税込)/フランス/辛口
おすすめのマリアージュ:フレンチ・イタリアン

ワイノミ オンラインで見る

10. 芳醇な香り!カイケン・ウルトラ・シャルドネ

複雑な香りを楽しめるフルボディーのワインです。グラスに注いだときには、桃やバナナなどの甘い果実の香りを。濃厚な味わいを楽しんだあとには、トロピカルフルーツの華やかな香りに包まれます。力強いしっかりした味わいを楽しめますが、渋みは穏やか。クリームやバターを使ったムニエル、グラタンによく合いますよ。ワイナリーを所有するのはチリのトップメーカー、モンテス社。カイケンの名は、アンデス山脈の渡り鳥であるガンの現地名が由来です。

商品情報
¥2,750(税込)〜/アルゼンチン/フルボディ―
おすすめのマリアージュ:フレンチ・イタリアン

ワイノミ オンラインで見る
Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

おすすめのワインからお気に入りを広げてみよう

初心者さんには難しいワイン選び。好みの系統が見つかるまでは、いろいろなワインを味わってみるのがおすすめです。口当たりのよい甘口ワインから始めると、徐々に複雑な香りや味わいを楽しめるようになりますよ。コスパがよくておいしいワインもたくさんあるので、味わったら産地や特徴などをメモしておきましょう。

※商品価格は、2020年7月10日時点での情報です。

この記事をSNSでシェアする

最近の記事

コラム

2020年8月12日

やさしく解説!日本固有のブドウ品種「甲州」を知ろう(ワインの豆知識 初級)

木になっているぶどう

コラム

2020年8月12日

世界各地で愛されているピノ・グリとは?特徴とおすすめも!

ニュース

2020年8月11日

夏にぴったり華やかロゼ・シャンパーニュ「ボーモン・デ・クレイエール」グランド・ロゼが10名様に当たる!今月のプレゼント

樽が並んでいる様子

コラム

2020年8月11日

風味に大きく影響する!ワイン樽の種類と役割とは

畑が広がっている様子

コラム

2020年8月10日

知れば知るほど面白い!ワインの王様・ブルゴーニュ

カテゴリー