2020年09月08日

お家飲みもおしゃれに♪ 赤ワインを使ったカクテル9選

この記事では、赤ワインで作るカクテルをご紹介します。お家で作れるような簡単なものから、バーで飲みたいおしゃれなものまでまとめてみました。ワインやアルコールが苦手な方でも飲みやすいものもあるので、ぜひ試してみてくださいね!

1. サングリア

サングリア
iStock.com/bhofack2

材料:赤ワイン、シナモンスティック、オレンジ、ブルーベリー、イチゴ、リンゴ、バナナなど/アルコール度数:6%~

ワインカクテルの中でも有名なサングリアは、スペインで生まれたカクテルです。名前はスペイン語の「Sangre(サングレ)」が由来であり、「血」という意味を持ちます。

フルーツを使うことで赤ワインの渋みが和らぎ、飲みやすくなるのでワインが苦手な方にもおすすめ。シナモンスティックも赤ワインの味を引き立ててくれます。使うフルーツは人によってさまざまなので、自分好みの味を作りながら探すのも楽しいですよ。

2. キティ

材料:赤ワイン、ジンジャーエール/アルコール度数:5%~

キティは特に女性におすすめの赤ワインカクテルです。名前は「子猫」に由来しており、泡のはじける様子が落ちつきのない子猫を連想させると言われています。

使うジンジャエールの辛口・甘口を変えるだけで、味わいも違ってくるので、お好みの味を見つけてくださいね!赤ワインを白ワインに変えると「オペレーター」というカクテルになります。

3. カリモーチョ

材料:赤ワイン、コーラ/アルコール度数:5%~

カリモーチョは、コーラで作ることができるお手軽カクテル。起源は諸説ありますが、スペインの植民地であったメキシコで生まれたカクテルと言われています。

スペインでは若者のお酒デビューでよく飲まれるようです。コーラの甘味と炭酸に、ワインのフルーティさがマッチ。ライムを添えることで、爽やかな風味を楽しむこともできますよ。

4. キール・カーディナル

キール・カーディナル
iStock.com/wmaster890

材料:赤ワイン、カシスリキュール/アルコール度数:15%~

キール・カーディナルという名前をきくとピンとこない方もいらっしゃると思いますが、キールなら聞いたことがあるのではないでしょうか。キールは白ワインで作るカクテルで、それを赤ワインで作るとキール・カーディナルになります。諸説ありますが、カトリック教会の高位聖職者の纏う赤い服をイメージして作られたと言われているんだとか。

カシスのフルーティな香りと、深い甘味が魅力。飲みやすい味わいですが、アルコール度数は高めなので飲みすぎには注意しましょう。

5. ロマンチックハーモニー

材料:赤ワイン、カルピス/アルコール度数:3%~

ロマンチックハーモニーは、赤ワインとカルピスが作る2層のコントラストが美しいのが魅力。名前の由来は定かでありませんが、その名のとおりロマンチックな雰囲気を味わえるカクテルです。乳酸飲料が赤ワインの渋みを和らげてくれるので、とても飲みやすくなります。カルピスの割合を多めに作るため、アルコール度数も低め。カルピスがあれば簡単にできるので、お家でも気軽に楽しめるでしょう。

6. アメリカン・レモネード

材料:赤ワイン、レモン果汁、シュガーシロップ、ミネラルウォーター、レモン、氷/アルコール度数:3%~

アメリカン・レモネードは、レモネードに赤ワインを入れて作るロングカクテル。レモネードと赤ワインで作られる2層が美しいのが魅力です。レモネードの割合を多めに作るため、アルコール度数は低め。レモンの爽やかさとシロップの甘さが楽しめるでしょう。アルコールが苦手な方はもちろん、炭酸が苦手な方にもおすすめです。

7. マイラ

材料:赤ワイン、ウォッカ、スィート・ベルモット/アルコール度数:18%~

アルコール度数が高めの大人なカクテルを楽しみたい方は、マイラがおすすめ。ドライですっきりとした味が魅力のカクテルです。ウォッカのくせのない味わいが赤ワインの風味を引き立て、スウィート・ベルモットが爽やかさを演出してくれます。口当たりは飲みやすいものの、アルコール度数は高めなので飲みすぎには要注意です。

8. スプリッツァー・ルージュ

材料:赤ワイン、ソーダ、レモン/アルコール度数:5%~

白ワインで作るスプリッツァーを、赤ワインベースにすることで、スプリッツァー・ルージュという名称になります。スプリッツァーはドイツ語の「Spritzen(シュプリッツェン)」、弾けるという意味の言葉に由来。甘さは控えめで、キリッとした炭酸の刺激が心地よいカクテルです。お家で作る場合は炭酸水の量も自分で調整できるので、赤ワインが苦手な方もより飲みやすくできますよ。

9. レッドワイン・クーラー

レッドワイン・クーラー
iStock.com/Ignácio Carósio Font

材料:赤ワイン、オレンジジュース、ホワイトキュラソー、グレナデンシロップ、クラッシュドアイス/アルコール度数:10%~

レッドワイン・クーラーは、オレンジと赤のグラデーションが美しいのが魅力。感覚としてはサングリアに近いカクテルです。甘いグレナデンシロップが、赤ワインの酸味や渋みを和らげて飲みやすい味わいにしてくれます。赤ワインの風味もしっかりと味わえるので、飲みやすいかつ深みのあるカクテルと言えるでしょう。決まったレシピはなく、自分で調整しながら好みの分量を見つけるのがおすすめです。

おしゃれな赤ワインカクテルでお家バーを楽しもう♪

いかがでしたか?赤ワインは白ワインよりも苦手な方が多いですが、カクテルに使うと色鮮やかできれいなんですよ。いただきものや少し余ってしまった赤ワインがあれば、挑戦してみてください。お家で色々作って、自分好みのものを見つけるのも楽しそうです!

この記事をSNSでシェアする