2021年06月28日

長野でメルロを広めた「五一わいん」。老舗ワイナリーのワイン造りとは

長野県で長い歴史を持つ「五一わいん」。近年では、日本産ワインが海外で人気になり、国内でも購入が難しくなるものが増えています。その中でも五一わいんは、数々の賞を受賞している経歴を持ち、国内以外でも人気があるワイナリーです。この記事では、五一わいんの特徴やおすすめの商品など、魅力をたっぷりとご紹介していきますよ。

五一わいんとは

ブドウと赤ワインが机に並ぶ
iStock.com/LarisaBlinova

五一わいんは、長野県塩尻市にある果樹園兼ワイナリーです。1911年に桔梗ヶ原で、林農園としてブドウをはじめとする果樹を作り出したのがきっかけ。

1975年に「五一わいん」として商標登録をおこない、本格的にワイン販売を開始。現在は開業して100年以上たち、長野県のワイナリーの中でも歴史が長い造り手としても知られています。

50年以上の古樹で造られるメルロのワインは、数々の賞を受賞。評価も高く、五一わいんの代表的なワインのひとつです。「五一わいん」はスタンダードなものから、新酒ワイン、貴腐ワインなど、個性的で幅の広いワインを多く造り出しています。

五一わいんの特徴

ブドウがかごに入っている
iStock.com/Дина Орлова

五一わいんで造られるワインは、ラインナップが多くさまざまな味わいを楽しめます。特に自社農園のみで造られたワインは、五一わいんの個性が強く出ているので、飲むのが楽しいワインです。そんな五一わいんの特徴を詳しくご紹介していきます。

ハヤシ・スマート方式でブドウを栽培

フランスやイタリア、日本など世界的に「垣根仕立て」という方式でワイン用のブドウを栽培するワイナリーが多いなか、五一わいんは、オーストラリアの「スマート・マイヨルガー仕立て」方式をアレンジした「ハヤシ・スマート方式」を採用。食用のブドウ、巨峰やマスカットの栽培方式である「棚仕立て」のようなイメージです。

「ハヤシ・スマート方式」は通気がよく、果実への日照時間が安定するため、全体的に完熟したおいしいブドウが造られます。五一わいんでは、この栽培方法を広める活動もしているそうです。問い合わせれば、指導もおこなってくれるようですよ。

自社農園ブドウ100%のエステートシリーズ

五一わいんの商品は、100%自社農園のブドウで造られるワインと、ほかの農園から買い付けたブドウをブレンドして造られるものがあります。自社農園は、桔梗ヶ原の本社に隣接している7haの畑と、2011年、塩尻市柿沢にできた5haの「柿沢農場」の2箇所です。

エステートシリーズは、100%自社農園のブドウを使用。1,000円台から2,000円後半と比較的手の出しやすい値段で販売されており、ファンが多いシリーズでもありますよ。毎年数量限定で造られます。ブドウや土壌の個性がしっかり味わえる、とてもおいしいワインが多いですよ。

希少な貴腐ワイン

五一わいんの貴腐ワインは、1993年に突然自然発生した貴腐菌から誕生しました。

貴腐ワインの原料として使われるブドウ品種は、リースリングやセミヨンが多いですが、五一わいんの場合、最初はシャルドネに貴腐ワインを造るための貴腐菌が付いたのです。そこから改良を経て、現在はセミヨンとシャルドネのブレンドで造られる貴腐ワインが販売されています。

しかし、気象条件やブドウのできが大きく左右するため、製造がむずかしく、生産量がとても少ないのが特徴です。とろりと甘く、爽やかな酸味も楽しめる五一わいんのおいしい貴腐ワイン。見つけたら、ぜひ試してみてくださいね。

そのほか、さまざまなワインを製造

五一わいんでは、さまざまなタイプのワインを造っています。赤・白・ロゼワインはもちろん、スパークリングワイン、デザートワイン、ブランデーや梅酒なども手がけていますよ。

また、酸化防止剤無添加で造られるワインは、リピートするファンも多いシリーズ。五一わいんでは、多種多用なワインを製造しているので、お好みのワインがきっと見つかるはずです。

五一わいんの主なブドウ品種

赤ワインと白ワインがグラスに注がれる
iStock.com/kuppa_rock

五一わいんでは、さまざまなブドウ品種を手がけています。そのなかでも、特にこだわりを持ち造っているブドウ品種をご紹介しますね。

シャルドネ

全世界で造られる白ワイン用のブドウ品種。五一わいんでも、自社農園で多く栽培されています。シャルドネは、クセが穏やかで、爽やかさとコク両方を持ち合わせ、土壌や造り手の個性を引き出すブドウ品種です。五一わいんのシャルドネも、シリーズによって個性の変わるおいしいワインになりますよ。

メルロ

フランス・ボルドー地方で多く造られ、現在日本でも栽培が増えてきています。メルロは、なめらかな口当たりと、パワフルで深みのある味わいが特徴的な赤ワイン用のブドウ品種です。五一わいんでは、1953年からメルロの栽培を開始。桔梗ヶ原の気候や環境と相性がよく、上質なブドウが造られています。

竜眼

竜眼は、白ワイン用のブドウ品種。日本では、長野県で多く栽培されています。歴史の長いブドウ品種で、善光寺ブドウという名でも知られていますよ。竜眼で造られるワインは爽やかさとフルーティーさ、少しの苦味があり、和食ととても相性がいいです。

