2022年04月29日

コスパ抜群の安いスパークリングワインおすすめ10選。シャンパンとの違いも解説

産地や味わいなど種類豊富なスパークリングワイン。初心者の方は安い銘柄から挑戦したいという人は多いのでは?この記事では、スパークリングワインの特徴やシャンパンとの違いに加え、コスパ抜群のスパークリングワイン10商品ピックアップしました。ぜひお気に入りの一本を見つけてみてください。

おいしくて安いスパークリングワインを食卓に

シャンパンよりも身近でふだんの食事でも気軽に楽しめる「スパークリングワイン」。1,000円以下で安く購入できるものから、一本数千円を超える高級な品まで、幅広い価格帯のスパークリングワインが販売されています。とはいえ、できることなら安くておいしい銘柄を飲みたいという方は多いはず。そこで、手頃な値段で買えるスパークリングワインをピックアップ。味わいや富海はもちろん、いつもの食卓をグッと華やかにするすぐれた銘柄を10個紹介します。

シャンパンとの違い

スパークリングワインとは、一般的には3気圧以上のガス圧を持った発泡性ワイン(強発泡性ワイン)の総称を指します。同じく強発泡性のシャンパンも、スパークリングワインのひとつのカテゴリなのです。両者の違いは、生産地と製法にあります。シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方で造られたもので、AOC法(原産地呼称管理法)という法律で定められた条件を満たしたもののみ名乗れる名称です。

スパークリングワインの特徴

スパークリングワインよりも、厳格な基準をクリアしているシャンパンのほうがおいしい?じつはそうとも限りません。シャンパーニュ地方で造られるシャンパンは、豊かな酸味と引き締まった味わいが特徴。上質で本格的なクオリティが楽しめるでしょう。一方のスパークリングワインは、口当たりがやわらかで果実味あふれるフルーティーな味わい。コストパフォーマンスにすぐれている点も見逃せません。気取らず構えず、種類も豊富。自分好みの一本を見つける楽しさもスパークリングワインの魅力です。

コスパ抜群のスパークリングワインおすすめ10選

1. サンタ・ヘレナ・アルパカ・スパークリング・ブリュット


¥980(税込)〜/白/辛口

昼夜の寒暖差によって品質の高いぶどうが生育されるチリ。チリワインの名門であるサンタ・ヘレナ社が届ける極旨チリワインが「サンタ・ヘレナ・アルパカ」です。シャルドネとセミヨンを使用し、爽やかでキレのある清涼感、かすかな甘さとふくよかさを感じる辛口です。豊かな果実味とまろやかな味わいが特徴で、どんな料理にも合わせやすく、ホームパーティや家飲みなどさまざまなシーンで楽しめます。

Amazonで見る

Yahoo!ショッピングで見る

2. マルティーニ アスティ・スプマンテ


¥830(税込)〜/白/甘口

150年以上の歴史を持つマルティーニ。国際的な販売で「アスティ・スプマンテ」のトップブランドとして世界中で人気を博しています。こちらは、ブドウ発酵の際にショ糖を加えず、じっくりと時間をかけて発酵させ、自然なプロセスで完成させるという手間暇をかけた商品。モスカート・ビアンコ種100%で造られるアスティは、フルーティーで爽やかな味わいと豊かな香りが特徴です。

Amazonで見る

Yahoo!ショッピングで見る

3. イエローテイル ピンクモスカート


¥774(税込)〜/ロゼ/甘口

白ブドウのモスカート種と黒ブドウのシラーズが生み出すピンク色が美しい一本。豊かな味わいと香りを引き出すため、果実が熟した状態になるのを待ってから収穫しています。フルーティーなマスカット味で、アルコール分7.5%のすっきりした味わいに仕上がっています。食前酒としてオードブルと合わせるのはもちろん、食中酒として中華料理、エスニック料理、食後酒としてスイーツ、チーズと一緒に楽しめます。

