2021年04月16日

知名度も人気も抜群!シャンパンの最高峰「ドンペリ」を解説

世界でもっとも知られているシャンパン「ドンペリ」。あまりにも有名なお酒ですが、実はどのようなものかよく知らないという方も少なくないのでは?この記事では、人気の秘密やラインアップ、気になる値段や飲み方などを詳しくご紹介します。

誰もが知る高級シャンパン「ドン・ペリニヨン」

台に2つのシャンパングラスとリボンが置かれている様子
iStock.com/LightFieldStudios

知名度抜群のシャンパン、ドンペリの正式名称は「ドン・ペリニヨン」。シャンパンの生みの親である修道士、「ドン・ピエール・ペリニヨン」の名が由来になっています。彼が1715年に死去したあと、フランスのシャンパンメーカー「モエ・エ・シャンドン」が商標権を獲得し、「完璧なシャンパン」造りが始まりました。

フランス国内のみならずイギリス貴族の間でも評判になった「ドンペリ」は、世界各地に広まり日本にも浸透していきます。バブル期にはドンペリのロゼ、いわゆる「ピンドン」を高級赤ワインのロマネ・コンティで割る飲み方が流行。夜のお店では、シャンパンタワーに使用されるお酒としても認知されるようになりました。

ドンペリが人気になった3つの理由

シャンパンで乾杯している様子
iStock.com/petrenkod

確かな品質と親しみやすい味

ドンペリは栽培地からブドウ品種、栽培量、醸造・熟成法まで厳しく定めたAOC法(原産地統制呼称)の認定を受けたシャンパーニュです。さらにモエ・エ・シャンドン社は、「優れたブドウが収穫できた年のみ製造」という独自の規制を設けています。製造年により味わいが変わりますが、どれも統一感がとれたおいしいものばかりです。

世界で人気となった理由は、高品質・希少性だけではありません。ドンペリは非常にバランスがよく、万人に愛される味わいを持っています。個性がないという意見もありますが、高い品質を保ち、多くの人が「おいしい」と感じる味わいはほかに見られない特徴です。イギリス王室やフランス大統領の晩餐会、日本でも宮中晩餐会の乾杯には必ずドンペリが使われています。

モエ社の巧みなプロモーション

知名度アップのためにはプロモーションも大切です。ドンペリは、モエ・エ・シャンドン社の巧みなプロモーションにより、多くの映画や歌に登場しています。有名なのは『007』。主人公、ジェームス・ボンドが愛飲しているのはドンペリです。またF1の公式スポンサーになり、シャンパンファイトのシャンパンを提供。多くのアーティストとコラボし、イベントも開催しています。

ナイトマーケットでの需要拡大

ドンペリ=高いというイメージができたのは、ナイトマーケットだといわれています。ワインやブランデーと違い、シャンパンは開けたらすぐに飲まなければいけないお酒。自然に、飲むスピードがあがります。1本空けたら次!となるため利益率が高く、お店が好んで置くようになったようです。万人受けするうえ手に入りやすいこともあり、ナイトマーケット市場で拡大していきました。

ドンペリは意外と安い?

ワインショップの店内の棚に、ワインボトルが並んでいる様子
iStock.com/sl-f

ドンペリはクラブをはじめとした夜のお店で注文すると、一番安い種類でも50,000万円ほどの値がついていますが、一般の小売店では20,000円前後から購入することができます。本物?と疑いたくなるかもしれませんが、夜のお店で提供される場合はチャージ料がかかるので割高になるのです。

流通が安定しているため、通販サイトやワインショップで簡単に購入が可能。誕生日や記念日など、特別な日に味わってみてはいかがでしょう。お祝いのプレゼントとしても人気ですよ。

ドン・ペリニヨンの種類と値段

1. ドン・ペリニヨン・ヴィンテージ(白)

ドンペリ ヴィンテージのボトルとラベルのアップ
¥18,920(税込~)

熟成に8年かけるドンペリの顔!品質の高さとバランスのよさを感じられる1本です。キメ細やかな泡立ちが美しく、なめらかな口当たり。ジャスミンやハチミツ、ナッツ、トーストの香り、果実味と酸味、ミネラルが見事に融合しています。毎年必ず製造されるものではないため、年によって香りや味わいなどが微妙に変化することも大きな魅力です。

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

2. ドン・ペリニヨン・ヴィンテージ・ロゼ

ドンペリ ロゼのボトルと箱
¥37,800(税込~)

