2021年08月18日

プーリア州の土着品種プリミティーヴォに注目。飲みやすくコスパ抜群!

数あるブドウ品種のなかでも、プリミティーヴォはあまり知られていません。それもそのはず、イタリア南部、プーリア州の土着品種なのです。このブドウから造られる赤ワインは香りがよく、多くの人に愛される味わいが魅力。なによりコスパが抜群なので、普段使いにはぴったりです。ぜひチェックしておきたいワインですよ。品種の特徴や味わい、相性のよい料理、おすすめワインについてもご紹介します。

プリミティーヴォの特徴

赤ワイン用のブドウ品種である、プリミティーヴォ。イタリア南部、プーリア州で広く栽培されている土着品種です。プリミティーヴォとはイタリア語で「最初の」を意味し、早熟であることから名付けられたといわれます。

プリミティーヴォ種の起源は、クロアチア原産の「ツーリエンナーク・カーステラーンスキー種」という珍しいブドウ品種。クロアチアから、アドリア海の対岸にあるイタリア・プーリア州へと伝わり、プリミティーヴォと呼ばれるようになりました。

また、別ルートでアメリカへ伝わったものは「ジンファンデル」と名付けられ、カリフォルニア州を代表する主要品種に。プリミティーヴォ種とジンファンデル種は、DNA鑑定により同一品種であることが判明しています。

プリミティーヴォ種から造られるワインは、深みのある果実味が特徴。コスパの高さでも評判です。

プリミティーヴォを栽培するプーリア州とは

イタリア半島の形はよく長靴にたとえられますよね。プーリア州は長靴のちょうどかかとの部分にあたり、アドリア海とイオニア海に面したサレント半島に位置しています。プーリア州といえば、アルベロベッロにあるとんがり屋根の伝統家屋「トゥルッリ」をご存じの方も多いかもしれません。世界遺産に登録されている人気の観光地です。

イタリアでは珍しいことですが、プーリア州は山岳エリアがほとんどなく、緩やかな平地が広がっています。日照条件がよく、乾燥した地中海性気候や風にも恵まれ、ブドウ栽培には最適。州全域でワインが造られ、生産量はイタリアでもトップクラスです。

土着品種も多く、さまざまなタイプのワインを産出。プリミティーヴォ種のワインは、南部のマンドゥーリア産のものが有名です。同じく赤ワイン用のブドウ品種「ネグロアマーロ」や「ネーロ・ディ・トロイア」の栽培も盛ん。

ジンファンデルとプリミティーヴォの違い

同じDNAをもつ、ジンファンデル種とプリミティーヴォ種。雨に弱く、乾燥に強いため、アメリカのカリフォルニア州やイタリアのプーリア州の気候風土に適したブドウ品種です。

産地が異なれば、味わいにも違いがでるのがワインの面白さ。カリフォルニア州のジンファンデル種とプーリア州のプリミティーヴォ種から造られるワインの違いは、酸の強弱にあります。

ジンファンデル種のワインはベリー系の果実味が豊かで、酸は抑えめ。一方、プリミティーヴォ種のワインはフルーティーな香りが特徴的で、しっかりとした酸が感じられます。

濃厚で甘い!プリミティーヴォのワインの味わい

プリミティーヴォ種から造られるワインは、太陽をたっぷり浴びた豊かな果実味と深みのある甘味、濃厚でフルーティーな香りが特徴です。いきいきとした酸とタンニンとのバランスがよく、口当たりはとてもなめらか。ルビー色の色合いも、食卓を華やかにしてくれます。

万人受けしやすく、初心者でも飲みやすいワインとして、世界的に人気です。

プリミティーヴォのワインに合う料理

スパイスを効かせたラムのローストや牛肉のグリルといった、肉料理全般と相性抜群。また、プリミティーヴォ種の生まれ故郷であるプーリア州は、トマトとオリーブオイルの名産地としても知られます。その土地のワインはその土地の料理と合わせるのは定番。トマトソースを使ったパスタやピザなどの料理ともよく合います。

