2022年04月29日

甘くて魅惑的。甘口スパークリングワインの選び方とおすすめ10選

甘口タイプのスパークリングワインは、甘い口当たりと軽快な飲み口が人気です。数あるスパークリングワインのなかから、どうやって甘口を選んでいいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、甘口スパークリングの特徴や選び方について詳しくご紹介します。おすすめの10本もぜひチェックしてくださいね。

甘口スパークリングワインの特徴

スパークリングワインとは発泡性のワインのことです。きれいな泡が立ち上る見た目も、爽快な飲み心地も魅力的。ワイン同様、スパークリングワインにも甘口や辛口タイプがあります。

甘口タイプは、醸造の際、ブドウの糖分の一部がアルコールに変わった時点で発酵を停止。そのため、残糖度が高く、アルコール度数は低めなため飲みやすく、お酒にあまり強くない方にも向いているといえます。

生ハムやサラミ、ブルーチーズ、甘辛い料理、デザートやフルーツなどと合わせるのがおすすめ。食前酒としても楽しめます。シュワシュワの爽快な泡のおかげで、あと味がすっきりするのもスパークリングワインならではです。

甘口スパークリングワインの選び方

甘口スパークリングを選ぶ際に役立つ「甘さの度合い」「種類」「色タイプ」「ブドウ品種」についてご紹介します。

甘さの度合いで選ぶ

ラベルに記載されている甘辛度をチェックすると、どんな味わいなのかを想像することができます。スパークリングワインの甘さや辛さは、1Lあたりの糖分含有量(グラム)によって7つに分類され、そのうち甘口タイプは3種類です。

生産国によって表記は異なりますが、ここではフランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語の甘口タイプの表記をご紹介します。

・Sec(セック)/フランス …… 残糖度17~32g/ L = やや甘口 
※ Secco/イタリア、Trocken/ドイツ、 Seco/スペイン

・Demi-Sec
(ドゥミ・セック)/フランス …… 残糖度32~50g/ L = 甘口 
※Semi Secco、Abbocato/イタリア、 Halbtrocken/ドイツ、 Semi Seco/スペイン

・Doux
(ドゥー)/フランス …… 残糖度50g~/ L = 極甘口
※Dolce/イタリア、 Mildドイツ、 Dulce/スペイン

「極甘口」は残念ながらあまり流通していません。「やや甘口」または「甘口」から選んでみてくださいね。

種類で選ぶ

甘口スパークリングワインを造り出す、代表的な種類を知っておくと便利です。

ランブルスコ

ランブルスコはイタリア・ロマーニャ州で造られるスパークリングワイン。ランブルスコ種を使うことが名前の由来です。ひと口にランブルスコ種といっても地域によってさまざまな種類があり、味わいも多彩。甘口タイプは口当たりがやさしく、親しみやすい味わいが特徴です。アルコール度数は8%前後。赤が有名ですが、白やロゼもあります。

アスティ・スプマンテ

イタリアのピエモンテ州産のアスティは、モスカート・ビアンコ種100%で造られます。スプマンテとはイタリア語でスパークリングワインのこと。アスティ・スプマンテは華やかな香り、フルーティーで爽やかな味わいが特徴で、飲みごたえも十分です。アルコール度数は6~9%ほど。食事にも合わせやすく、国内外で幅広く支持されています。

モスカート・ダスティ

アスティ・スプマンテ同様、イタリア・ピエモンテ州でモスカート・ビアンコ種を使用して造られるのがモスカート・ダスティ。違いは、アルコール度数が約5%と低めなことと、微発泡であることです。甘い花のような香りとやさしい果実味が感じられ、スパークリングワイン初心者の方やアルコールに強くない方にも人気があります。

色タイプで選ぶ

スパークリングワインには赤もありますが、主流は白またはロゼ。シーンに合わせて、色タイプで選ぶというのもひとつの方法です。黄金色に弾ける白は、どんなシーンにも絶妙にマッチ。家飲みはもちろん、乾杯用やレストランでも、さりげなく上品な雰囲気を演出してくれます。

美しいピンク色のロゼは華やかさが魅力。色付けのために、赤ワインを混ぜ合わせたり、黒ブドウの色素を抽出したものを加えたりするため、香りも味わいもフルーティーです。女子会やロマンチックなシーンにもぴったり。また、赤のスパークリングワインは珍しく、発泡性ならではの軽やかな飲み口もサプライズ感がありますよ。