「ピンドン」や「ドンペリピンク」と呼ばれることもあるロゼ。色は明るいピンクで、香りはイチゴやチェリーから、アプリコット、スパイスなどに変化します。シルクのようになめらかで、ほどよい酸味のあるジューシーな味わい。ピノ・ノワールの赤ワインをアッサンブラージュするため、ヴィンテージより少々価格が高めです。

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

3. ドン・ペリニヨン レゼルブ・ド・ラベイ

ドンペリ・レゼルブ・ド・ラベイのボトルと箱
¥86,500(税込~)

ドンペリの最高級品、20年以上熟成させた、「ゴールド」の名で親しまれている1本です。透明感のある金色のシャンパンは、泡立ちがクリーミー。ドライフルーツ、ブリオッシュ、ローストアーモンドなどの複雑な香り、バランスのよい豊かな味わいを楽しめます。フランスと日本以外ではほぼお目にかかれない希少品ということもポイントです。

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

4. ドン・ペリニヨン P2(ドン・ペリニヨン・エノテーク)

ドンペリ P2のボトルとラベルのアップ
¥42,980(税込~)

ドンペリの飲みごろは収穫から8年後、15年前後、30年前後の3回。P2は15年熟成し、2度目の熟成ピーク(プレニチュード)を迎えたシャンパンです。白い花やレモン、桃などのフレッシュな香りは、時間とともにスパイシーな甘さに変化。たっぷりした果実味にほのかな酸味・塩味が融合した、リッチな味わいを感じられます。

1998年までは「ドンペリ・エノテーク(ドンペリ・ブラック)」の名で販売されていたシャンパンです。

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

5. ドン・ペリニヨン P3(ドン・ペリニヨン・エノテーク・プラチナ)

ドンペリ P3のボトルと箱
¥330,000(税込~)

1976年より前に造られていた「ドン・ペリニヨン・エノテーク・プラチナ(ドンペリ・ブラック・プラチナ)」の後継。3度目の熟成ピークを楽しめるシャンパンです。キメの細かい泡、スパイシーな風味、なめらかな飲み口、飲みごたえ、どれをとっても完璧。長期熟成ならではの芳醇さ、力強さを感じられます。30年眠っていたとは思えない、フレッシュな果実味を堪能できますよ。P2のなかから厳選されるため、製造本数はごくわずかです。

Yahoo!ショッピングで見る

6. ドン・ペリニヨン・ルミナス

ドンペリ ルミナスのボトルとラベルのアップ
¥20,300(税込~)

ボトル底部のボタンを押すとラベルが点灯!「光るドンペリ」ルミナスです。ON/OFFができ電池交換も可能。連続点灯は3時間ほどです。2種類展開されており、緑のラベルにはヴィンテージ、ピンクにはヴィンテージ・ロゼが入っています。ヴィンテージによってはラベルが異なるので、購入する場合はチェックしてみましょう。

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

おいしいドンペリの味わい方

テーブルの上に並ぶシャンパンと料理
iStock.com/Ivlianna

ドンペリは変化を楽しむシャンパンです。温度が上がると香りや味が変化するので、ゆっくり時間をかけて味わいましょう。

【適正温度】
6~12℃が飲みごろです。冷蔵庫で冷やす場合は、冷蔵室より少し温度が高い野菜室に入れましょう。

【飲み方】
ドンペリは熟成に8年かけているため、抜栓直後はまだ寝起き状態。しっかり目が覚めるまで10分程度おき、グラスに注ぎましょう。温度上昇を防げるワインクーラーが便利です。

【グラス】
おすすめは、香りが広がるチューリップ型のグラス。チューリップ型がない場合は、大きめのブルゴーニュ型グラスで味わいましょう。

【マリアージュ】
ヴィンテージ(白):鶏肉・チーズ・サラダ・カルパッチョ・クリームパスタ・揚げ物・寿司
ロゼ:鶏肉・ハム・チーズ・クリームを使った料理

熟成を楽しむシャンパン・ドンペリ

世界で愛飲されているシャンパン、ドンペリ。意外と購入しやすいシャンパンですが、優れたブドウを収穫できた年にしか製造されていません。温度によって香り・味が変化するので、ゆっくり落ち着いて味わってくださいね。また、長期熟成させると風味が格段によくなります。ぜひご家庭でもドンペリの実力を感じてみてください。

※商品価格は、2021年4月3日時点での情報です。

この記事をSNSでシェアする