山ぶどう

信州大学農学部との共同研究から生まれた新品種。山ぶどう独特なキリッとシャープな酸味と甘い香りが特徴的です。個性的で面白く、おいしいワインが味わえますよ。

国際コンペティションで大金賞!「桔梗ヶ原メルロ」

五一わいんは、ワインコンクールでさまざまな賞を受賞しています。そのなかでも、「桔梗ヶ原メルロ」は、国際ワインコンクールでも賞を獲得しているのです。世界的にも評価が高く、海外産メルロにも負けない、力強さと深み、熟成も楽しめる素晴らしいワインを造り上げます。

また、長野県でメルロを始めて植えたのは、五一わいんの創業者である林五一氏。山形県で植えられていた苗木を、桔梗ヶ原に広めたのは五一わいんなのです。国際ワインコンクールで受賞したことで、長野県桔梗ヶ原産のメルロは世界的に有名になり、評価も上がっています。

おすすめの五一わいん5選

1. 「エステートゴイチ シャルドネ

エステートゴイチ シャルドネ
¥1,590~(税込)/白・辛口/日本

自社農園のシャルドネ100%で造られるワインです。バニラや焼き立てパンなどの香ばしい風味と、フルーティーさ、深みのあるコク、そしてスッキリとした酸味のバランスがよく、飲みやすい一本です。味わいがしっかりしているので、チキンのバターソテーやクリーム系の料理にも合いますよ。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

2. 「竜眼 酸化防止剤 無添加」

竜眼 酸化防止剤 無添加
¥1,420~(税込)/白・辛口/日本

竜眼というブドウ品種100%、酸化防止剤無添加で造られる白ワイン。グレープフルーツのようなフルーティーさと、スッキリした酸味とほどよい渋みが絶妙なバランスです。寄せ鍋や山菜の天ぷらや、そばなどの和食にも合わせやすいですよ。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

3. 「スパークリングワイン ナイヤガラ」

スパークリングワイン ナイヤガラ

¥1,786~(税込)/白泡・やや甘口/日本

ほんのり感じる甘さと、フルーティーさが飲みやすいスパークリングワイン。ナイアガラというブドウ品種100%のワインで、炭酸ガスを注入して造られています。ナイアガラ特有のマスカットのような甘い香りと味わいが、グラスいっぱいに広がりますよ。ワインが苦手な方でも、飲みやすい一本です。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

4. 「氷果の雫 コンコード」

氷果の雫 コンコード
¥1,994~(税込)/赤・極甘口/日本

熟成したコンコードを人工的に凍らせ、果汁のみを絞って造り上げられた濃厚な甘口ワインです。アイスワインのような、とろっとした口当たりが特徴的。コンコード特有なベリー系の甘い香り、濃縮感のある味わいを楽しめます。食後のデザートとしてもおすすめですよ。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

5. 「桔梗ヶ原メルロ」

桔梗ヶ原メルロ
¥5,508~(税込)/赤・フルボディ/日本

自社農園で栽培された、上級で上質なメルロのみを使用して造られたプレミアムワイン。フレンチオーク樽を使用し、熟成をさせています。カシスやブラックベリーなどの風味と、樽由来の複雑で芳醇な味わいを楽しめますよ。数年熟成させてからじっくり味わいのもおすすめです。

Amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

五一わいんではブドウ園の見学ができる

ワイングラスがテーブルに並ぶ
iStock.com/Delpixart

五一わいんは、ブドウ園を見学できます。工場内は見学できませんが、農園は自由に無料で見ることができますよ。事前連絡がなくても大丈夫なので、近くを通ったときは気軽に寄れるのが嬉しいですね。

売店では常時10本の試飲を用意

五一わいんの本社に、直営販売店があります。そちらの売店では、五一わいんおすすめの商品が10種類以上試飲可能です。またワインだけではなく、ジュースも試すことができるので、こどもやお車の方も嬉しいですよね。たくさん試飲して、自分の好みの五一わいんを選んで買って帰りましょう。

五一わいんは、幅広い世代に愛される生産者

五一わいんの商品は、サラッと飲めるものから、深みのある複雑な味わいのものまで幅広く生産しています。私の知っている、五一わいんファンも老若男女さまざま。100年以上歴史があるからこそ、幅広い世代に愛されている素晴らしい生産者です。価格帯も手を出しやすいもの多くあるので、お気に入りの一本が見つかるはずですよ。ぜひ五一わいんを、じっくり味わってみてくださいね。
※商品価格は、2021年6月14日時点での情報です。

私が執筆しました!

YURI
ソムリエ・チーズプロフェッショナル / YURI
資格:J.S.A.ソムリエ、C.P.A.認定チーズプロフェッショナル、食生活アドバイザー3級。『もっと楽しく、もっと気軽に、もっとおいしく!』をモットーに誰でもワインとチーズを気軽に楽しめるようアドバイスを発信中!ワインの輸入会社、レストラン、料理教室運営などを経験したのち、現在はフリーランスのソムリエ・チーズプロフェッショナルとして活動中。主にワイン・チーズ教室やブログ、ライターにてワインやチーズ・マリアージュなどの楽しみ方を伝えています。
【ブログ】ソムリエールYURIのちょこっとMEMO
【twitter】https://twitter.com/YURI06927640
【instagram】https://www.instagram.com/yuri.winetocheese

この記事をSNSでシェアする