2021年07月06日

世界屈指の白ワインを生む「ピュリニー・モンラッシェ」 とは

ブルゴーニュの白ワインを代表する産地「ピュリニー・モンラッシェ」。造られる白ワインは気品溢れる味わいで、ワイン愛好家を虜にするほどです。この記事では、世界最高峰と言われる白ワインを生むピュリニー・モンラッシェの風土や気候、有名なグラン・クリュを詳しくご紹介します。おすすめワインもぜひチェックしてくださいね。

ピュリニー・モンラッシェとは

ピュリニーモンラッシェのワインボトル
iStock.com/kontrast-fotodesign

「ピュリニー・モンラッシェ」とは、ブルゴーニュワインの5つの生産地区のひとつ、コート・ド・ボーヌ地区にあるアラペシオン(ワイン生産地)。数あるアラペシオンのなかでも、「白ワインのプリンス」と称される、ブルゴーニュを代表する白ワインを生産します。

ピュリニー・モンラッシェという名前は、ラテン語の地名「Puliniacus(プリニアクス)」、山を意味する「Mont(モン)」、禿を意味する「Rachet(ラシェ)」、つまり「プリニアクスの禿山」から来ています。地域一帯が、ぶどう以外栽培できない石灰分が多い土壌であったことから名付けられました。

ピュリニー・モンラッシェでは、古くからワイン造りがおこなわれ、白ワインは石灰によって豊かなミネラルを持つのが特徴。『三銃士』の著者アレクサンドル・デュマ氏が、ピュリニー・モンラッシェのグランクリュのワインを「ひざまづき、脱帽して飲むべし」と絶賛したことでも知られています。

シャサーニュ・モンラッシェとは違う

ピュリニー・モンラッシェは、北はムルソー、南はシャサーニュ・モンラッシェ、西はサン・トーバンと隣接しています。ムルソー、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェの3つは、「ブルゴーニュのコート・ド・ブラン」と呼ばれ、世界有数の高品質白ワインの産地として有名。

ピュリニー・モンラッシェは、世界最高の白ワインとして名高い畑「モンラッシェ」をシャサーニュ・モンラッシェと分け合っています。ふたつは名前は似ていますが、別物。ピュリニー・モンラッシェ側は「モンラッシェ」、シャサーニュ・モンラッシェ側は「ル・モンラッシェ」と呼ばれることが多いです。

ピュリニー・モンラッシェの風土

広大なブドウ畑
iStock.com/ricochet64

ピュリニー・モンラッシェがあるブルゴーニュ地方は、大陸性気候に属しています。1日の気温差が大きく、暑い夏、厳しい冬と、はっきりとした四季を感じられますよ。秋になると急激に気温が下がり、収穫期の天候が変わりやすい風土。ヴィンテージごとに個性の異なるワインができあがる気候です。

ピュリニー・モンラッシェは、標高230〜320mのなだらかな南東向きの斜面に畑が広がっています。日当たりがよく、全体的に石だらけの粘土と石灰質の土壌で、泥灰土や化石を含んだ石灰、堆積物などが複雑に重なり合っているのが特徴。この石灰により、ミネラルを豊富に持つワインが造られるのです。

ピュリニー・モンラッシェの白ワイン

白ワインがグラスとデキャンタに入れられて置かれている
iStock.com/BeylaBalla

ピュリニー・モンラッシェでは、赤・白共に生産されますが、ほとんどが白ワイン。有名なものは、シャルドネから造られる辛口白ワインです。

全体的に、石灰質の土壌から生まれるミネラル豊富な味わいが特徴。華やかで品のある花のような香りと、キレのある酸味、そして豊かな果実味をとてもバランスよく感じられます。長い余韻を持つワインで、ピュリニー・モンラッシェでしか造り出せないエレガントさを楽しめますよ。

また、ピュリニー・モンラッシェの白ワインは長期熟成に向いていて、村名のものなら10年程、プルミエ・クリュは15年、グラン・クリュになると20年程の熟成が可能。当たり年のものなら、それ以上の熟成に耐えられます。

