2021年03月31日

おうちで春を満喫!デパ地下春スイーツ×日本の桜色ロゼワイン

皆様、こんにちは、インポーターの大野みさきです。

桜のつぼみも膨らみはじめ、全国的に例年よりかなり早い開花の便りが届いています。待ちに待った季節の到来ですね。

春と言えば桜です。桜と言えばお花見。レジャーシートの上には、お花見弁当、おつまみ、スイーツ、アルコールなどを目いっぱい広げます。桜はそっちのけで、むしろ食べ物&飲み物に目移りしてしまう方も多いのではないでしょうか。食い意地が炸裂して、「花より団子」「ダイエットは明日から」に。(・・・・だよね?えっ、私だけ!?)

デパ地下の春限定スイーツを大人買い!

今年こそはお花見を期待しつつ、デパ地下の春スイーツと日本ワインで、一足先に春を楽しみました。

この時期は旬の苺、また桜、ヨモギ、抹茶などがあしらわれた「春限定スイーツ」が目白押しです。苺大福、桜餅、ヨモギ餅、三色花見団子、苺浮島、桜羊かん、桜マカロン、苺シフォンケーキ、桜ベリーバームクーヘン、桜抹茶ケーキ・・・・ 和洋、色とりどりのピンクやグリーンのスイーツたちからも、春の訪れを感じます。

今回は阪急百貨店うめだ本店の地下で、和菓子3品と洋菓子2品をチョイスしました。

■和菓子

「京都 井筒八ッ橋本舗」夕子 桜あん 270(税抜)
桜色の生八ッ橋&桜葉たっぷりのこしあんで春モード全開!

「京都祇園あのん」桜餅 200円(税抜)
つぶつぶ食感の道明寺粉、上品な北海道産こしあん、桜花の塩漬けが良い仕事している!
「京都祇園あのん」苺あんぽーね大福
300円(税抜)
存在感のある大粒苺、粒あんの中の自家製マスカルポーネチーズにビックリ!

■洋菓子

「ビスキュイテリエ ブルトンヌ」桜のガレット 300(税抜)
発酵バター&ラム酒の風味、華やかな桜の香りが重なり合う贅沢な春限定ガレット

「ア ラ カンパーニュ」タルト オ フレーズ ヴィフ 900(税抜)
苺はかなり甘いけど酸味がバランス良く、ナッツとキャラメルが相まって悶絶級タルト!

合わせるのは日本の桜色スパークリング

洋菓子はフランス色が強めですが、日本人の舌に合うよう、繊細で上品に作られたスイーツたち。そんな「なでしこスイーツ」と合わせるワインは、もちろん「日本ワイン」です!春の陽気のごとく気分も上がること間違いなしの、ピンクの泡を選びました。

ナイス選定!今夜の幸せは約束されました。「なぜ、夜なのか?」ですよね。それは頂くワインの名前が、『おやすみなさい2020』だからです。

体重が気になるなら、甘いものは昼間に食べた方が良い、寝る前にカロリーの塊を摂取するのは危険だと、わかっているもの、だって「お・や・す・み・な・さ・い」ですよ。夜に飲まないでいつ飲む?!後で解説しますが、エチケットからもナイトキャップ的なワインを想像して、夜飲みオシ!だと解釈しました。

題しまして、「禁断のミッドナイト!春スイーツ×日本の桜色ワインを合わせてみた!」何だかいけないことをしているような、プチ背徳感に心ザワザワしながらも、目の前に並ぶピンクのなでしこたちにそそられ、ワインを開栓しました。

山梨県のドメーヌポンコツが手掛けるナチュラルワイン

「おやすみなさい」は、山梨県のドメーヌポンコツが手掛けるロゼスパークリングワイン(ペットナット)です。ポンコツの所有する1.3haの畑は、夏は40度以上の気温になる甲州盆地の東にあります。

巨峰、藤稔、ピオーネ、甲州を主体にプティマンサン、メルローをブレンド。天然酵母を用いてステンレスタンクで発酵、ピオーネは干し葡萄になったものを房ごと5日間醸しています。残糖が程よくなったところで瓶詰めし、残りの発酵は瓶内で終わらせます。ナチュラルな発泡性ワインです。

