2019年08月21日(水)

とにかく縁起がいい!フランス・アルザスのスパークリングワイン

フランス・アルザスのスパークリングワイン

こんにちは!吉田すだちです。

皆さんは「スパークリングワインといえば?」と聞かれたら、何を思い浮かべますか?多くの日本人にとって馴染み深いのは、やはりフランスのシャンパーニュですよね。他にはスペインのカバ、イタリアのプロセッコが人気なのかな〜と思います。

でも、フランスの家庭でもっとも飲まれているスパークリングワインは、シャンパーニュではないんですって…!何かと言うと、「クレマン・ダルザス」。聞き馴染みのない方も多いのではないでしょうか。フランス語で書くと「Cremant d’Alsace」。アルザス地方のクレマン、という意味です。

今日はそんなクレマン・ダルザスについてわたしが勉強したウンチクを交えながら、とびっきり縁起のいい1本をご紹介しようかと思います。

まずはじめに…クレマンって何?

シャンパーニュと言えば、フランス・シャンパーニュ地方で造られるスパークリングワインですよね。クレマンについてざっくりばっくり説明すると、シャンパーニュ地方以外のフランス国内で造られるスパークリングワインのことをさします。

アルザス地方のクレマンは「クレマン・ダルザス」、ブルゴーニュ地方のクレマンは「クレマン・ド・ブルゴーニュ」。このように「クレマン+ド(de)+地名」で呼ばれています。ボルドーでもロワールでも、クレマンは造られているんですって。

シャンパーニュとは別物であるクレマンですが、その製法はシャンパーニュとまったく同じ(瓶内二次醗酵という製法)。法律で制限された厳しい規定にそって造られたものだけがクレマンを名乗ることができるため、高い品質が保証されています。

多くのクレマンはシャンパーニュよりも短い瓶内熟成をへて出荷されるため、より軽やかでカジュアルな味わいに仕上がり、価格もお手頃に。フランスの家庭でクレマンが親しまれているのも、そのカジュアルさゆえなのですね。

クレマン・ダルザスの特徴

さて、そんな中でも人気が高いのが、クレマン・ダルザス。ここでもシャンパーニュと比較してお話すると、

・シャンパーニュは主にフランス国外向けマーケティングで成功
・クレマン・ダルザスはフランス国内にフォーカスして発展

という成り立ちがあるようです。

クレマン・ダルザスは国内のカジュアルシーンをターゲットに造られているため、飲みやすさにこだわっています。シャンパーニュよりもアルコール度数がやや低め&泡立ちも軽め、口当たりまろやかなものが多いようです。

シュワ!とキリッと、美しい泡立ちを楽しみたい人にはシャンパーニュ、カジュアルさと飲みやすさを重視したい人にはクレマン・ダルザスがおすすめかもしれません。すだちはどっちも好きですが、毎日飲むなら…クレマン・ダルザスかもですね。

オススメの1本「キュヴェ・マネキネコ」

さて、今週のオススメの1本はこちら!
クレマン・ダルザス「キュヴェ・マネキネコ」ブリュットでございます。

キュヴェ・マネキネコ

どうでしょう、金色の招き猫!なんて縁起のよさそうなパッケージなのでしょうか…!ラベルの色は他にもあるのですが、どうせならということで一番縁起のよさそうなゴールドをチョイスしてみました。価格は3,000円〜4,000円程度とお手頃です。

ワインの名前は「マネキネコ」。日本のメーカーが造っているの?と思われがちですが、生産者は「ドメーヌ・クレマン・クリュール」、生粋のフランス人。300年以上(!)ブドウ栽培・ワイン生産を続けているのだそうです。ワインのエチケットに猫のモチーフを使い始めたのは、現当主が家をついでからのこと。

ブドウ畑がある「カッツェンタル」という場所には「猫峡谷」という意味があり、地元振興の意味もこめ、猫をラベルに採用したのだそうです。とってもおちゃめな方ですね。

さらに、現当主の弟さんが日本に住んでいて、弟さんに会いに来日した際、日本のお土産やさんで出会ったのが招き猫…。そのメッセージ性に共感し、自身が生産するワインのキャラクターである猫と絡めて「マネキネコ」ワインを生みだしたのだそうです。

肝心のワインのお味は、とても軽やか!泡が少なめなので、炭酸が苦手という方でも楽しめるかと思います。また、果実味がしっかりしていてマイルド。酸と甘さのバランスがよく、ぐびぐび飲める感じ。瓶内熟成は12ヶ月と長めで、澱(オリ)からしっかりとアミノ酸等の旨味成分がワインに溶けこんでいます。

よく、シャンパーニュは和食にあうと言われますが、こちらのキュヴェ・マネキネコも、負けずおとらず和食にとってもあうワインです。今の季節だと、夏野菜のお浸しなんかに合わせたら最高だと思います。すだち的には、万願寺唐辛子の焼きびたしとのペアリングが最高でした…。あと、お味噌汁ともよくあう!ぜひ試してほしいなと思います。

最後に…

マネキネコという名前のスパークリングワインなんて、日本人の心にとってもささりますよね〜!お祝い事や贈り物にもぴったりだと思います。ワインエキスパート合格に向けて勉強中のわたしも、キュヴェ・マネキネコをたくさん飲んで福を招いてもらおうかしら(酔っ払って勉強が進まない…というのはここだけの話…)。


吉田すだち ワインを愛するイラストレーター

都内在住の、ワインを愛するイラストレーター。ワインが主役のイラストをSNSで発信中!趣味は都内の美味しいワイン&料理の探索(オススメワイン、レストラン情報募集中)。2匹の愛する猫たちに囲まれながら、猫アレルギーが発覚!?鼻づまりと格闘しつつ、美味しいワインに舌鼓を打つ毎日をおくっている。
【instagram】https://www.instagram.com/yoshidasudachi/

この記事をSNSでシェアする

最近の記事

赤ワインのラベル

コラム

2020年8月9日

奥深い赤ワインの世界!ボディ別おすすめ15選

カラフルなイタリアの地図イラスト

コラム

2020年8月8日

ラインナップ豊富なイタリアワイン!地域別の特色とおすすめは?

コラム

2020年8月6日

夏の始まりにオススメなイタリアの二大スパークリングワイン、「プロセッコ」と「フランチャコルタ」!

イベント

2020年7月29日

山梨・勝沼と長野・安曇野池田ワイナリーツアー参加レポート!サッポロビール が手がける日本ワイン「グランポレール」

クリュッグ・グラン・キュヴェ

コラム

2020年7月25日

知っておきたいワイン用語「Cuvée(キュヴェ)」って何?

カテゴリー