味付けが濃い目の中華料理と合わせるのもおすすめ。また、カスタード入りのデザートやチョコレート、チーズとも好相性です。食事と合わせるだけではなく、デザートワインとしても楽しめますよ。プリミティーヴォ種のワインはコスパの高さでも知られ、気軽にいろいろ試せるのも嬉しいポイント。

おすすめのプリミティーヴォワイン5

プーリア州が誇るプリミティーヴォワイン。おすすめのワインをご紹介します。

1. トゥルッリ プリミティーヴォ・サレント 

赤ワイン「トゥルッリ プリミティーヴォ・サレント 」のボトル
¥877(税込)~/赤/イタリア

プーリア州のプリミティーヴォ種のおいしさがギュッと詰まった単一ワイン。黒系の果実やスパイスのニュアンスのある豊かな香りが立ち上り、凝縮した果実味が口いっぱいに広がります。口当たりはやわらかで、余韻も十分。パワフルでエレガントなワイン造りに定評のある、 マッセリア・ボルゴ・デイ・トゥルッリ社が手掛けています。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

2. プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア  ポッジョ・レ・ヴォルピ

赤ワイン「プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア  ポッジョ レ ヴォルピ 」のボトルとラベル
¥1,236(税込)~/赤/イタリア

名醸造家、リッカルド・コッタレラ氏の協力を得て躍進する、ポッジョ・レ・ヴォルピ社の大人気ワイン。D.O.P.(保護原産地呼称ワイン)認定のマンドゥーリア産プリミティーヴォ種を100%使っています。甘く華やかな香り、力強く上質な果実味が存分に感じられ、飲み心地はなめらか。国内のイタリアンレストランでも引っ張りだこの1本です。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

3. プーリア・ネグロアマーロ・プリミティーヴォ バルバネラ

赤ワイン「プーリア・ネグロアマーロ・プリミティーヴォ  バルバネラ」のボトルとラベル
¥1,415(税込)~/赤/イタリア

プーリア州の主要栽培品種、ネグロアマーロ種とプリミティーヴォ種のブレンドワイン。イタリアの有名なワイン専門誌「ルカ・マローニ」において、99点満点中93点という高評価を獲得しています。果実味が豊富で、渋味と酸は穏やか。飲みやすく、バランスのとれたワインです。リーズナブルな価格なので、普段使いにおすすめ。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

4. サン・マルツァーノ タロ・プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア

赤ワイン「サン・マルツァーノ タロ・プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア」のボトル
¥1,650(税込)~/赤/イタリア

プルーンのジャムのような甘い香りにバニラやカカオのアクセントが加わり、味わいはリッチで濃厚。太陽の光をたっぷり浴びて育った、ブドウ本来の甘味を楽しめます。サン・マルツァーノは、マンドゥーリアD.O.P.エリアの中心に位置するワイナリー。プーリア州ならではの土着品種や伝統製法にこだわり、高品質なワイン造りをおこなっています。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

5. ハートのアマミ プリミティーヴォ・プーリア

赤ワイン「ハートの アマミ  プリミティーヴォ・プーリア」のボトル
¥2,820(税込)~/赤/イタリア

「ワインがなければ、愛はない!」というエティケ社の理念を象徴するハートのラベルが印象的。プリミティーヴォ種100%の単一ワインです。チェリーやバニラ、ローズマリーといった華やかで複雑な香り、黒系の果実のフルーティーな味わいが魅力。数々の国際的なワインコンテストでの受賞歴も多数あり、プレゼントにもおすすめです。

Amazonで見る

日常使いにぴったりのプリミティーヴォワイン

プーリア州は縦に長く、地域によりテロワール(ブドウ畑を取り巻く自然環境要因)も異なります。いろいろな造り手のプリミティーヴォワインを試したり、同じDNAをもつカリフォルニア産のジンファンデルワインと飲み比べたりするのも楽しいもの。癖がなく、飲み口もコスパも最高なので、おうち飲みはもちろん、女子会や気軽なパーティーにもおすすめですよ。

※商品価格は、2021年7月16日時点での情報です。

この記事をSNSでシェアする