2019年10月17日(木)

塩尻産ワインのイベントでBYOにぴったりの1本を探そう!「SHIOJIRI GRAND WINE PARTY TOKYO 2019」11/9開催

日本ワインファンの方はすでにご存じの方も多いはず。長野・塩尻産ワインが集結する「SHIOJIRI GRAND WINE PARTY TOKYO 2019(入場料5,000円)」が11月9日(土)に初開催!一足お先にプレイベントに参加してきたので、レポートします。

様々なコンテンツがあって魅力たっぷりなのですが、Winomy的にユーザーのみなさまにへお知らせしたいのは、塩尻産ワインとは何ぞや?ということ。

すごいんですよ、塩尻のワインって。現地で毎年行われるワインのイベント「塩尻ワイナリーフェスタ」はチケットが完売するほど、地元でもとっても愛されているワインなんです。

「SHIOJIRI GRAND WINE PARTY TOKYO 2019」には、日本ワインコンクール2019の受賞ワインや、G20大阪サミットで提供されたワインなど、日本を代表する銘柄がたくさん登場します!塩尻市内の16ワイナリーが造る塩尻産ワイン約90種を一同に味わうことができちゃいます。

塩尻といえば「メルロ―」。日本でのワイン造りの歴史での重要な土地である「桔梗ケ原ワインバレー」は、寒冷地では栽培が難しいとされていたメルローの栽培を成功させた、世界的にも評価されているブドウ栽培エリア。桔梗ケ原のメルローなくして日本ワインは語れないのです。


アルプス「ミュゼ ドゥ ヴァン エトワール 塩尻メルロー&カベルネ・フラン2017」
林農園「エステートゴイチ メルロ」

今年の日本ワインコンクールで金賞を受賞したワイン(写真左)にもメルローが使われています。「SHIOJIRI GRAND WINE PARTY TOKYO 2019」で味わえるワインリスト(有料テイスティング)のなかにも入っています。


カットした山賊焼き(お皿左側)

塩尻市発祥の郷土料理に「山賊焼」という一枚の大きな鶏肉をニンニク醤油ダレに付け込んで揚げた料理(早い話が唐揚げですね、かなり大きいけど)とメルローの組み合わせが個人的にたまらなくて、試食でずーっと味わってました。唐揚げとワインって最高。永遠に食べ続けたかった。。

そんな塩尻ならではの料理もワインと一緒に楽しめるイベントです。

老舗ワイナリーから今年初めてリリースするワイナリーまで。さらにブドウ品種もメルローだけではありません。最近ではソーヴィニヨン・ブランのクオリティーも上がってきているとのこと。その他、東京のワインショップではまずお見かけしないワインもたくさん登場します。(城戸ワインとか!)


丘の上幸西ワイナリー「シャルドネ」★新規ワイナリー
井筒ワイン「ピノ・ブラン」

さて、広く出回らないワインは…そうです、ワイン好きの友人を集めたBYOワイン会に持ってこい。「SHIOJIRI GRAND WINE PARTY TOKYO 2019」が、みなさまのワイン探しの機会になればと思います。来場無料エリアでは塩尻産ワインの販売も♪

イベント概要やワイナリー情報、詳しいワインリストはHPでチェックしてみてください。

■SHIOJIRI GRAND WINE PARTY TOKYO 2019 HP

 

テキスト・写真:アズ

過去の記事もチェック♪

この記事をSNSでシェアする

最近の記事

コラム

2020年2月19日

【後編】サクラアワード2020 ワイン審査会で聞いてみた「ソムリエールは知っている」Vol.14

コラム

2020年2月19日

“ハーフボトル”はBYO初心者の強い味方

コラム

2020年2月18日

伝統に裏付けされた絶品 ”鰻” に、ロゼワインをマリアージュ

ニュース

2020年2月17日

ロマンティックなシャンパーニュ「ドン ペリニヨン ロゼ」3名様に当たる!今月のキャンペーン

コラム

2020年2月12日

一流サッカー選手が手がける、サクラアワード受賞ワインを飲んでみた!

カテゴリー