2020年09月15日(火)

温度が大事?知っておきたいワインのおいしい飲み方

ワインの飲み方で、その風味やおいしさが変わってきます。ワインは温度やワイングラスの選び方が大切。この記事では、ワインの適温やどんなグラスがおすすめかなどワインのおいしさが引き立つ飲み方を紹介します。ちょっとしたコツでおいしさが変わりますよ!

ワインのおいしい温度

ワインには、そのおいしさを引き出してくれる「適温」があります。もちろんワインの好みは人それぞれで、その時の体調や気分によっても変わるでしょう。ただ、温度によって印象や味わいが変わるため、ワインの温度はとても大切なのです。

白ワイン・ロゼワイン

一般的に白ワインは冷やして飲むとおいしいとされていて、辛口の白ワインの適温は7〜14℃、甘口の白ワインは5〜8℃と言われています。 辛口の白ワインはあまり冷やしすぎると、フレッシュさや爽やかさを感じられなくなるので注意。

逆に甘口の白ワインは低めの温度でスッキリとした甘さを楽しめます。 またロゼワインのおいしい飲み方も白ワインと同様に、少し冷やして飲むと風味や心地よい爽やかさを感じられるでしょう。

赤ワイン

赤ワインのおすすめの温度は15〜18℃とされています。赤ワインについては、冷やしすぎは渋みが強調されてワインのおいしさを感じられなくなりますので気をつけましょう。

コクのある重めの赤ワインは、少し高めの温度にすると渋みがまろやかになり甘さを感じられます。また軽めのフルーティーな赤ワインは少し冷やして飲むことでおいしく味わえるでしょう。

スパークリングワイン

スパークリングワインは5〜8℃と冷やして飲むとおいしさを感じられます。またスパークリングワインの中でも、シャンパンのように風味を楽しむものは少し高い温度がおすすめ。8〜12℃程度の方が、複雑で豊潤な味わいを堪能できます。

ワインの保存方法はこちら

ワインのおいしさはワイングラスで決まる?

ワイングラスには様々な形がありますが、ワインのおいしい飲み方としてワイングラスのチョイスも重要な要素のひとつです。ワインはワイングラスによって味わいが変わるといっても過言ではありません。ワインの香りやおいしさを引き立たせるグラスを知っておきましょう。

ワイングラスの選び方

ワインをおいしく飲むために、なぜグラス選びが重要なのでしょうか?その理由は、ワインはグラスによってその香りやおいしさを引き出すことができるからです。

まずグラスの形によってワインが口に入る量が変わってくるため、口の中で感じる香りや味わいが違ってきます。またグラスの大きさによってワインと空気の触れ方が変わり、香りの広がり方の変化を感じられるでしょう。

さらにワイングラスの大きさはワイン自体の温度変化にも関係してくるので、適切なワイングラスを選ぶことはとても大切。ワインの温度が変化しないうちに、適温で最後まで飲み切れるサイズを選びたいですね。ではそれぞれのワインに合うグラスをみていきましょう。

スパークリングワイン

スパークリングワインは「フルート型」が最適。泡立ちが美しく見え、泡が抜けにくい点が特徴です。香り高いスパークリングワインを、最適な温度のまま最後までおいしく楽しむことができます。

白ワイン・ロゼワイン

白ワインやロゼワインは冷やすことでそのおいしさを最大限に引き出せます。冷やして飲むワインは、最後まで適温で楽しむためにワイングラスのボウル部分が小ぶりのものを選ぶと良いでしょう。

また手の温度が伝わりにくいステム(脚)の長いグラスがおすすめです。

赤ワイン

赤ワインは白ワインと比べると、ボウルの部分が膨らんだ大きいものが最適。その中でも「ボルドー型」、別名「チューリップ型」とも言われる縦長の形のワイングラスは重めの赤ワインにおすすめです。

この形は口のすぼまりが緩やかなので、ワインの香りが引き立ち渋みをまろやかにしてくれます。一方で軽めのフルーティーな味わいの赤ワインには「ブルゴーニュ型」が適切。

先ほどの「ボルドー型」よりもボウル部分は膨らんでいて口がすぼまっています。この形状がワインの繊細な香りを存分に引き立たせてくれるのです。

ワイングラスの正しい持ち方

日本ではワイングラスの持ち方として、ステムを持つ方法が広く認識されています。ワインの温度が変わらないためとされていますが、実は世界的に見るとこの持ち方は間違いなのです。

ワイングラスは、ステムではなくボウルの部分を包み込むように持つ方法が世界では一般的です。これはワインをこぼしたりワイングラスを割ったりするアクシデントを防ぐためだそう。ワイングラスの正しい持ち方を知ってエレガントに楽しみたいですね。もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

ワイングラスの持ち方はこちら

ワインの魅力を引き出す飲み方で、香りやおいしさを満喫しよう!

ワインのおいしさを最大限に引き出すには、その個性や香りを感じられる最適な温度やワインの特徴に合ったワイングラスを選ぶことがポイント。ワインに関する特別な知識がなくても簡単に取り入れることができますので、おすすめの飲み方をぜひ試してみてくださいね!

この記事をSNSでシェアする

最近の記事

コラム

2020年9月29日

白ワイン“シャブリ”って知ってる?合わせるおすすめチーズ2選

ワインのぶどうを詰んでいる様子

コラム

2020年9月29日

ビオワインとオーガニックワインの違い。ソムリエが教えるおすすめ商品も

コラム

2020年9月29日

アイスワインとは?「奇跡のワイン」の味わい方とおすすめ5選

ブランドゥース バー&キッチンの内装

おでかけ

2020年9月29日

初心者もワイン通も大満足!新宿のバー&バルおすすめ8選

アルパカワイン

コラム

2020年9月29日

コスパ抜群!アルパカマークが目印のアルパカワインとは?

カテゴリー