2020年10月11日

長野県の特産ぶどうからつくられる「井筒ワイン」とは?

井筒ワインは、長野県塩尻市のワインメーカーです。長野県内に4つのワインバレーを持ち、栽培から瓶詰まで自社一貫生産。こだわりたっぷりのワインはフルーティで飲みやすく、国内外のコンクールで数々の賞を受賞しています。この記事では井筒ワインのラインアップと、おすすめのワインをご紹介します。

井筒ワインとは

コンコード種ぶどうが木製の台に置かれている様子
iStock.com/vm2002

井筒ワインは、ぶどう栽培からワインの瓶詰めまで、すべて自社で行っているワインメーカーです。創業は1933年(昭和8年)。井筒屋農園の醸造部として、長野県塩尻市・桔梗ヶ原に誕生しました。

地元特産品のコンコード種ブドウ、ナイヤガラ種ブドウを使った国産ワイン造りを確立。1956年(昭和31年)にはヨーロッパ品種の導入に着手し、数種の栽培に成功します。メルローから造られたワインは海外でいくつもの賞を受賞し、桔梗ヶ原の名を世界に広めました。

2001年にはリーズナブルな価格でおいしい国産ワイン、「イツヅワイン果報」シリーズの販売を開始。以降も国内外のコンクールで受賞するワインを、数多く造り続けています。

井筒ワインの特徴

左手でワイングラスを持っている様子
iStock.com/zsv3207

井筒ワインは赤・白・ロゼ、それぞれラインアップが豊富ですが、どのワインにも共通しているのはナチュラルで飲みやすいこと。渋味、酸味のバランスがよく、ぶどう本来の味を楽しめます。

特に、毎年初冬に販売される「無添加ワイン」は、酸化防止剤や保存料といった食品添加物を一切使用していないため、フルーティでフレッシュ。その年に採れたぶどうから造られる新酒は、期間限定・完全予約になっています。

井筒ワインの評価

井筒ワインは、国内外のコンクールで数多くの賞を受賞しています。「リュブリアナ国際ワインコンクール」では、1990(平成2)年産のメルロー、「シャトーイヅツ」が銀賞を受賞。1997(平成9)年には金賞を受賞しました。また「日本ワインコンクール」では、2006(平成18)年「NACメルロー樽熟 スーブリーム」と2007年(平成19)年「NACシャルドネ 樽熟」で、それぞれ金賞を受賞しています。

井筒ワインの種類

iStock.com/Grafner

井筒ワインのシリーズ展開は主に9種類。デイリーワインにぴったりの「スタンダート」をはじめ、年に一度しか造られない「酸化防止剤無添加新酒」や品質の高さを保証された「長野県原産地呼称管理制度認定ワイン」など、個性的なものばかりです。それぞれの特徴をご紹介します。

 1. スタンダード

スタンダードシリーズは3種類。渋味と酸味のバランスがよい赤、爽快な味わいを楽しめる白、飲み口がマイルドなロゼのラインアップです。どれもぶどう本来の旨味がありフルーティ。デイリーワインにぴったりなシリーズは、パーティにもおすすめです。

2. ベルジュ

赤・白が揃っているヴェルジェは、口当たりのよさが特徴です。マスカットベリーA種などから造られる赤は、ほどよい渋味と酸味のあるやや辛口。竜眼などから造られる白は、すっきりした酸味を楽しめます。

3. 信州

信州は、赤・白どちらも辛口。落ち着いた味わいを楽しめるワインです。メルローを原料にした赤は、辛さのなかにぶどうの風味がしっかり感じられまろやか。セミヨン種・ケルナー種が原料の白は、キレのよさが特徴です。

4. シルバー

上品な味わいを楽しめるシリーズ、シルバーです。メルロー種から造られる赤は、タンニンが豊かでコクがしっかり。ケルナー種を使った白は、色・味・香のバランスも抜群で、キリッと引き締まった酸味を楽しめます。

5. ゴールド

ゴールドは赤・白どちらも、長野県原産地呼称管理制度認定品。優れた品質と認められていることからもわかるように、奥行と厚みを堪能できるワインです。赤はメルロー種、白はシャルドネ種が使われており、樽熟成ならではの香りも楽しめます。

6. シャトーイヅツ

桔梗ヶ原で栽培された、最も上質なメルロー種のぶどうを使った最高級ワインです。ぶどうは収穫後、地下蔵のオーク樽で熟成。質感たっぷりのフルボディは、国内外から高く評価されています。井筒ワインを堪能したい方に、ぜひ飲んでほしい1本です。

