2021年04月13日

プロも愛用!美しく機能的なナイフ「ラギオール」の特徴と選び方

優れた機能を持つ美しいナイフ、ラギオール。ワイン愛好家の方なら、ソムリエナイフが頭に浮かんだ方もいらっしゃるのでは?この記事ではラギオールの特徴や選び方、おすすめ商品などをご紹介します。ナイフ以外のアイテムもありますよ。

ラギオールとは

柄が茶色のラギオールナイフ
iStock.com/Bombaert

ラギオールは、フランス南部・ラギオール村を起源に持つナイフです。ラギオール村では、古くから牧童が使用する刃物造りが行われていました。

19世紀に入り、美しく機能性のよいナイフは各地に広まります。しかしその名にあやかろうと、別の地域で造られたにも関わらずラギオールを名乗るナイフが複数登場。裁判に発展しますが、「ラギオールという名はナイフの種類の一般名詞である」という判決が下されたため、ラギオール村以外で造られたナイフもラギオールナイフとして販売されるようになりました。

同じ地域にライヨールナイフというものがありますが、これはラギオールと同じもの。ラギオールはフランス北部の呼び方ですが、フランス南部ではライヨールと呼ばれています。

ラギオールの特徴

ラギオールは、機能性に優れたナイフです。握りやすいようハンドルが流線形になっており、切れ味抜群。全体のバランスがよく、実用的でありながらエレガントさを兼ね備えています。

蜂の模様が彫られていることも大きな特徴です。由来はナポレオン3世。その昔、ラギオールの兵士がナポレオン3世に活躍を認められ、家紋である蜂を付けることを許されたといわれています。

蜂のマークが入れられるようになったのは第二次世界大戦後。さまざまなメーカーが使用するようになったので、ラギオールナイフのシンボルになっています。デザインはメーカーによって異なるため、セミやハエに間違えられることもありますが、どれも由緒正しいナイフの証です。

ラギオールのソムリエナイフ

柄が黒いクロラギオール・ソムリエナイフ
¥26,180(税込)~
Yahoo!ショッピングで見る

ラギオールのソムリエナイフは、どのようなボトル・栓にも対応できるよう造られています。コルク栓の長短に関係なく、指に負担をかけずスムーズに抜栓できるよう使いやすさを考慮。多くはハンドル部分に、木や水牛の角などを使用していることも特徴です。自然素材は表情が出やすく、使い込んでいくうち手にしっくり馴染んでいきます。

ソムリエナイフでよく知られているのは、ラギオール村の職人達が手掛けるブランド「ラギオール アン オブラック」や、ティエールに工房を持つ「シャトー・ラギオール」、「クロード・ドゾルム」など。実用的で美しいうえ耐久性にも優れており、愛用しているプロも数知れず。ワイン愛好家が憧れるソムリエナイフでもあります。

ラギオールのナイフはどう選ぶ?

スクリューをコルク栓に刺している様子
iStock.com/Leisan Rakhimova

ラギオールのソムリエナイフは、複数のメーカーがそれぞれ何種類も製造・販売しています。気持ちよく抜栓しおいしくワインを味わうためにも、選ぶ際は機能性に注目するとよいでしょう。

ポイントは、キャップシールを剥がしやすいフォイルカッター、栓に差し込みやすいスクリュー、握りやすいハンドル。ラギオールは切れ味がよく、握りやすくできていますが、手の大きさは人によって異なります。ハンドルの材質によって馴染み具合も変わるので、可能であれば実際握ってみてから購入しましょう。

また、メーカー・商品によってスクリューやフックの堅さを調節できるものもあります。機能や材質によって値段の差がでるので、さまざまな角度から検討することが大切です。

残念なことですが、各ラギオールブランドの偽物が市場に多く出回っています。よく似た形をしており蜂の彫り物もありますが、機能性や耐久性は雲泥の差。通信販売で購入する場合は特に注意が必要です。