ピュリニー・モンラッシェにある4つのグラン・クリュ

ブルゴーニュのぶどう畑
iStock.com/javarman3

ピュリニー・モンラッシェ全体の畑は、約240ヘクタール。そのうち、グラン・クリュ(特級畑)が21ヘクタール、プルミエ・クリュ(一級畑)が100ヘクタールで、そのほかの約120ヘクタールが村名畑となります。

グラン・クリュは、シャサーニュ・モンラッシェとの境界付近で、もっとも恵まれた条件を持つごく限られた場所。では、ピュリニー・モンラッシェにある4つのグラン・クリュ、それぞれの特徴を見ていきましょう。

モンラッシェ

約8ヘクタールある「モンラッシェ」。ピュリニー・モンラッシェとシャサーニュ・モンラッシェに跨がる世界最高峰の白ワインを生み出す産地です。標高250〜270mの東南向きの石灰質土壌の斜面で、ワイン生産者にとっても、モンラッシェを所有することは長年の夢と言います。

造られる白ワインは、凝縮された果実味と気品、圧倒的な芳醇さに満ちる世界屈指の味わい。ワイン愛好家にとっては一度味わってみたい憧れのワインと言えるでしょう。

シュヴァリエ・モンラッシェ

約7.59ヘクタールの「シュヴァリエ・モンラッシェ」は、ピュリニー・モンラッシェ側にのみあるグラン・クリュ。グラン・クリュのなかで、もっとも標高の高い265〜290mの斜面に広がっています。モンラッシェと並ぶ評価の、別格の扱いを受けるワインが造られますよ。

バタール・モンラッシェ

「バタール・モンラッシェ」は、モンラッシェ同様、ピュリニー・モンラッシェとシャサーニュ・モンラッシェに跨がるグラン・クリュ。約12ヘクタールあり、標高240〜250mのところに広がっています。造られるワインは、濃厚さやパワフルさが特徴で、重厚な果実味と力強い味わいを楽しめますよ。

ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ

モンラッシェの東に隣接するピュリニー・モンラッシェのみあるグラン・クリュで、標高はバタール・モンラッシェと同じ240〜250mです。約3.69ヘクタールで、年間生産量はわずか。一流生産者が多く、なかなか手に入らないワインが造られます。

リッチで力強いバタール・モンラッシェと比べると、フレッシュ感ときめ細かな味わい、洗練された品格が特徴。

ピュリニー・モンラッシェのプルミエ・クリュにも注目

プルミエ・クリュ(一級畑)は、格付けで見るとグラン・クリュのひとつ下に位置する畑。ピュリニー・モンラッシェのプルミエ・クリュは、シャサーニュ・モンラッシェとの境界付近にあるグラン・クリュの周りにあり、総数は17。

有名なプルミエ・クリュは、「ル・カイユレ」「レ・ピュセル」「レ・フォラティエール」など。グラン・クリュと同等かそれ以上の高い評価を得るものもあります。ル・カイユレは、モンラッシェと地続きの最上級プルミエ・クリュ。土壌には小石が混じっていて、引き締まったワインが造られます。レ・ピュセルは、バタール・モンラッシェに隣接した区画で標高も同じ。造られるワインは、上品な花の香りと一本筋の通った強さを感じる味わいが魅力です。

プルミエ・クリュで採れたブドウで造られるワインにも、素晴らしいものがたくさんありますよ。ピュリニー・モンラッシェは、グラン・クリュのワインに高額なものが多いため、少し安いプルミエ・クリュのワインも高い人気があります。

ピュリニー・モンラッシェのおすすめワイン5選

1. ピュリニー モンラッシェ オリヴィエ・ルフレーヴ

茶色のボトルにピュリニー モンラッシェのラベルの白ワイン
¥7,480(税込)〜

ピュリニー・モンラッシェの代表的な造り手である「オリヴィエ・ルフレーヴ」。ピュリニー・モンラッシェの数々の畑から厳選したブドウをブレンドしています。レモンやりんごの爽やかな香りとミネラルが特徴で、長い余韻を楽しめますよ。エレガントでコクがあり、コスパのよいワインです。

