2020年10月17日(土)

バカラのワイングラスで、お家飲みをもっとおいしく優雅に

「バカラのワイングラス」は、世界中で愛されるフランスのクリスタルブランド。この記事ではバカラグラスの種類や値段の相場、ワイングラスの選び方などをご紹介します。

バカラのワイングラスの相場

バカラのフルートグラス
Amazonで見る

バカラのワイングラスは、実に膨大な数のシリーズが存在します。サイズや種類によって値段はさまざまですが、公式サイトに掲載されているグラスの価格帯は5,500~594,000円。バカラでこんなにも安価なグラスがあるなんて、少し驚きませんか?バカラの公式サイトでは、デザイナーや用途、カラーやサイズを絞り込んで検索できるので、どのシリーズを購入しようか迷った際はぜひ公式サイトを見てみてくださいね。

バカラのワイングラスが愛される理由


Amazonで見る

フランス王ルイ15世により、フランスのローレル地方にあるバカラ村にガラス工房が設立されたのが1764年。クリスタルブランド・バカラの誕生の瞬間です。1816年には、透明度が高く品質の良いクリスタルガラスが初めて製造されました。そしてバカラのグラスは、1855年、1867年、1878年のパリ万博においてグランプリを受賞。ブランド効果は、次第に高まっていきました。

職人が技術を習得し、クリスタルの性質を操れるようになるまで約15年かかると言われています。熟練された技術と職人レベルにより、バカラはフランスのどのラグジュアリーグランドよりも多くの「M.O.F.(フランス最優秀職人)」の称号を得た職人達を輩出しているのです。

そんな最高の職人から創り出されたバカラのワイングラスは、フランスの王室はもちろんのこと、イギリスやタイ、ロシアやモロッコ、そして我が国日本の皇室からも注文される皇室御用達。今もなお王族貴族に愛され、世界中のセレブを魅了し続けています。

プレゼントにおすすめ!バカラのワイングラスおすすめ3選!

ワインの味わいは、グラスによって変化するといっても過言ではありません。数多く輩出されているバカラのワイングラスのなかから、プレゼントとして相場といわれている2~3万円台のグラスをワインの種類ごとにご紹介いたします。

1. 白ワインには【パッションワイングラス】

バカラのワイングラス・パッションワイングラス
¥35,420~(税込)

ワインの作り手としても世界的に名高い、ジャン=シャルル・ボワセの監修で造られたシリーズが、この「パッション」です。白ワインの飲みごろは6c°~12c°と言われており、温度が変化しないうちに飲みきれる量を味わうことから、赤ワインよりも小ぶりなものが相応しいといわれています。飲み口が緩やかにすぼまっている形状は、白ワインの香りを一層引き立ててくれるでしょう。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

2. 赤ワインには【デギュスタシオン ボルドー】

赤ワインにおすすめのバカラグラス・デギュスタシオン ボルドー
27,799~(税込)

赤ワインは、黒葡萄の果汁に果肉を漬け込んで製造されている為に、渋みが強く出ます。この複雑な香りを楽しむには、大ぶりのワイングラスが適しています。

まさに赤ワインの香りと味わいを最大限に引き出し、楽しむための本格的なワインテイスティンググラスが「デギュシタシオン ボルドー」です。ワインを口にしたときに、もっとも相応しい位置に導かれるよう計算し尽くされたフォルムはまさに職人技!バカラクリスタルの透明感や滑らかな質感は、お手頃なワインをも特別なものにしてくれますよ。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

3. スパークリングワインには【ディアマン シャンパンフルート】

スパークリングワインにおすすめのバカラのワイングラス・ディアマン シャンパンフルート
25,575~(税込)

きめ細かな泡を長く楽しむには、高さがありスマートなワイングラスがよく合います。泡抜けの時間を遅らせ泡の動きを楽しみつつ香りも集めらるという、まさに計算つくされたグラスが「ディアマン シャンパンフルート」ですバカラの伝統的なシャンデリアにも使われた美しい装飾を作り出すラインは「ディアマン・ビゾー(ダイアモンドカット)」とも呼ばれ、その輝きは食卓をさらに華やかに演出してくれるでしょう。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

贈り物にも、ご褒美にも。日常を彩るバカラのワイングラス

形や色もさまざまで、眺めているだけで溜息が出るほど美しいバカラのワイングラス。用途に合った物を探す時間も楽しいですよね。大切な人への贈り物や毎日頑張っている自分へのご褒美に。バカラのワイングラスは、あなたや大切な人の日常をもっと美しく華やかに彩ってくれるはずですよ。もっと素敵で優雅なお家飲み時間を彩る、お気に入りの1脚を見つけてみてくださいね。

※商品価格は、2020年10月1日時点での情報です。

この記事をSNSでシェアする

最近の記事

シャブリ地区の入り口

コラム

2020年10月24日

いまさら聞けないワインの「シャブリ」とは?ソムリエが徹底解説

コラム

2020年10月23日

プレゼントにぴったりのワインって?予算別におすすめを紹介

コラム

2020年10月22日

産地によって味わいはさまざま!オーストラリア ワインの特徴とは

モーゼル川とブドウ畑

コラム

2020年10月21日

ドイツワインは、甘口だけじゃない!ソムリエが13の産地の特徴を徹底分析

おでかけ

2020年10月21日

神楽坂でディナーを!料理とともにワインを楽しめる店15選

カテゴリー