ブドウ品種で選ぶ

ひと口に甘口タイプのスパークリングワインといっても、地域や造り手の個性、ブドウ品種によっても異なる味わいが生まれます。

代表的なブドウ品種は、ランブルスコに使われる「ランブルスコ種」、アスティ・スプマンテやモスカート・ダスティに使われる「モスカート・ビアンコ種」だけではありません。糖度が高く、果汁が豊富な「ナイアガラ種」も代表格。カナダのオンタリオ州やアメリカのニューヨーク州が主要産地で、日本でも栽培されています。

また、「マカベオ種」は、スペイン産スパークリングワイン「カヴァ」に使われる3大品種のひとつで、豊かな香りやピュアな果実味が特徴。スペインのカタルーニャ州やフランスの地中海沿岸地域で多く栽培されています。ほかにも地域の特性に合ったブドウ品種が使われ、遅摘みで完熟したブドウを利用するケースもあります。

おすすめの甘口スパークリングワイン10選

1. G.A. シュミット ツェラー シュワルツ カッツ プリカッツ

スパークリングワイン「G.A. シュミット ツェラー シュワルツ カッツ プリカッツ」のボトル
¥983~/白・やや甘口/ドイツ

美しいブルーボトルと黒猫のラベルが目を引く、ドイツ・モーゼル地方のスパークリングワインです。造り手は、1618年創立の由緒あるワイナリー「G.A.シュミット」。リースリング種を主体としたやや甘口タイプで、香り高く、やわらかな口当たりです。カジュアルにかつおしゃれに楽しみたいときにぴったり。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

2. チェヴィコ グランディ・コルディス ランブルスコ ドルチェ 

スパークリングワイン「チェヴィコ グランディ・コルディス ランブルスコ ドルチェ」のボトル
¥1,100~/赤・極甘口/イタリア

名実ともにランブルスコのNo.1ワイナリーといわれる「チェヴィコ」。減農薬栽培のランブルスコ種を使い、大いなる情熱をもって造られるランブルスコは、世界中で愛飲されています。泡はおだやかで、イチゴのような甘い風味とほどよい酸味がバランスよく調和。グラスに注いだときのルビーレッドの色合いは、パーティーでも映えますよ。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る」

3. ガンチア モスカート ロゼ

スパークリングワイン「ガンチア モスカート ロゼ」のボトル
¥1,201~/ロゼ・甘口/イタリア

アスティ・スプマンテの第一人者であり、イタリアで初めてスパークリングワインを醸造した「ガンチア」のロゼはいかがでしょう。ピーチやイチゴのような香り、爽やかでピュアな甘さが心地よく、飲み口はすっきりとしているのが特徴です。微細な泡が立ち上るピンク色のグラスを手にすれば、気分が上がること間違いなし。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

4. ジェイコブス・クリーク マスカット ロゼ スパークリング

「ジェイコブス・クリーク マスカット ロゼ スパークリング 」のボトル
¥1,375~/ロゼ・甘口/オーストラリア

世界に名を知られたオーストラリアのワインブランド「ジェイコブス・クリーク」による華やかなロゼ。フレッシュなイチゴのような甘い香り、ベリー系や柑橘系の深みのある味わいが心地よい1本です。淡いピンク色も繊細な泡も魅力的。甘すぎないので、家飲みはもちろん、女子会やパーティーにもうってつけですよ。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

5. フレシネ カルタ・ネバダ

スパークリングワイン「フレシネ カルタ ネバダ」のボトル
¥1,551~/白・甘口/スペイン

スペイン産のマカベオ種をはじめ、3種類のブドウ品種をブレンドした甘口タイプ。花や洋ナシのような香り、ピーチを思わせるフルーティーな果実味が感じられ、口当たりがよく飲みやすいと評判です。フルーツやチョコレートなどと合わせるのがおすすめ。スペインのスパークリングワイン、カヴァの代表的ブランド「フレシネ」の人気商品です。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