ワイノミ オンラインショップで見る

Yahoo!ショッピングで見る

2. ピュリニー モンラッシェ フィリップ・パカレ

茶色のボトルにPの筆記体が描かれたピュリニー モンラッシェのラベルの白ワイン
¥7,480(税込)〜

自然派ワインを代表する造り手で、多くのワイン愛好家を魅了する「フィリップ・パカレ」。プルミエ・クリュの隣に位置する村名区画のブドウを使用しています。レモンやライムなどのみずみずしい果実味と上品なミネラルが特徴。芳醇でバランスのよい味わいですよ。

Yahoo!ショッピングで見る

Amazonで見る

3. ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ レ・シャリュモー

茶色のボトルにピュリニー モンラッシェと書かれたのラベルの白ワイン
¥11,550(税込)〜

「マトロ」は、フランス国内の有名レストラン関係者の間で評価が高い、名門ワイナリーです。プルミエ・クリュの「レ・シャリュモー」は、ピュリニー・モンラッシェの中でもムルソー寄りの標高約300mに位置する畑。ピュリニー・モンラッシェらしい柑橘類や青りんご、ミントなどのさわやか香りと、リッチでエネルギッシュな味わいが魅力です。

Yahoo!ショッピングで見る

Amazonで見る

4. バタール モンラッシェ グラン・クリュ ピエール・モレ

茶色のボトルにピュリニー モンラッシェのラベルの白ワイン
¥49,500 (税込)〜

ピュリニー・モンラッシェですば抜けたワインを造ると言われるドメーヌ「ル・フレーヴ」の醸造長を務めたピエール・モレ氏が設立したドメーヌ。色調は濃い黄色で、白桃やアプリコットなどの香り、バターやナッツなどのリッチな風味が感じられます。力強さがありながらも、しなやかで、長い余韻を楽しめますよ。濃厚で豊かな果実の風味とシャープな酸味のバランスが抜群です。

Yahoo!ショッピングで見る

Amazonで見る

5. シュヴァリエ モンラッシェ グラン・クリュ エティエンヌ・ソゼ

茶色のボトルにシュヴァリエ モンラッシェのラベルの白ワイン
¥87,780(税込)〜

ピュリニー・モンラッシェで1、2を争う実力派の造り手「エティエンヌ・ソゼ」。質の高いブドウだけを使うことにこだわり、世界中のワイン愛好家が求める入手困難なワインのひとつです。グラスにワインを注ぐと、トリュフや完熟したフルーツの豊かな香りが広がり、ひと口含めば、甘く熟した濃厚な果実味と力強い酸味、豊かなミネラルを感じられますよ。

Yahoo!ショッピングで見る

Amazonで見る

ピュリニー・モンラッシェのおすすめマリアージュ

お皿の上に置かれたフォアグラ料理
iStock.com/loooby

ピュリニーモンラッシェのワインは、しっかりとした辛口。香りが高く、凝縮感があり、気品を感じます。繊細でありながら、味わいがはっきりとしているので、高級感のある作り込んだ料理と組み合わせるのがおすすめ。オマール海老や伊勢海老、あわびなど高級食材とのマリアージュが最高ですよ。

また、白ワインでありながら、肉料理との組み合わせも違和感なく楽しめ、特にフォアグラやジビエ料理と共に味わうと、お互いの旨味が引き立ちます。

チーズを合わせるなら、ヤギのチーズ「シェーブルチーズ」やしっとりと重みのある濃厚な「ルブロション」、コクのある「ブリー・ド・モー」がぴったり。できれば、あっさりとした料理と合わせるよりも、レストランで食べるような濃厚な味付けの料理に合わせたいですね。

気高く高貴な白ワイン「ピュリニー・モンラッシェ」

白ワインの頂点に君臨すると言われる「ピュリニーモンラッシェ」。気品のある一本筋の通った味わいは、ピュリニーモンラッシェでしか味わえないと言われるほどです。特にグラン・クリュのワインは総じて高価で希少。もし機会があれば、ぜひ味わってみたいワインです。もっとリーズナブルに楽しみたいなら、プルミエ・クリュや村名ワインもおすすめですよ。

※商品価格は、2021年6月26日時点での情報です。

この記事をSNSでシェアする