2020年11月25日(水)

ワイン好きの記録や勉強用に!おすすめのアプリ10選

ワインアプリは、記録用にラベルを撮影しコメントを残せたり、勉強用に商品情報を学べるものなど多彩です。しかし、種類も多くどのアプリを使えばいいか分からないことも。この記事では、記録用と学習用の用途別でおすすめアプリを10種類ご紹介します。

ワインアプリの選び方

ワインボトルをスマートフォンで撮影する人
iStock.com/Cunaplus_M.Faba

ワイン用のアプリは、「記録用」「学習用」の2タイプに分かれます。どちらのタイプが自分に合っているか、考えてダウンロードしてみましょう。

記録用アプリの特徴

自分が飲んだワインをリストアップして保管したい方は、「記録用アプリ」がおすすめです。ラベル画像、テイスティングコメント、評価などを登録しておけるものが多いのが特徴。また、ほかのワイン愛好家のコメントも見れる機能などもあり、飲むだけではなく味わいコメントの共有もできるところが面白いですよ。

学習用アプリの特徴

ワインを勉強中の方や、知識を増やしたい方には、「学習用アプリ」がおすすめです。ワイン系の資格の勉強や、グレート・ヴィンテージの表、生産地の地図が見れるものなどさまざまあり、ワインを飲んでいるときの話題作りにもひとやくかいます。

記録用ワインアプリ5選

1. ワインラヴァー愛用率高め「Vivino

ワインラヴァー1,000万人以上の登録者数を記録しているワインアプリ。写真の保存や評価などを記入できるだけでなく、ラベル画像を撮影し、情報を調べることもできます。ワイン登録数も多く、情報が的確にでてくるのがうれしいところ。有名ワインだけではなく、コアなワインを飲んでる方にもおすすめです。

価格:無料タイプ:記録・検索
記録方法:テイスティングコメント、5段階評価
情報交換:あり

App Storeで見る
Google Playで見る

2. グラフで自分の好みを分析「ワインコレクションLite

テイスティングコメントの記入項目が、とても細かいのが特徴的です。ワイン名、生産者、生産地など基本情報はもちろんですが、ブドウ品種や香り、飲んだお店まで登録することが可能。外で飲むことがが多い方は、お店も登録しておくと便利ですね。また、リストアップしたワインをグラフで分析してくれます。自分の好みを見極めるには、おすすめアプリですよ。

価格:無料
タイプ:記録
記録方法:テイスティングコメント、味・香りなど項目ごと記入あり
情報交換:あり

App Storeで見る

3. SNSで交流したい人は!「Vinica

Vinicaは、リアルタイムで登録ユーザーのワイン情報を知ることができるのが特徴的です。コメントを残したり、「いいね!」なども付けることができるので、ワイン好きとの交流も深まるアプリ。投稿されたワインは、Amazonや楽天市場へ飛んで購入することもできます。「記録を付けながら、今度飲みたいワインに出会える」そんなアプリです。

価格:無料
タイプ:記録
記録方法:テイスティングコメント、味・香りなど項目ごとに5段階評価
情報交換:あり

App Storeで見る
Google Playで見る

4. テイスティング日記ができる「ワインダイアリー」

シンプルかつ分かりやすいテイスティング日記が付けられるアプリです。複雑なコメントではなく、シンプルでかつ見やすい作りなので続けやすいですよ。ササっとコメントを付けて記録したい方におすすめ。また、情報を共有したくない場合もワインごとに設定可能です。

価格:無料
タイプ:記録
記録方法:テイスティングコメント、5段階評価
情報交換:あり

App Storeで見る

5. 味や香りを細かく記録できる「CellWine

0から100で自分の評価を入れられたり、味わいや香りも細かくチェック項目があるところが特徴です。5段階評価では、物足りない方におすすめ。とくに面白いのが、香りの項目がソムリエやエキスパートの二次試験対策としても使えそうなくらい、表現項目が多く細かい。ワインを飲みながら、表現を勉強しながら記録するのも勉強になりますよ。

価格:無料
タイプ:記録
記録方法:テイスティングコメント、5段階評価、総合評価(100点満点)
情報交換:あり

App Storeで見る
Google Playで見る

学習用ワインアプリ5選

6. 世界中のヴィンテージ評価がわかる「ワインヴィンテージ

ワインを買うときに気になる項目のひとつは、ヴィンテージ評価ですよね。このアプリは、世界中のワインの年号で良し悪しを確認できます。友人へのプレゼントや、家族の大切な年のワインを買うときに勉強になりますよ。産地、造られた年などで検索できるので、気になる産地を必ず見付けられるアプリ。ただし日本語対応がされていないので、英語が苦手な方は使いにくいかもしれません。

