2020年10月12日

白ワインがなくても大丈夫!代用の調味料でおいしく作ろう

料理に白ワインを使おうと思っても、常備していないご家庭も多いのではないでしょうか。代用できる調味料を使えば、白ワインに近い役目を果たしてくれますよ。この記事では、白ワインの代わりに料理で使える調味料を詳しくご紹介します。代用の調味料を使って、料理をおいしく仕上げましょう!

白ワインの代用になる調味料はあるの?

白ワインが注がれたワイングラス
iStock.com/anneleven

白ワインには、代用できる調味料がいくつかあります。代用の調味料は、白ワインとまったく同じ効果が期待できるわけではありませんが、充分に役割を果たしてくれます。

白ワインは、料理のうまみや風味をアップさせたり魚の生臭さを消したりと、レシピからは外せない存在。もし、使いたい時に白ワインのストックがない場合は、代用のきく調味料で白ワインを使った料理にチャレンジしてくださいね!

料理に使う白ワインと飲むワインの違い

ワイングラスに白ワインを注いでいる
iStock.com/Oleg Elkov

飲むだけでなくさまざまな料理で活躍する白ワイン。料理用として販売されている白ワインと、私たちが普段飲んでいるワインとでは多少の違いがあります。料理用のワインは、料理で使用した際の効果を考えて作られているのが特徴で、料理用白ワインの場合、魚介類の生臭さを消すために糖分や酸を調整するなど、調味料としての役割を果たすための工夫がなされています。

このように、料理用のワインは飲み物としては不向きです。普段からワインを楽しむ人は、飲み残しのワインを料理に使ってもいいでしょう。その場合は、スッキリとした辛口の白ワインがおすすめ。料理にもワインの風味が生かされますので、飲んでみておいしいものや劣化していないものがいいですね。

赤ワインは白ワインの代わりになる?

グラスに注がれた赤ワインと白ワイン
iStock.com/nemanjazotovic

結論から言うと、代用に赤ワインはおすすめしません。なぜなら、赤ワインと白ワインは、同じワインでありながら原材料のぶどうの品種や製法、味に大きな違いがあるためです。白ワインの原材料は白ぶどうで、皮や種を取り除いて作る製法により、スッキリと軽やかな味わいになります。赤ワインは、黒ぶどうの皮も種もそのまま使用して作る製法により、ポリフェノールが含まれることから、渋みがあり濃厚な味わいになります。

この違いから、料理で使うことによる効果も変わるため、白ワインは「白ワイン蒸し」などの香りを生かした料理に利用され、赤ワインは「赤ワイン煮込み」「赤ワインソース」などの味わい深い料理に利用されます。赤ワインと白ワインは、料理によって使い分けた方がよさそうですね。

白ワインの代用ができる調味料

1. シャンパン・スパークリングワイン

白ワインの代用としておすすめなのは、シャンパンやスパークリングワインです。シャンパンとは、シャンパーニュ地方で作られる白ぶどうのスパークリングワインです。これらを使えば、ほぼ白ワインとは変わらない効果があります。シャンパンやスパークリングワインは炭酸が含まれていますが、味や風味、色などはほとんど変わりなく、加熱することで炭酸も消えるので問題ありません。

シャンパンは、豊潤な香りが特徴。「アサリのワイン蒸し」や「ボンゴレパスタ」などワインの風味を楽しみたい料理は、シャンパンで代用すると贅沢な味に仕上がるでしょう。

2. 日本酒

日本酒も白ワインの代用がききます。日本酒に含まれるアミノ酸の効果で、うまみやコクを出すことができますよ。日本酒のアルコールの香りが強すぎる時は、煮立ててアルコールを飛ばして使うといいでしょう。

3. 焼酎

焼酎も白ワインの代用がききますが、クセがあるため量を控えて使用しましょう。焼酎はうまみが少ないですが、アルコール度数が高いので、魚の臭みをとったり肉をやわらかくしたりするのに効果的です。

4. 料理酒+レモン汁

料理酒とレモン汁を合わせたものも、白ワインの代用としておすすめ。分量は、料理酒を1カップにレモン汁を大さじ2杯を合わせるといいでしょう。料理酒とは、日本酒に糖分や塩分を加えたもの。それに、レモン汁を足すことで白ワインに含まれる酸味をカバーすることができます。色や味わいはほぼ変わりないですが、ワイン特有の香りは物足りない可能性があります。

5. みりん

みりんとは、料理に照りやツヤを与えたり、深いコクやうまみを出したりするために使われる調味料です。こちらも、白ワインの代用として使うことができます。みりんには、白ワインよりも糖分や塩分が含まれていますので、味をみながら白ワインよりも控えめに使うといいでしょう。

6. ブランデー

ブランデーとは、果実酒から作られる蒸留酒ですが、こちらも白ワインの代用がききます。同じ蒸留酒であるウイスキーも代用が可能です。注意点としては、香りが強すぎるため、香りづけとして少量使用するようにしましょう。ブランデーはふくよかな甘い香りがすることから、料理よりもお菓子を作る時に少量使うと効果的。「りんごのコンポート」やチョコレートを使ったお菓子で代用すると贅沢な味わいになります。

代用できる!白ワインを使ったレシピ3選

1. ボンゴレビアンコ

ブルーグレーのお皿に盛られたボンゴレビアンコ

アサリを使ったボンゴレビアンコは、白ワインを使ったパスタ料理の代表。白ワインの代用に残ったシャンパンを使えば、より風味高いおいしいボンゴレができあがります。

詳しいレシピはこちら

2. シーフードパエリア

パエリアとグラスワインや皿が並んだテーブル

魚介類をたくさん使うシーフードパエリアは、料理酒とレモン汁を合わせた調味料で代用できます。魚介類の臭みを消し、うまみを引き出す効果でコクのあるパエリアに仕上がりますよ。

詳しいレシピはこちら

3. りんごのコンポート

白いお皿に盛られたりんごのコンポートとクリーム

白ワインを使うりんごのコンポートは、ブランデーを代用して作ってもいいでしょう。甘くまろやかな風味がつき、高級感のある仕上がりになります。また、日本酒で代用すると上品な味わいに。ブランデーを代用する場合は色がつくため、量を加減してくださいね。

詳しいレシピはこちら

もっとレシピを知りたい方はこちら

白ワインがなくても、代用がきく調味料でいろいろな料理に挑戦して!

白ワインを使ったレシピは、代用の調味料を使っておいしく作ることができます。白ワインがなくて諦めていたなら、紹介した調味料でぜひ挑戦してみてくださいね。思いも寄らないおいしさに出会えたり、特別な風味を味わえたりするはずですよ!

レシピ・画像提供/macaroni

この記事をSNSでシェアする