2021年02月17日(水)

冷え対策にはやっぱりホットワイン!おすすめスパイスとレシピをまとめてみた

一年でもっとも寒いのは毎年1月20日前後と言われています。それをすぎると徐々に気温が上がり、春が近づいてくるわけです。「やっと寒い冬が終わる!」と思うと気が緩んでつい無理をしがちですが、今の時期(2月上旬〜3月)は日によって寒暖差が激しく、体調を崩しやすい季節なので要注意。しっかりと体調管理をして、来るべき春に備えたいところです。

そこでワイン好きの皆さんにおすすめしたいのは、ホットワインです。ホットワインと言えば、寒さが厳しいヨーロッパのホリデーシーズンに屋外で飲まれる防寒ドリンク。スパイスや甘味とともに熱を加えられた温かいワインを飲めば、身体の芯からぽっかぽか。油断しがちなこの時期こそ、ホットワインが本領を発揮してくれるのです。

今回はホットワインにおすすめのスパイスをご紹介しつつ、試してほしいレシピ&楽しみ方をまとめてみました。

ホットワインにおすすめのスパイス3選

ホットワインは一般的に、ワインと数種類のスパイス、フルーツ、砂糖やハチミツなどの甘味を鍋に入れてコトコト煮込んで作られます。スパイスには様々な種類がありますが、なかでもおすすめのものを3つセレクトしました。

シナモン

絶対にはずせないのがシナモン!多くの方にとって馴染み深いメジャーなスパイスですよね。温めたワインの香りとシナモンの香りはとてもよくマッチします。シナモンとはクスノキ科のニッケイという木の樹皮を乾燥させたものです。一般的にお菓子作りなどで使われるシナモンはスリランカ原産のセイロンニッケイ。甘く優美な香りが特徴です。

シナモンの香りに含まれる成分 “オイゲノール”はリフレッシュ効果が高いと言われます。日々の疲れを緩和してくれる強い味方です。それだけではなく、シナモンには抗酸化作用や血行改善、血糖値を下げる働きなどもあると言われています。

ちなみに、京都土産で有名な “八つ橋”に使われるニッキは、日本のニッケイ(中国原産で日本に根付いたもの)から採れるスパイス。シナモンとは少し香りが違うのだそうです。ニッキの方がより爽やかなのだとか。

クローブ

有名なインドのお茶 “チャイ”にも使われるクローブ。 “チョウジ”という植物のつぼみです。ヴァニラのような甘くエキゾチックな香りが特徴的。どことなくお香を連想させる蠱惑(こわく)的な印象も漂います。カレーやコーラの材料としても知られています。クローブにもシナモンと同じく “オイゲノール”が含まれており、リフレッシュ効果が見込まれます。

ワインの香りの表現に「丁子(ちょうじ)」というのがありますが、これはクローブのこと。クローブは釘のような形をしているため中国では「釘字」と言われ、それが変化して丁子になったという説が有力です。クローブはワインの香りに寄り添いつつ、よりエキゾチックなふくよかさをもたらしてくれるスパイスなのです。

カルダモン

カルダモンも “チャイ”によく使われるスパイスのひとつ。世界最古のスパイス…なんて表現されることもあるくらい、古くから親しまれてきました。

カルダモンの香りはとっても爽やか!清涼感があり、レモングラスのようなキリっとした香りがします。ショウガ科の植物ゆえか、カルダモンには体温を上げる効果があると言われます。また、整腸作用や疲労回復効果も見込まれるのだとか。

ホットワインにカルダモンを入れるとちょっぴり辛みやほろ苦さが加わり、大人のテイストに。爽やかな香りもあいまって、スッキリとした味わいに仕上がります。煮込む際は種のさやに爪などで少し裂け目を入れると、香りをしっかりと抽出できます。

試して欲しいホットワインレシピ

ホットワインと言えば、余ったワインや格安ワインを美味しくリメイクできるのも魅力のひとつ。今回は皆さんご存知、安うまワインの代表格、チリ産の “アルパカ”から赤白1本ずつ用意しました。2本買っても税抜き1,000円未満!そのまま飲んでも美味しくいただけますが、ホットワインにすることで楽しみ方がより広がります。

(右)赤ワイン:サンタ・ヘレナ・アルパカ・カベルネ・メルロー
(左)白ワイン:サンタ・ヘレナ・アルパカ・シャルドネ・セミヨン

それでは、レシピのご紹介です!3つのスパイスを使いつつ、シーンに合わせた一押しレシピを4つ、載せてみました。ぜひご自宅で試してみてください。

なお、ホットワインは煮込み時間が長いほどアルコール分が揮発してアルコール度数が低下しますが、ゼロにはなりません。沸騰直前の温度で20分ほど煮込むと残留アルコール濃度が5%ほどまで下がると言われていますので、参考にしてください。また、ワインを沸騰させるとせっかくの風味がとんでしまうので、ご注意ください。

