2020年07月25日(土)

ロゼワインは実は万能型?料理にも合わせやすいロゼの製法や魅力とは

ピンク色が目にも美しいロゼワイン。赤と白の良いとこどりとも言われる、非常にバランスのいい万能ワインです。パーティーの華やかな席で飲むイメージもありますが、いろんな料理に合わせやすく、普段使いにもおすすめ。この記事では、ロゼワインとは、日本や世界での人気ぶり、どうやって作られているのか、おすすめのロゼワインをご紹介します。

ロゼとは

グラスに注がれる淡いピンクのロゼ
iStock.com/jpm.foto

ロゼワインの「ロゼ」は、フランス語で「バラ色」のこと。その言葉のとおり綺麗なピンク色をしているロゼワインは、パーティーなど、お祝いの席で飲むことも多いのではないでしょうか。

国税庁の調査(平成19〜20年度)*によると、ワインのなかでロゼワインを好んで飲む人は全体の3%にも満たないという結果……。このように残念ながら日本ではまだ根付いていませんが、実はフランスやアメリカでは年々人気が増しています。本場のフランスでは白ワインより多く飲まれており、ロゼワインの消費量は30%にも上るというデータも。**

「赤ワインと白ワインに良いとこどり」と言われるロゼワインは、軽いのにコクがあって飲みやすく、どんな料理にも合うことからペアリングに悩む心配もいりません。見た目も華やかでリーズナブルな価格帯のものも多いので、パーティー需要・若者需要も多いと言われます。

出典
平成19~20年度 国税庁調査「ワインの好みのタイプは」 
** 世界で人気上昇中のプロヴァンス・ロゼを一気に試飲

ロゼワインの作り方

ぶどう畑になっている黒ぶどう
iStock.com/repinanatoly

赤ワインは黒ぶどうで、白ワインは白ぶどうから作られますが、ロゼワインは黒ぶどうを使って作られています。そのなかでも3つの手法から作られており、その手法によって同じピンクでも色味と風味が異なるんです。それぞれご紹介していきます。

1. 直接圧搾法

白ワインと同じ製法である、直接圧搾法。黒ぶどうを潰してすぐに茎・皮・種を取り除き、果汁のみを発酵させて、ボトリング(ボトル詰め)します。直接圧搾法は、ぶどうの果汁と皮が接している時間が短いので、できあがるのは淡いピンク色のロゼワインです。

2. セニエ法

セニエ法では、ぶどうを潰したら茎・皮・種をすぐに取り除かず、まずは一緒に浸けたまま発酵させます(液体と個体を一緒に醸す=マセラシオンといいます)。そこから果汁だけを取り除き、さらに発酵させます。他の製法に比べてぶどうの果汁と皮が長時間一緒に浸かっているので、できあがるのはタンニンが多く色が濃いロゼワイン。ちなみにセニエは、フランス語で瀉血(しゃけつ)、つまり血抜きを意味します。

3. 混醸法

セニエ法と同じように作られますが、黒ぶどうと白ぶどうを合わせて作られているのが特徴です。両方のぶどうを潰して、茎・皮・種も一緒にマセラシオンさせます。白ぶどうが入っているのでセニエ法ほどではありませんが、程々に色味がついたピンク色のロゼワインに仕上がります。

赤ワインと白ワインを混ぜて作ることはある?

実は、ヨーロッパでは赤と白を混ぜてワインを作ることが禁じられています。なので、基本的に赤ワインと白ワインを混ぜて作ることはありませんが、ひとつだけ例外があります。スパークリングワインの王者、シャンパーニュのみ、白ワインに赤ワインを少量足して作る「アッサンブラージュ法」が認められているんです。シャンパーニュの産地であるフランスのシャンパーニュ地方は寒さが厳しく、ぶどうの生産が安定しないことから、法律で認められているんだとか。

おすすめロゼワイン3選

テーブルの上のグラスにロゼワインを注ぐ
iStock.com/petrenkod

製法によっても違いがあるロゼ。いろんな種類を飲んでみたくなりますよね。そこで、ワイノミが厳選したおすすめのロゼワインを3つご紹介します。

1. マテウス ロゼ

丸く膨らんだワインボトル

歴代セレブも愛したといわれる「マテウス ロゼ」は、ポルトガルの名門であるソグラペ社が出す世界的に人気のロゼワイン。ほのかに甘く、微発泡でスッキリと爽やかな味わいです。比較的どんな料理にも合う上にとてもリーズナブルなので、パーティーに持っていってもまちがいない1本。ワイン初心者・ロゼ初心者はまず、マテウス ロゼから始めてみるのもいいかもしれません♪

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

2. プロジェクト・クワトロ・カヴァ ロゼ

ピンクのメタリックなワインボトル
¥1,760 (税込)〜/ロゼ・泡・辛口/スペイン

スパークリング好きにおすすめしたいロゼは「プロジェクト・クワトロ・カヴァ ロゼ」。2009年に登場して以来、バランスに優れた味わいとコストパフォーマンスの高さで一躍大ヒット商品となった同品は、星付きレストランがオンリストするほどの実力派ワイナリーが作っています。濃いピンクの美しい色みをしており、イチゴなどのフレッシュなベリー系の香りのなかに、ドライフルーツのアロマも感じられます。酸味と果実味のバランスが良く、前菜からメイン、デザートまで何にでも合わせることができますよ。

ワイノミ オンラインショップで見る
Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

3.コート ド プロヴァンス ロゼ

透明なボトルに白いラベルのワイン
¥3,172 (税込)〜/ロゼ・辛口/フランス

美しいサーモンピンクの色をしている「コート ド プロヴァンス ロゼ」は、酸のバランスが非常によく、いちごなどのフルーティな香りが心地よい逸品。“まるで生の果物を食べているようなフレッシュ感” が特徴で、毎年のようにコンクールで金メダル受賞する折り紙つきのロゼです。オーガニックの畑から18,000本のみ造られ、品種によって直接圧搾をしたりマセラシオンをしたりと、丁寧に発酵・醸造をされています。

ワイノミ オンラインショップで見る
Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

料理にも合わせやすいロゼを楽しんで

いろんな料理にも合わせやすく、リーズナブルなものも多いロゼワイン。難しく考えず、日常や集まりの場でラフに飲むのにぴったりですよね。ぜひいろんなロゼを試して、自分好みを見つけてみてください

※商品価格は、2020年7月22日時点での情報です。

この記事をSNSでシェアする

最近の記事

コラム

2020年8月12日

やさしく解説!日本固有のブドウ品種「甲州」を知ろう(ワインの豆知識 初級)

木になっているぶどう

コラム

2020年8月12日

世界各地で愛されているピノ・グリとは?特徴とおすすめも!

ニュース

2020年8月11日

夏にぴったり華やかロゼ・シャンパーニュ「ボーモン・デ・クレイエール」グランド・ロゼが10名様に当たる!今月のプレゼント

樽が並んでいる様子

コラム

2020年8月11日

風味に大きく影響する!ワイン樽の種類と役割とは

畑が広がっている様子

コラム

2020年8月10日

知れば知るほど面白い!ワインの王様・ブルゴーニュ

カテゴリー