価格:¥120(税込)
タイプ:学習用・検索
情報交換:なし

App Storeで見る
Google Playで見る

7. 生産場所地図がすぐ見れる「ワインマップ」

ワインを飲みながら生産地へトリップできるアプリです。今飲んでいるもの、好きなワインがどこで造られているのかを、世界中のワイナリーや畑から検索できる画期的なもの。マッピングされているので、「AのワイナリーとBのワイナリーがこんなに近いんだ!」なんて発見もできますよ。また、世界中のレストランも紹介されているので、海外旅行のお供にもおすすめです。

価格:無料
タイプ:学習用・検索
情報交換:あり

App Storeで見る

8. クイズ形式で豆知識を学ぼう「ワインiQ」

ワインの資格や検定の受験のや復習用に使えます。クイズ形式で、隙間時間に気軽にできます。解答後の解説も分かりやすく、理解度が深まります。楽しくワインの知識を増やせるアプリなので、何度も繰り返しゲーム感覚で知識を増やせて面白いですよ。

価格:¥120(税込)
タイプ:学習
情報交換:あり

App Storeで見る
Google Playで見る

9. ワイン知識を記事で学べる「たのしいお酒.jp

ワインの基本知識やワイナリーの紹介、おつまみとのマリアージュまで、さまざまな記事から学べます。イベントカレンダーがあるので、開催予定のワインイベントもチェックできるのがワインラヴァーにはうれしい!たのしいお酒.jpは、ワイン以外のお酒(ビール、日本酒、ウイスキーなど)の情報も載っているので、お酒好きにはたまらないアプリですよ。

価格:無料
タイプ:学習

App Storeで見る
Google Playで見る

10. アウトプットにもぴったり「ワインクイズ」

クイズ形式で楽しくワイン学習ができるアプリ。ワインの基本から歴史、造り方、トリビアまで自分が学びたいことを選んで勉強できます。ワインクイズでは、自分でクイズ作れるところも特徴的。学んだことやアウトプットしたいことをクイズにしてみるのもいいですね。また、登録ユーザーとクイズの回答数・時間で競うことができ、ひとりで勉強するのが苦手な方やゲーム好きな方にはハマってしまうかも。

価格:無料
タイプ:学習用
情報交換:あり

App Storeで見る
Googl Plyaで見る

さまざまなワインアプリから、自分が使いこなせるものを選ぼう!

スマートフォンでワインの情報を調べる人
iStock.com/cyano66

現在日本でも、世代を問わず飲まれているワイン。そしてアプリで情報交換をしたり、勉強したり、ワインリストを作ったりすることが、簡単にできるような時代になりました。数々のワインアプリが存在しますが、「記録用」か「学習用」なのかを見極めて使いこなせるものをダウンロードしてみましょう。無料のものも多いので、試しにいろいろ使ってみるのもいいと思いますよ。
※アプリ情報は、2020年10月31日時点での情報です。

私が執筆しました!

YURI
ソムリエ・チーズプロフェッショナル / YURI
資格:J.S.A.ソムリエ、C.P.A.認定チーズプロフェッショナル、食生活アドバイザー3級。『もっと楽しく、もっと気軽に、もっとおいしく!』をモットーに誰でもワインとチーズを気軽に楽しめるようアドバイスを発信中!ワインの輸入会社、レストラン、料理教室運営などを経験したのち、現在はフリーランスのソムリエ・チーズプロフェッショナルとして活動中。主にワイン・チーズ教室やブログ、ライターにてワインやチーズ・マリアージュなどの楽しみ方を伝えています。
【ブログ】ソムリエールYURIのちょこっとMEMO
【twitter】https://twitter.com/YURI06927640
【instagram】https://www.instagram.com/yuri.winetocheese

この記事をSNSでシェアする

最近の記事

ニュース

2021年1月18日

お肉料理の味わい引き立つカリフォルニアワイン「ベリンジャー」20名様に当たる!今月のプレゼント

ワインのプレゼントが机に転がる

コラム

2021年1月17日

ソムリエが厳選!心に残るワインギフト18品と相手に合わせた選び方

ブドウ畑でワイングラスを掲げる様子

コラム

2021年1月17日

ワインの個性は品種だけじゃない。重要な要素「テロワール 」とは?

コラム

2021年1月17日

インテリアに馴染むワイングラスホルダー12選!選び方と注意点も。

MORETHAN GRILL料理画像

おでかけ

2021年1月17日

ランチもディナーも。新宿三丁目のおすすめイタリアン12選

カテゴリー