2021年05月08日

イタリアの女王!ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの特徴とおすすめ5選

イタリア・トスカーナ州で造られているブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。この記事では、イタリアの女王と称されるワインの味わいや使用品種、味わい方を詳しくご紹介します。おすすめのワインもぜひチェックしてください。

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノとは

古樽の上に置かれた、2つの赤ワインのグラス
iStock.com/Shaiith

「ブルネッロ」の愛称で親しまれているブルネッロ・ディ・モンタルチーノは、「バローロ」「バルバレスコ」と並ぶ、イタリア3大赤ワインのひとつです。サンジョヴェーゼ・グロッソ100%で造られるワインは、産地のトスカーナ州で格付け最高峰のDOCG(統制保証原産地呼称)に認定。「イタリアワインの女王」と称えられています。

生みの親は、モンタルチーノ村のワイナリー「ビオンディ・サンティ」です。19世紀、当主がザンジョヴェーゼの突然変異である「サンジョヴェーゼ・グロッソ(ブルネッロ)」を発見。3代目のフェルッチョ・ビオンディ・サンティ氏は、「このブドウで100年飲めるワインを造りたい」という強い信念を持ち研究を開始します。努力の末完成したワインは、1888年「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」としてリリースされました。

1966年に、ワインの格付けDOC(統制原産地呼称ワイン)に認定。それに伴い翌1967年、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ協会が設立されます。1970年代に販売網の拡大をはかった結果、1980年代には世界にその名を知られるようになりました。

1999年、ワインスペクテイター誌で「20世紀のベスト12ワイン」に選出され、2006年には世界ランク1位を獲得。イタリア高級赤ワイン、不動の地位を得ています。

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの味わい

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノは、骨格のしっかりしたフルボディです。きれいなガーネット色をしており、ベリーやチェリー、ヴァニラなどの繊細な香りが豊か。たっぷりした果実味と、まろやかな口当たりの力強いタンニンを感じられます。酸味はほどよく、ふくよかでたっぷりした飲み心地。長い余韻を楽しめることも特徴のひとつです。

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの条件

ブドウ畑で赤ワインのグラスを持っている様子
iStock.com/Radiokukka

DOCGに認定されているブルネッロ・ディ・モンタルチーノを名乗るためには、厳しい条件をクリアせねばなりません。生産地域、ブドウ品種、収穫量、熟成期間など、複数ある条件のなかから主なものをご紹介します。

生産地について

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの原料であるサンジョヴェーゼ・グロッソ(ブルネッロ)は、標高250m~600mのブドウ畑で栽培しなければなりません。トスカーナ州のモンタルチーノ村は丘陵地帯。産地は北部と南部に分かれており、造られるワインの特徴は異なります。

標高500メートルに位置する北部の畑は、砂利や石、石灰を含む粘土質のガレストロ土壌。古くからブルネッロ・ディ・モンタルチーノを造るワイナリーが多く、活き活きした酸味のフレッシュなワインが造られています。南部は日当たりがよい粘土質土壌の畑が多く、香り豊かで果実味たっぷりの力強いブルネッロが造られています。

ブドウ品種について

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノが実っている様子
iStock.com/moiraff

サンジョヴェーゼ・グロッソ(ブルネッロ)は、サンジョヴェーゼが突然変異したものです。サンジョヴェーゼに比べると果皮が厚く粒は大きめ。風味がありタンニンが強いため、長期熟成に適したコクのあるワインになります。別名が多く、「ブルネッロ」以外に「プルニョーロ・ジェンティーレ」「モレッリーノ」「サンジョヴェート」という呼び名があることも覚えておくとよいでしょう。

熟成期間について

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノはリリースまでに5年の年月を要します。できあがったワインは長い熟成期間のうち、最低でも2年は木樽で熟成。その後4ヶ月瓶熟成まで義務付けられています。リリースは収穫から5年目の1月1日以降。通常より熟成期間が長いリゼルヴァの場合は6ヶ月瓶熟成が必要なため、リリースはさらに1年の月日を要します。

弟分ともいえる「ロッソ・ディ・モンタルチーノ」

ロッソ・ディ・モンタルチーノは、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノのセカンドワイン的な存在です。モンタルチーノ村で造られる、サンジョヴェーゼ・グロッソ(ブルネッロ)の赤ワインですが、熟成期間は最低1年。そのうち6ヶ月は樽熟成が必要とされています。収穫翌年の9月1日からリリースできるため、フレッシュな味わいを楽しむことができます。

