5代に渡り受け継がれる、徹底した品質管理

カ・マルカンダ・マガーリCA'MARCANDA MAGARI

¥8,800 (税込)

イタリア フルボディー

数 量
内容量

750ml

※画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。
卸店・配送元が異なるためアイコン違いの商品は同時に購入できません。

イタリアワインの帝王ガヤがトスカーナのボルゲリで造るシリーズ。 ガヤの実力がいかんなく発揮され、 全世界で高い評価を受けるプレミアムワイン。

タイプ
生産地イタリア/トスカーナ
生産者ガヤ
ブドウ品種カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン、プティ・ヴェルド
おすすめ料理フレンチ・イタリアン
ヴィンテージ2018
アルコール分12~15%
JAN4589794171920
管理コードB118110070

商品情報

全ては「最高のワイン」を作るために イタリアワインの帝王

5代に渡り受け継がれる、徹底した品質管理

イタリアワインの生産者として、間違いなくトップクラスの地位を不動ものとしているガヤ。ガヤの歴史は、17世紀半ば、ガヤ・ファミリーの初代、ジョヴァンニ・ガヤ氏がスペインのカタルーニャ地方からピエモンテに移住してきたことから始まりました。ジョヴァンニ氏は1859年にワイナリーを創設、2代目の時代には、現当主であるアンジェロ氏の祖母、クロチルド・レイ女史もワイン造りに参加し、徹底して品質にこだわるガヤスタイルのワイン造りの基礎を造り上げました。そして3代目、アンジェロ氏の父にあたるジョヴァンニ氏の代に、現在もガヤのフラッグシップであるキュヴェ、バルバレスコが高い評価を受けたことによってイタリアワイン界のトップとしての地位を確立、同時に「ソリ・サン・ロレンツォ」や「コスタ・ルッシ」などの畑を購入し、ワイナリーを拡大しました。そして4代目、現当主のアンジェロ氏の時代。1961年からワイナリーに携わっていたアンジェロ氏は、バリック樽の導入や、単一畑のワインの生産など、様々な改革を実施。ピエモンテの伝統的なワイン造りを守りながら、革新的な設備や技術を取り入れ、世界中から認められる存在となりました。現在は、5代目を担う3人の子供たちとともにワイン造りを行っています。

最高のワインを求めて常に進化を続け、帝王が今最も力を注ぐワイナリー “カ・マルカンダ”。

サッシカイアとは別のボルゲリスタイルを確立させた功績。

カマルカンダのセカンド的存在のマガーリ。これまでメルロ主体の滑らかで濃密な味わいが、愛好家の皆様に愛されてきましたが、今回入荷の最新2015年よりセパージュを一新。近年ボルゲリで高い評価を得ているカベルネ・フラン主体のボルドーブレンドに生まれ変わりました。イヌバラ、ユーカリ、ピーマン、オレンジの皮などを伴ったフレッシュな香り。熟した黒系果実の風味と共に、きめ細やかなタンニンおよび心地良い樽香を感じる、エレガンスに満ちた仕上がりです。