2021年10月05日

ボジョレー・ヴィラージュとは。魅力と特徴をソムリエが解説!

秋は、新酒の季節。ボジョレー・ヌーヴォーが解禁されます。そのなかに「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」というものがあるのはご存知ですか?ボジョレー・ヌーヴォーのなかでも、ワンランク上のワインです。この記事では、特徴や魅力などをソムリエが徹底分析します。今年のボジョー・ヌーヴォーは、きっとヴィラージュを飲みたくなるはず。

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーとは

ボジョー・ヌーヴォーが注がれる
iStock.com/barmalini

ボジョレー・ヌーヴォーは、主に「ボジョレー・ヌーヴォー」と「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」のふたつに分けられます。大きな違いは、生産地域や生産量などの規定が異なるということ。

ボジョレー・ヌーヴォーとは、ボジョレー地区で作られる新酒という意味です。そして、ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーの「ヴィラージュ」とは、村を意味しています。したがって、ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーの方が、生産地域が狭く限定され、生産量や栽培方法なども厳しく規制されたものなのです。ボジョレー・ヌーヴォーのなかでも、ワンランク上のワインということになりますね。

ボジョレー地区のA.O.C.

ボジョレー地区には、ボジョレーとボジョレー・ヴィラージュのほかにも、ワインの生産タイプや生産地域などの規定があります。どのような違いがあるか見ていきましょう。

Beaujolais (ボジョレー)

ボジョレー地区で生産されているワインのこと。赤・ロゼ・白の3タイプが生産されています。ボジョレー地区では、白も生産可能です。しかし、ボジョレー・ヌーヴォーは品種が指定されているため、赤とロゼしか生産できません。

Beaujolais Supérieur(ボジョレー・スペリュール)

ボジョレー・スペリュールは、A.O.C.ボジョレーよりも最低アルコール度数が高いもの。また、赤ワインのみ生産が可能です。

Beaujolais Villages(ボジョレー・ヴィラージュ)

ボジョレー地区北部の38のコミューン(村)のみ名乗ることができます。赤・ロゼ・白が生産可能ですが、A.O.C.ボジョレーと同じくボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーでは赤・ロゼのみの生産です。

特別なボジョレー「クリュ・デュ・ボジョレー」

上記のほかに、クリュ・デュ・ボジョレーという最高峰のボジョレーワインが存在します。特に有名な「モルゴン」「ムーラン・ア・ヴァン」を始めとした、10のA.O.C.のみが該当します。

クリュ・デュ・ボジョレーの特徴は、熟成可能な深みのある味わい。赤のみ生産が可能です。ヌーヴォー(新酒)として販売するときは、ボジョレー・ヴィラージュかボジョレーとして販売されています。

ボジョレー・ヴィラージュの特徴

ブルゴーニュの畑が広がる
iStock.com/javarman3

ボジョレー地区は、北から南まで55kmと長く続きます。ボジョレー・ヴィラージュは、最北部から約2/3ほどにまたがる広い地域。ボジョレー・ヌーヴォーのブドウ品種であるガメイに適している、花崗岩を基盤とした丘陵地帯です。ボジョレー・ヴィラージュは砂質が多いこともあり、地面の蓄熱によりブドウを暖めながら成熟していくところが特徴的です。

A.O.C.ボジョレーよりもボリューミーな味わいと、深みのある風味を楽しめますよ。あっさりとしたボジョレー・ヌーヴォーより、飲みごたえのあるタイプがお好きな方は、ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーをおすすめします。

また、ボジョレー・ヴィラージュのワインは、ヌーヴォー(新酒)だけではなく熟成できるものもあります。ガメイ特有のイチゴやカシスなどの果実味と、やわらかな酸味が特徴的です。

ボジョレー・ヴィラージュ・プリムールとの違いは?