7. 酸化防止剤無添加新酒

酸化防止剤不使用の無添加ワインです。ぶどう本来の旨味を感じられるよう、コンコード、ナイヤガラ、マスカットなどフルーティな品種を厳選。採れたてのぶどうを原料にしたワインは年に1度しか造られないため、完全予約になっています。

8. デザート

デザートワインは、ナイヤガラとコンコードの2種。どちらも極甘口で香り豊か、アルコール度数は16%と高めです。そのまま飲むだけでなく、氷を入れてもお湯で割ってもOK。酸化防止剤無添加ということもポイントです。

9. NAC

長野県原産地呼称管理委員会認定品(NAC)とは、県内農産物の品質の高さをアピールするため、2002年に始まった制度です。ワインの審査は、国際ソムリエ協会会長の田崎真也氏などが行い、色調、香り、味、バランスをチェック。厳しい審査を通過したのち、「長野県原産地呼称管理制度認定ワイン(N.A.C.ワイン)」と認められます。

井筒ワインのN.A.C.ワインは、シャトーイヅツやゴールドをはじめ20種以上。ぶどうの品種だけでなく、遅摘み樽塾など、栽培や製法にもこだわって造られたワインがそろっています

井筒ワインおすすめ5選

1. 井筒ワインの最高峰!井筒ワイン シャトーイヅツ

シャトーイズツのラベルとボトル
6,407円(税込)~/赤・フルボディ/日本

井筒ワインの最高級ワインです。原料は、桔梗ヶ原のぶどう園で収穫した最上質なメルロー種。濃厚なフルボディの辛口で、地下蔵のオーク樽で熟成させるため、香りもしっかり楽しめますよ。国際ワインコンクールで金賞受賞の経歴を持つワインは、長野県原産地呼称管理制度の認定品。品質の高さは保証済です。 

Yahoo!ショッピングで見る

2. 大人気の無添加ワイン!井筒ワイン 無添加 ナイヤガラ・白

井筒ワイン 無添加 ナイヤガラのボトル
1,299円(税込)~/白・甘口/日本

井筒ワインのなかでも高い人気を誇る、酸化防止剤不使用の無添加ワインです。原料は、そのまま食べてもおいしい桔梗ヶ原のナイアガラ。ぶどう本来のフルーティな香りがよいと、口コミでも評判です。毎年収穫されたぶどうのみで造られる限定品なので、ぜひ!という方は予約をお忘れなく。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

3. 甘さがたまらない♪ 井筒ワイン デザートコンコード

井筒ワイン デザートコンコードのボトル
1,668円(税込)~/赤・ミディアムフルボディ/日本

井筒ワインのなかでもファンが多い、デザートワインです。原料はコンコード100%。濃厚で極甘口、16%というアルコール度の高さが特徴です。渋味、酸味のバランスが絶妙で、香りが豊か。酸化防止剤不使用ということもポイントです。氷を入れてもOKですし、お湯を入れてホットワインにしてもおいしく味わえますよ。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

4. 肉料理と相性バツグン!井筒ワイン 無添加コンコード・赤

井筒ワイン 無添加コンコード・赤のラベルとボトル
1,233円(税込)~/赤・甘口/日本

無添加ワインの赤も人気が高い1本です。コンコードのみで造られており、やや甘口。フレッシュでたっぷりの果実味とまろやかな口当たりを楽しめます。肉料理と相性がよいので、ぜひごいっしょに♪ こちらも限定品のため、味わってみたいという方は、8月辺りからホームページを要チェックです。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

5. デイリーワインのおすすめ♪ 井筒ワイン スタンダード・白

井筒ワイン スタンダード・白のボトル
907円(税込)~/白・やや甘口/日本

やや甘口の、爽やかな白ワインです。原料は、そのまま食べてもおいしい桔梗ヶ原のナイアガラ。ぶどう本来のフルーティな香りがよいと、口コミでも評判です。リーズナブルな価格でコスパがよく、デイリーワインにぴったり。ちょっとしたパーティにもおすすめです。白身の魚と相性がよいですよ。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

長野県の風土を活かした井筒ワイン

4つのワインバレーを持つ井筒ワイン。長野県の風土を活かしたワインは、どれも高品質で飲みやすいと、多くのリピーターを獲得しています。コンクールでの受賞やN.A.C.ワインの認定を受けたワインもたくさんありますが、1年に1回しか造られない無添加ワインは特に人気が高い商品。ぜひという方は、忘れずに予約してくださいね。

※商品価格は、2020年9月24日時点での情報です。

この記事をSNSでシェアする