ところが、開けた直後から、微発泡を通り越して、微々発泡。「あれ、泡どこに行かれましたか?最初の5分でいいから同席をお願いします~」です。まあ、それもご愛嬌!ワインにはヴィンテージの個性が顕著にあらわれるので、去年と違って当然です。スパークリングワインを造るつもりが、スティルワインになってしまったとか、逆に泡が出ちゃったなんてことも日常茶飯事です。極力、人為コントロールを控えたワインにはよくあることです。

フルーティで色も香りも春らしい

サクランボ、ベリー、アセロラ、ザクロ、スモモ、スイカ、ミントなどのアロマ。若葉やお日様の匂いも感じられました。色だけでなく、香りも春にぴったりです。前述のフルーツたちが口の中でピチピチ弾けます。スキップしたくなるような陽気さがあります。

ボトル底は滓が濃くて苺牛乳()のよう。泡立ちが極少なので、シェイクして均一にして頂けば良かったとやや後悔。よし、次回はまぜまぜしよう。

春スイーツが日本ワインに合う理由

今回、デパ地下スイーツのクオリティには、目を見張りました。全国から選りすぐりの名店が集まっているわけです。すこぶる美味しいに決まっています!

春スイーツが日本ワインに合う理由は下記の3つです。

1.桜葉の上品な風味とその余韻に、繊細な日本ワインがエレガントに調和
2.甘酸っぱくてジューシーな旬の苺に、ライトな日本ワインがしずる
3.和菓子やタルトには塩が使われており、塩味がワインを引き立てる

それでは「おやすみなさい」

最後に何故「おやすみなさい」なのかですよね。元々、借りていた畑の所在地が、山梨県甲州市勝沼町休息だったとのこと。「休息」は立正寺に日蓮上人が立ち寄って休息したことから、その土地を休息と呼ぶことになったのですが、「おやすみなさい」はその地名に由来しています。なーんだ、てっきり夜用ワインかと。ドメーヌポンコツに一本取られました!!

とかくパジャマ姿でスイーツは完食です。総カロリーは…多分、知らない方が幸せです。心も満開となり、良い夢が見られそうです。

それでは皆様、おやすみなさい!

■飲んだワイン

DOM.PONKOTSU おやすみなさい 2020 1,800円(税抜)

皆様にお詫び致します。『おやすみなさい2020』は3月にリリースされたばかりなのに、ウェブ上では概ね完売してしまっているワインです。(抱き売りはありました、ちなみにヤフオクには何本も出品されており3,880円で複数入札がありました)苦労せずたまたま手に入れたので、こんなに人気なワインだと知りませんでした。執念で探したら見つかるかもしれませんが、Google検索1ページ目のワインショップは全て売り切れとなっていました。確かに人気を誇る造り手の日本ワインは即完売で入手困難であったりもします。ウェブ販売していないワインショップか直接ワインショップに行って問い合わせたらあるかもしれません。というのも、ウェブ上では完売の表記をしていても在庫がある場合もあるからです。ダメもとで問い合わせてみるのもありです。ポンコツの他のワインも大変人気なので、もし見かけたら買いです!

 


365wine 大野みさき

スロヴェニアワイン輸入元365wine㈱ 代表取締役。
元ANA国際線CAが、7年の在職中にワインに魅せられ渡仏。2014年に帰国し、ひと月でワイン輸入会社を設立。買付け、営業、展示会、ウェブショップ運営、倉庫作業をヒィヒィ言いながらも華麗にこなす。巷ではスロヴェニアワインの第一人者と囁かれている。まんざらでもない。ワイン講師、サクラアワードの審査員も喜んで引き受ける。毎日ワインを飲むのか尋ねられたら、「はい、365日ワインです♡」と返すよう心掛けている。

【ワインショップ】http://www.365wine.co.jp/
【instagram】https://www.instagram.com/365wine/

大野みさきさんのおすすめ記事をチェック♪

この記事をSNSでシェアする