ボジョー・ヌーヴォーとおつまみが机に並ぶ
iStock.com/Zulfiska

「ボジョレー・ヌーヴォー・プリムール」とラベルに記載されているワインがあります。これは「ヌーヴォー」の同義語で、「新酒」という意味で扱われているんです。したがって、ボジョレー・ヴィラージュ・プリムールとは「ボジョレー・ヴィラージュで造られた新酒」と言う意味。

ボジョレー・ヴィラージュ生産者によって「プリムール」を使っている場合もあるので、購入の際は気をつけて見てみましょう。

おすすめのボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー生産者

ブドウを収穫をしている人
iStock.com/Pawzi

タイユヴァン

1946年創業の老舗レストラン「タイユヴァン」がセレクトしたボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー。料理だけでなく、ワイン・セレクションでも有名なタイユヴァンが選んだよりすぐりの商品です。古樹のガメイから造られるボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーは絶品。レストランがセレクトしていることもあり、料理に合わせやすいのもおすすめポイントです。

メゾン・ルイ・ジャド

数々のブルゴーニュワインを手がけるメゾン・ルイ・ジャド。100%ボジョレー・ヴィラージュで栽培された上質なブドウを使用し、自社醸造で丁寧に仕上げています。ヌーヴォーらしいフレッシュな果実味と、造り手の手法である奥深い味わいを共に楽しめますよ。

メゾン・ジョセフ・ドルーアン

古くからボジョレー地区でワイン事業に関わってきた造り手。ほかのブルゴーニュ地方のワインも多く手がけています。土壌のテロワールを大事にした、繊細できれいなボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーを生産。エレガントかつ、華やかな果実味がとてもおいしいですよ。

マノワール・デュ・カラ

栽培から醸造までの丁寧な作業が、味わいにも滲み出ています。ノンフィルターで造られるので、ブドウの隅々の味わいまでしっかり楽しめますよ。スーッと体に染み渡る、やさしい味わいのボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー。時間が経つと甘い香りが、スミレやベリー系の風味に変わり変化も楽しめます。

メゾン・ルロワ

ブルゴーニュ界・自然派ワインの女王が厳選して瓶詰めされた、メゾン・ルロワのボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー。生産量が少なく、すぐ売り切れてしまうことでも有名なヌーヴォーです。ヌーヴォーらしい、フレッシュなイチゴやカシスなどの果実味の余韻と、奥深い味わいが絶品。お値段は高めですが、一度は飲んでみたいボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーです。

ボジョレー・ヴィラージュの飲み方

ワインとおつまみが机に並ぶ
iStock.com/Natalia Van Doninck

ボジョレー・ヴィラージュは、ベリー系の果実味もありながら、味わいの奥深さも楽しめるワインが多いです。飲む30分前くらいから冷蔵庫で冷やしておくと、調度いい温度で飲めます。冷やしすぎると果実味が楽しめず、常温だと甘味が強く感じられてしまいます。適度に冷やすのがおいしく飲むコツですよ。

料理を合わせるなら、カマンベールにブルーベリージャムを添えたものや、きのこをバルサミコ酢で炒めたマリネなどがおすすめ。甘酸っぱい系の料理をワインにプラスすると、よりおいしく飲めますよ。

今年はどのボジョレー・ヌーヴォーを選ぶ?

濃厚なワインが好きな方は、ボジョレー・ヌーヴォーよりも深みのあるボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーを選ぶと、そのおいしさに驚くと思います。通常のボジョレー・ヌーヴォーと飲み比べて、違いを比べるのも面白いですよ。秋のワインのお祭りを、より楽しくお祝いしてくださいね。

私が執筆しました!

YURI
ソムリエ・チーズプロフェッショナル / YURI
資格:J.S.A.ソムリエ、C.P.A.認定チーズプロフェッショナル、食生活アドバイザー3級。『もっと楽しく、もっと気軽に、もっとおいしく!』をモットーに誰でもワインとチーズを気軽に楽しめるようアドバイスを発信中!ワインの輸入会社、レストラン、料理教室運営などを経験したのち、現在はフリーランスのソムリエ・チーズプロフェッショナルとして活動中。主にワイン・チーズ教室やブログ、ライターにてワインやチーズ・マリアージュなどの楽しみ方を伝えています。
【ブログ】ソムリエールYURIのちょこっとMEMO
【twitter】https://twitter.com/YURI06927640
【instagram】https://www.instagram.com/yuri.winetocheese

この記事をSNSでシェアする