レシピ1:ビターチョコレートに合わせて楽しむ赤のホットワイン

材料

・赤ワイン 250ml
・シナモンスティック 1本
・クローブ(シード) 4〜5粒
・カルダモン(シード)3〜4粒
・レモン 1/2個
・砂糖 大さじ1

作り方

1. レモンを輪切りにします
※輸入レモンの場合、皮に防カビ剤、防ばい剤等が付着していることがあるので、ピーラー等で薄く皮をむくのがオススメです

2. 材料を全て鍋に入れ、中火にかけます

3. 沸騰する直前で火を弱め、コトコト5分程度煮込んで完成です

完成したらシナモンスティックとレモンの輪切り一切れとともにカップに注いで召し上がれ。スパイシーな香りと爽やかな酸味、ほどよい甘味がビターチョコレートにベストマッチ!輪切りオレンジにチョコレートをかけたお菓子 “オランジェット”のような風味を楽しめます。チョコレートはカカオの比率が高いタイプがおすすめ。

レシピ2:食後のデザート感覚で楽しむ、とびきりフルーティな赤のホットワイン

材料

・赤ワイン 250ml
・シナモンスティック 1本
・みかん2個
・ハチミツ 大さじ1

作り方

1. みかんを向いて、ひとふさずつに分けます

2. 鍋にみかんとハチミツを入れて火にかけ、木べら等でみかんを潰しながら火を通します
※ジャムを作るような要領で。みかんを潰す時、果汁が飛びやすいので注意!

3. 果汁が十分しぼれたら、赤ワインとシナモンスティックを入れて、中火にかけます

4. 沸騰する直前で火を弱め、コトコト5分程度煮込んで完成です

みかんはアクが出やすいので、茶漉し等でこしながらカップに注いでください。みかんのフルーティな香りとハチミツの甘さが加わって、ホットデザートワインという感じ!お好みでカシスリキュールをプラスするのもオススメです。

レシピ3:まるでアップルパイ!クラッカーにベストマッチな白のホットワイン

材料

・白ワイン 250ml
・シナモンスティック 1本
・クローブ(シード) 4〜5粒
・カルダモン(シード)3〜4粒
・りんご 1/2個
・砂糖 大さじ1

作り方

1. りんごは皮付きのまま銀杏切りにします

2. 鍋にりんごと砂糖、ワインを大さじ1程度入れて火にかけます

3. りんごに火が通ったら残りの材料を入れて、中火にかけます

4. 沸騰する直前で火を弱め、コトコト5分程度煮込んで完成です

ワインをカップに注いでりんごを2〜3切れ浮かべてお召しあがりください。りんごの香りが芳しく、ぐいぐい飲めちゃいます。塩味のきいたクラッカーに合わせると、まるでアップルパイのような風味になり、やめられません!おすすめクラッカーはサクサクとした食感も楽しいRITZです。

レシピ4:体ぽっかぽか!冷え対策にぴったりの白のホットワイン

最後は、あえてスパイスを使わないシンプルなレシピです。

材料

・白ワイン 250ml
・生姜 ひとかけ
・ハチミツ 大さじ1

作り方

1. 生姜は皮付きのまますりおろします

2. 鍋に材料をすべて入れて、中火にかけます

3. 沸騰する直前で火を弱め、コトコト5分程度煮込んで完成です

より冷え対策を意識するなら、すり下ろした生姜ごとカップに入れてお召し上がりください。お好みでレモンの輪切りを浮かべると、より爽やかに楽しめます。個人的には、レモンありの方が美味しいです。飲んだそばから身体がポカポカしだす、まさにホットワイン!水筒に入れてアウトドアに携帯するのも良さそうです。

ワインのオンライン購入情報

アルパカはコンビニやスーパー等で手に入りやすいワインなので、お近くのお店でもお求めいただけると思いますが、オンラインでも購入可能です。単価の低いワインですので、オンライン購入の場合は他の品物とのまとめ買いが求められることがあります。購入の際よくお確かめください。

サンタ・ヘレナ・アルパカ・カベルネ・メルロー

Amazonで見る

サンタ・ヘレナ・アルパカ・シャルドネ・セミヨン

Amazonで見る

 


吉田すだち ワインを愛するイラストレーター

都内在住の、ワインを愛するイラストレーター。日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート。ワインが主役のイラストをSNSで発信中!趣味は都内の美味しいワイン&料理の探索(オススメワイン、レストラン情報募集中)。2匹の愛する猫たちに囲まれながら、猫アレルギーが発覚!?鼻づまりと格闘しつつ、美味しいワインに舌鼓を打つ毎日をおくっている。
【HP】https://yoshidasudachi.com/
【instagram】https://www.instagram.com/yoshidasudachi

吉田すだちさんのおすすめ記事をチェック♪

この記事をSNSでシェアする

最近の記事

コラム

2021年3月3日

セパージュ?ジャミー?アタック?理解して使いこなそう【ワイン用語解説】

籠バックとサングラスとかち割りワインが置いている様子

コラム

2021年2月27日

ワインをもっと自由に!「かち割りワイン」の魅力と楽しみ方

アイキャッチ Solfege 料理

おでかけ

2021年2月27日

自由が丘でワインを堪能!おすすめのバー&レストラン9選

アイキャッチ_アルマンド_ゴールド

コラム

2021年2月27日

最高級シャンパン「アルマンド」全6種を解説!世界中で愛されている理由とは

ピエモンテ州のワインボトル

コラム

2021年2月27日

バローロだけじゃない!ピエモンテ州のワインの魅力とおすすめ銘柄

カテゴリー