熟成期間が異なりますが、製法などはブルネッロ・ディ・モンタルチーノと同じなので高品質。おいしいうえリーズナブルな価格で購入できることもあり、人気を集めています。

おすすめのブルネッロ・ディ・モンタルチーノ5選

1. ポッジョ・ディ・ソット「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」

ポッジョ・ディ・ソット「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」のボトル
¥20,240(税込)~

伝統的な製法で造られているブルネッロ・ディ・モンタルチーノです。野生酵母を使って発酵させたワインは、樽で4年、瓶で1年熟成。ブドウの旨味やまろやかさなど、複雑な要素が組み合わさった味わいはポッジョ・ディ・ソットにしか出せないといわれています。イタリア国内で多くの賞を受賞している人気の1本です。

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

2. ビオンディ・サンティ「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ アンナータ」

ビオンディ・サンティ「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ アンナータ」のボトル
¥16,720(税込)~

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノを生みだした、ビオンディ・サンティのワインです。チェリーやベリー、ハーブなどのアロマとしっかりしたボディが特徴。厚みのある果実味、酸味、渋味のバランスがよく、口当たりはまろやかです。熟成時、古樽・新樽を取り混ぜて使用するため、繊細な仕上がりになっています。

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

3. カステッロ ・バンフィ「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」

カステッロ ・バンフィ「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」のボトル
¥7,403(税込)~

アメリカにイタリアワインを輸入し、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの名を広めたカステッロ ・バンフィ。最新技術で造られているワインは、ルビーレッドの色合いと完熟チェリー、クルミ、ハーブ、スパイスなどの複雑なアロマを持っています。タンニンを包み込むシルクのような口当たりと、長い余韻も大きな特徴です。

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

4. サセッティ リヴィオ ペルティマリ「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」

サセッティ リヴィオ ペルティマリ「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」のボトル
¥8,118(税込)~

「偉大なワインはブドウ畑でできる」という信念でワイン造りを行っているワイナリーです。きれいな深紅色で、アロマは熟したベリー、チェリー、スミレなど。凝縮した果実味とやわらかなタンニンを楽しめます。ワイン評論家ロバート・パーカー氏、ジェームズサックリング氏が高く評価している1本です。

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

5. ガヤ「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ レイニーナ」

ガヤ「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ レイニーナ」のボトル
¥18,480(税込)~

イタリアワインの帝王と称される、ガヤのブルネッロ・ディ・モンタルチーノです。オレンジ、チェリー、花、革、スパイスなどの複雑なアロマと、躍動感のある果実味が特徴。なめらかな酸やミネラルをしっかり感じることができます。3つの畑のブドウをブレンドして造られていることもあり、全体のバランスは抜群です。

Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの飲み方

男性ソムリエが、デキャンタに赤ワインを注いでいる様子
iStock.com/g-stockstudio

芳醇な香りを持つブルネッロ・ディ・モンタルチーノの適温は18~20℃。長期間熟成タイプのワインは香りが開くまで時間がかかるため、可能であればデキャンタージュして味わいましょう。

ワイングラスは、繊細で複雑な香りを楽しめる大ぶりのものがぴったりです。ブルゴーニュ型や万能型がよいですよ。高級ワイングラスで知られるRIEDEL(リーデル)では、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノに特化したグラスも販売されています。気になる方はチェックしてみましょう。

料理とのマリアージュも楽しんで

フルボディのブルネッロ・ディ・モンタルチーノは、肉料理によく合います。牛・豚・鶏、何にでもよく合いますが、特におすすめなのはジューシーな牛ステーキ、ソースをかけたローストポーク、こんがりグリルしたチキン。チーズ、キノコ、トリュフとも相性がよく、トマトパスタにもマッチします。レストランではぜひ、ジビエと合わせてみてください。

熟成度合を楽しむブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

イタリア3大赤ワインのひとつ、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。イタリアワインのなかでは比較的新しいワインですが、トスカーナ州の格付けで最高級に認定されており、世界的にも高い評価を受けています。最大の特徴は、サンジョヴェーゼ・グロッソの個性を引き出す長期熟成。丁寧に造られるワインの芳醇な味わいを、ぜひ堪能してください。

※商品価格は、2021年4月30日時点での情報です。

この記事をSNSでシェアする