6. アルプス 桔梗ヶ原ナイアガラ スパークリングワイン

「アルプス 桔梗ヶ原ナイアガラ スパークリングワイン」のボトル
¥1,650~/白・やや甘口/日本

長野県塩尻市の銘醸地、桔梗ヶ原で栽培されたナイアガラ種を100%使用。ナイアガラ種ならではの華やかな香り、フルーティーな果実味、爽やかな酸のバランスがとれています。ほどよい甘さで飲み口がよく、野菜やフルーツと好相性。果実の宝庫である信州で、多品種のブドウ栽培とワイン造りをおこなう「アルプス」が手がけています。

Amazonで見る

7. カレッタ モスカート・ダスティ DOCG 

スパークリングワイン「カレッタ モスカート・ダスティ DOCG」のボトル
¥2,090~/白・甘口/イタリア

レモンやセージのような爽やかな香り、やさしい甘さが口いっぱいに広がるモスカート・ダスティです。イタリア・ピエモンテ州の歴史ある名門ワイナリー「テヌータ・カレッタ」の自社畑で栽培されたモスカート・ビアンコ種のみを使用。口当たりものど越しもマイルドです。アルコール度数は5.5%と低めなので、初心者の方にもおすすめ。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

8. モスカート・ダスティ プルノット (アンティノリ)

スパークリングワイン「モスカート・ダスティ プルノット (アンティノリ)」のボトルとラベルのアップ
2,288~/白・甘口/イタリア

こちらは、イタリアの名門「アンティノリ」が造り出すモスカート・ダスティです。 ブドウ品種は、ピエモンテ州で栽培されたモスカート・ビアンコ種100%。ハチミツのような香り、コクのある甘味、ほどよい酸味のバランスが見事で、泡立ちは繊細です。フルーツやスイーツなどと合わせると、相性のよさを実感できますよ。

ワイノミ オンラインショップで見る
Yahoo!ショッピングで見る

9. はこだてわいん 香り仕込みケルナー スパークリング 

スパークリングワイン「香仕込みケルナー」のボトル
¥2,343~/白・やや甘口/日本

北海道余市町で栽培された、完熟して糖度を増したケルナー種のみを使用。フレッシュでフルーティーな香り、みずみずしい果実の甘味、キレのある酸が絶妙で、飲み口はすっきりとしています。日々の食事と合わせやすいのもうれしいポイント。日本人の味覚に合うワイン造りを追求する、実力派ワイナリー「はこだてわいん」の自信作です。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

10. モエ・エ・シャンドン ネクター・アンペリアル

スパークリングワイン「モエ エ シャンドン ネクター アンペリアル」のボトル
¥6,021~/白・やや甘口/フランス

世界中で愛されるフランスのシャンパンブランド「モエ・エ・シャンドン」のネクター・アンペリアルは、甘美な味わいが魅力。きめ細やかな泡が立ち上り、トロピカルフルーツのような香り、エレガントな果実味が印象的です。フォアグラやブルーチーズとはベストマッチ。記念日や特別な気分のときに、ゴージャスな彩りを添えてくれますよ。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

飲み残したスパークリングワインの保存方法

スパークリングワインを飲み切れなかったとき、どう保存すればいいのか悩んだことはありませんか?スパークリングワインには特殊なコルクが使われているため、開栓したあとは再びボトルに挿入することができません。飲み残したスパークリングワインを保存する際は、ガスが抜けるのをいかに防ぎ、泡をキープできるかがポイントです。

あると便利なのが、シャンパンストッパー。シャンパンストッパーを使用すると、冷蔵庫で2〜3日保存が可能です。シャンパンストッパーがない場合は、ボトルの口をラップで覆い、ゴムで巻いて冷蔵庫へ入れ、翌日には飲み切るようにしてください。冷蔵庫に入れる際は、空気に触れる面が少なくなるよう、ボトルを立てて保存しましょう。

甘いスパークリングワインを楽しもう

甘口タイプのスパークリングワインは、ヨーロッパをはじめ、世界のワイン産地で造られています。土地や造り手が変われば、味わいも泡立ちも変化するもの。まずは、好みの1本を見つけてみてください。

「甘さの度合い」「種類」「色タイプ」「ブドウ品種」といった基本のポイントをおさえておけば、あとは気分やシーンに合わせて選び方も自由自在です。魅惑的な甘口スパークリングワインの世界を楽しんでくださいね。

※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をSNSでシェアする