2021年02月15日

世界三大貴腐ワイン「ソーテルヌ」をソムリエが徹底解説&おすすめもご紹介

デザートワインの王様であり、世界三大貴腐ワインでもある「ソーテルヌ」を飲んだことありますか?甘口ワインの中でも、希少性もあり高級なものが多く、飲んでみたいと憧れている方も多いはず。そんなソーテルヌのワインの特徴、マリアージュ、おすすめなどをソムリエが徹底解説していきます。

ソーテルヌとは

ソーテルヌワイン
iStock.com/fewgoodclicks

ソーテルヌとは、フランス・ボルドー地方ソーテルヌ村とバルザック村で造られる、極甘口の貴腐ワインです。また、長期熟成が可能で、世界最高峰の貴腐ワインのみだけが「A.O.C.ソーテルヌ(原産地呼称保護)」を名乗ることができます。

使用できる品種も限られ、セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン、ソーヴィニヨン・グリ、ミュスカデルの4種類。貴腐ブドウ化しやすい、セミヨン主体のものが多く生産されています。

極甘口ワインの頂点

灰色の背景にブドウ、コルク、コルクネジと白ワインのワイングラス
iStock.com/TShum

貴腐ワインは、極甘口や超甘口などと味わいが分類されます。黄金色に輝く色調で、トロリとした口当たり、そしてひと口飲んだだけで体中に染み渡る濃厚な甘みがとてもおいしいワインです。

極甘口になるのはなぜ?

極甘口になる理由のひとつが、貴腐ブドウを使用することにあります。貴腐ブドウの生産は、大きく分けて3つの条件が整わないと造られません。

・温度差による霧の発生と日中の乾燥した気候
・ブドウにボトリティス・シネレア菌が付着すること
・ブドウの水分蒸発

上記の条件がどれかひとつでも欠けると、ブドウが腐敗してしまったり、ただの過熟ブドウになるだけで貴腐ブドウにはなりません。霧の発生によりボトリティス・シネレア菌が発生し、ブドウに付着。そして、日中の乾燥した気候により菌の付いたブドウは水分のみ蒸発させることができます。これによって、濃縮された果汁のみがブドウに残り、甘く濃厚な極甘口の貴腐ワインができるのです。

値段の理由

貴腐ワインの価格帯はフルボトル(750ml)だと5,000円弱~、高価な物だと10万円を越すものもあります。なぜ、一般的なワインよりこんなにも値段が高いのかというと、造るのに手間がかかり生産量が少ないからです。

普通のワインなら、収穫は一度におこないます。しかし、貴腐ワイン用のブドウの収穫は、畑を何回にも分けて「水分が抜けているか」「貴腐ブドウになっているか」などをひと房ずつ、さらにはひと粒ひと粒確認しながらおこなうそうです。もちろん機械などは使わず、すべて手作業。時間も労力もとてもかかります。また、ブドウは水分が抜けて収穫しても多くの量が採れないので、生産量を多く造れません。

生産者によっては、ブドウの出来が悪いとその年の生産をしない場合もあります。さまざまな理由から、高価で希少なワインになることが分かりますね。

ソーテルヌの産地

ボルドー地区の朝霧
iStock.com/Esperanza33

ソーテルヌのワインは、フランス・ボルドー地方ソーテルヌ村とバルザック村で造られています。この土地では、貴腐ワインがとても育ちやすい環境です。

上記でも説明したように、霧の発生と乾燥した気候が大切な貴腐ワイン。ソーテルヌ村とバルザック村は、ガロンヌ川とシロン川に面しています。森から流れてくるシロン川は冷たく、ガロンヌ川との水温の差が高く霧を発生させやすいのです。これにより貴腐ブドウに欠かせない「ボトリティス・シネレア菌」が発生します。

また、朝方は霧に覆われていても日中は乾燥し晴れることが多いので、水分も抜けやすく貴腐ワインを造るのに適した環境というわけです。

ソーテルヌの格付け

デザートワインをグラスに注ぐ
iStock.com/stsvirkun

1855年のパリ万国博覧会にて「フランス・ボルドー地方メドック格付け」と同時に、「ソーテルヌおよびバルザック格付け」というものができました。当時は一級のプルミエ・クリュ(一級)が10シャトー、ドゥジエーム・クリュ(二級)が21シャトー選ばれています。また、シャトー・ディケムは別格扱いされ、一級の中でも最高のプルミエ・クリュ・シューペリュール(特別第一級)に選ばれました。