おすすめのラギオールソムリエナイフ4選

1. ラギオール アン オブラック

柄が茶色のラギオール・ソムリエナイフ
¥14,148(税込)~

ラギオール村と同じ地域の特産、オーブラック牛の角を使ったソムリエナイフです。ひとりの職人が多くの工程をこなして造り上げるハンドメイド!ソムリエナイフの背には、手掛けた職人のサインがデザインのように入っています。どっしり重みのあるナイフは、使えば使うほど手に馴染みますよ。

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

2. シャトーラギオール グランクリュ スタミナウッド(レッド)

柄が赤いシャトーラギオールのソムリエナイフ
¥24,750(税込)~

シャトラギオールのプロモデルです。スリムですが強度はばっちり。スクリューは捻れや横方向への動きに強く頑丈です。きれいにコルクを抜くことができますよ。ハンドル部分は木製のほか水牛の角、カーボンファイバーを使ったものなど種類が豊富。カラーも選べるので、個性を出しやすいこともポイントです。

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

3. ワインオープナー クロラギオール ソムリエナイフ(ブラックホーン)

柄が黒いクロラギオール・ソムリエナイフ
¥26,180(税込)~

熟練職人がハンドメイドで丁寧に造っているソムリエナイフです。人間工学に基づいたハンドル、安全で切れ味がよいフォイルカッター、コルクに刺しやすくホールド力のあるスクリューなど、細部まで行き届いた使いやすさが魅力。専用ドライバーが付いており、スクリューとフックは自分に合う堅さに調整可能です。

Yahoo!ショッピングで見る

ソムリエナイフだけじゃない!ラギオールのカトラリー

ラギオールにはスプーンやフォーク、テーブルナイフなどのカトラリーもあります。どれも持ちやすく、口に入れやすいよう考えられており使い勝手抜群。独特な美しい曲線が大変おしゃれです。シンボルの蜂もちゃんと彫られています。

スプーンやフォークは、通信販売などを利用すると1本1,000以下で購入可能。ブレッドナイフ、チーズナイフ、ジャムスプーンなども、1本1,000円前後から購入可能です。シリーズで揃えたり、気になる色を1セットから購入ということもできますよ。

ワインのお供で使えるラギオールのカトラリー3選

1. ラギオール クラシック カトラリー3点セット

柄が白いラギオールのスプーン、フォーク、ナイフ
¥9,574(税込)~

まずは身近なものから使ってみたいという方におすすめ。スプーン、フォーク、ナイフの3点セットです。ハンドル部はABS樹脂製ですが、マーブル模様が入っておりリッチな風情。ブルー、グリーン、ブロンドなどもあるので、食卓の雰囲気に合わせて選べます。デイリーユースはもちろん、ちょっとしたおもてなしにもぴったりです。

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

2. ジャンデュボ ライヨール モーニングセット

ジャンデュボの木箱に入った柄の赤いブレッドナイフ、柄の白いジャムスプーン、柄の青いバターナイフ
¥4,865(税込)~

スッときれいにカットできるブレッドナイフ、柄の長いジャムスプーン、チーズやフルーツにも使えるバターナイフがセットになっている商品です。ハンドル部が赤・白・青と色違いになっているのがおしゃれ♪ 蜂の焼き印が押された専用木箱に入っているので、プレゼントにもぴったりです。

Yahoo!ショッピングで見る

3. ジャンデュボ ライヨール ステーキナイフ

ジャンデュボの柄が黒いステーキナイフ
¥2,530(税込)~

刃のギザギザ模様が特徴的なジャンデュポのステーキナイフです。肉はもちろん、繊維が多い野菜もスムーズに軽くカットできます。カラー展開は、オールステンレスを含め全15種類。鮮やかなバナナやピーチ、アクアなどは、食卓がパッと華やかになりますよ。好みの色で揃えても、家族で色違いにしてもよいですね。

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

プロも愛用するラギオール

ラギオール村で生まれたナイフは、美しいデザインと優れた機能が評価され世界に広まっていきました。ワイン界ではソムリエナイフがよく知られており、愛用するプロも多数。いつかは自分も!と思っているワイン愛好家も少なくありません。人気商品だけに偽物も多いので、購入する際は注意してくださいね。

※商品価格は、2021年4月5日時点での情報です。

この記事をSNSでシェアする