現在では、プルミエ・クリュ・シューペリュールが1シャトー、プルミエ・クリュが11シャトー、ドゥジエーム・クリュが15シャトーの計27シャトーが「ソーテルヌおよびバルザック格付け」として認められています。

おすすめの飲み方

ソーテルヌとブルーチーズ
iStock.com/igorr1

ソーテルヌのワインは極甘口タイプなので、デザートワインとして飲む場合が多いです。よく冷やして、少し小さめのグラスに少なめにつぎましょう。

おすすめのマリアージュは、食後にブルーチーズと一緒に合わせる方法。甘くてトロリとした濃厚な味わいのソーテルヌのワインと、ミルクの甘味とピリッとした青カビと塩味を感じるブルーチーズが口の中で一緒になると、単体で飲むより何倍もおいしく感じられます。

ソーテルヌのワインは、甘いだけではなく程良い酸味も感じるので、食後にデザート代わりに飲んでも、口に残らないスッキリした甘さでおいしく飲めますよ。

通販で買えるおすすめのソーテルヌ3選

1. プティ・ギロー

プティギロー
¥3,960~/白・極甘口/フランス

ソーテルヌおよびバルザック格付けプルミエ・クリュ(一級)の、シャトー・ギローが手がけるセカンドワイン。ファーストラベルより価格はお安くお手頃です。トロピカルフルーツのような甘味と酸味とハチミツのような濃厚な味わいを楽しめます。気軽にソーテルヌの貴腐ワインを楽しみたい方や、初めてのソーテルヌの方におすすめな一本ですよ。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

2. シャトー・リューセック

シャトー・リューセック
¥7,700~/白・極甘口/フランス

ソーテルヌおよびバルザック格付けプルミエ・クリュ(一級)に君臨するシャトー・リューセック。1984年に、メドック格付け1級「シャトー・ラフィット・ロッチルド」を所有するドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトが購入したことでも有名です。

熟成期間が長くなればなるほど色合いは黄金色になり、ハチミツや熟した花梨、濃縮感のあるフルーツの味わいを楽しめます。酸味がありスッキリした味わいもあるので、甘口ワインが苦手な方でも飲みやすいですよ。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

3. シャトー・ディケム

イケム
¥63,800~/白・極甘口/フランス

貴腐ワインの王様・ソーテルヌおよびバルザック格付けプルミエクリュ・シューペリュール(特別第一級)に唯一選ばれるシャトー・ディケム。一度は飲んでみたい憧れの貴腐ワインであることは、間違いありません。造り手が出来のよいブドウができたときにしかリリースされない、希少な貴腐ワイン。

キラキラと輝く黄金色の色合いと、ハチミツ、アプリコット、焦がしたバターやバニラなどの、複雑で重厚な味わいと香りを楽しめます。熟成年数によっても、色々な味わいを感じられる最高峰の一本ですよ。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

手間と造り手の愛情が伝わるワイン

ソーテルヌで造られる貴腐ワインは、ほかの産地のものと比べるとひと味もふた味も味わいの複雑さが違います。この土地ならではの気候や風土、格付けに基づくこだわりやプライド、そして何よりも、ブドウに対する愛情を強く感じます。ソーテルヌのワインは高価なものが多いですが、ひと口飲めば驚きと感動を味わえるはず。ほかのデザートワインとは、別格の味わいをぜひ飲んでみてください。

※商品価格は、2021年2月8日時点での情報です。

私が執筆しました!

YURI
ソムリエ・チーズプロフェッショナル / YURI
資格:J.S.A.ソムリエ、C.P.A.認定チーズプロフェッショナル、食生活アドバイザー3級。『もっと楽しく、もっと気軽に、もっとおいしく!』をモットーに誰でもワインとチーズを気軽に楽しめるようアドバイスを発信中!ワインの輸入会社、レストラン、料理教室運営などを経験したのち、現在はフリーランスのソムリエ・チーズプロフェッショナルとして活動中。主にワイン・チーズ教室やブログ、ライターにてワインやチーズ・マリアージュなどの楽しみ方を伝えています。
【ブログ】ソムリエールYURIのちょこっとMEMO
【twitter】https://twitter.com/YURI06927640
【instagram】https://www.instagram.com/yuri.winetocheese

この記事をSNSでシェアする