Amazonで見る

Yahoo!ショッピングで見る

4. タヴェルネッロ ランブルスコ ロッソ


¥707(税込)〜/赤/甘口

こちらは、イタリアのエミリア・ロマーニャ州で作られる微発泡ワイン。明るいルビー色に輝き、華やかなバラの香りと芳醇な果実の香りが漂います。フレッシュな泡、ベリーフルーツを詰め込んだような味わいで、すっきりとした爽やかな後味が特徴。アルコール度は8%と低めです。パスタやピザ、シーザーサラダ、カルパッチョ、など幅広い料理と合わせやすい一本です。

Amazonで見る

Yahoo!ショッピングで見る

5. ベリーニ


¥528(税込)〜/甘口

ベリーニのボトリングに成功した唯一の造り手であるカネッラ。自社で生産した上質なスパークリングワイン「プロセッコ」は、イタリアのワイン見本市・ヴィニタリーで金賞を受賞しています。ベリーニ最大の魅力は、贅沢な果肉の量にあります。マリア・ビアンカという白桃を惜しげもなく使っており、ボトルを立てて保管していると果肉がボトルの下から3分の1まで沈殿するほど。白桃の爽やかな甘さと、スパークリングワインの弾ける泡をお楽しみください。

Amazonで見る

Yahoo!ショッピングで見る

6. リステル フルール・ド・フランス


¥1324(税込)〜/ロゼ/やや甘口

美しいロゼカラーとほんのりとした甘さが特徴の一本。南フランス産の軽やかな口当たりのスパークリングワインです。リステル社は、南仏モンペリエ近郊の地中海沿岸に合計2,000ヘクタールの広大なぶどう園を運営し、最新技術を積極的に導入したワイナリーを完備。ブドウ作りから一気通貫でワインづくりを手がけます。世界をみても砂地でのブドウ生産は珍しく、自然との共存も目指しています。

Amazonで見る

Yahoo!ショッピングで見る

7. デコルディ ランブルスコ・アマービレ ドン・ジュセッペ ビアンコ


¥797(税込)〜/白/甘口

エミーリア・ロマーニャ州とロンバルディア州南部を代表するワインのひとつ。ランブルスコというブドウ品種から造られる微発泡の軽やかな口当たりが特徴です。フレッシュでさわやかな甘みは、イタリアだけでなく世界中で楽しまれています。白い花や柑橘系の香りと、ほどよい甘みとフレッシュな酸味のバランスが、ベタつかないさわやかな甘みを生み出します。「ドン・ジュセッペ」という名称には、デコルディ家と親交が深いGiuseppe Bolsi氏の名前に由来します。

Amazonで見る

Yahoo!ショッピングで見る

8. ランブルスコ・レッジャーノ・アマービレ


¥932(税込)〜/赤/中甘口

イタリアエミリア・ロマーニャ州の弱発泡性ワイン。優しい泡でほどよい甘さが口に広がります。ワイン初心者にも楽しめるやさしい口当たりです。フルーツを加えれば、オリジナルのサングリアにも。このワインを手がけたドネリ社は、家族経営のランブルスコの造り手のなかでは最大のグループとして知られ、バリエーション豊かな赤いスパークリングワインとして世界中で愛されています。

Amazonで見る

Yahoo!ショッピングで見る

9. オペラ・ブリュ


¥928(税込)〜/白/辛口

フレッシュでキレのある飲み口の本格スパークリングワイン。パリのオペラ座をイメージした華やかなデザインが印象的で、お祝いの席やパーティを演出するのに最適です。1909年創立のC. F. G. V. 社は、フランス国内で高い販売シェアを誇るスパークリングワインメーカーです。フルーティーでエレガントな味わいが人気を集め、アメリカ、イギリス、ドイツなど世界の60カ国以上に輸出されています。

Amazonで見る

Yahoo!ショッピングで見る

10. モデナ スプマンテ ピニョレット ブリュット


¥963(税込)〜/辛口

麦わら色で細かく長く立ち上るフレッシュな泡立ちと、芳しいアロマを持つスパークリングワイン。果汁と培養酵母を使用し、適切な温度でもろみを発酵させて白ワインを造ったのち、再発酵をさせてガスを溶け込ませています。地ブドウであるピニョレット種の香りと、繊細な酵母に由来する豊かな香りが特徴。野菜のパスタや魚、チーズと好相性です。

Amazonで見る

自分に合ったおいしいスパークリングワインを

さまざまな楽しみ方ができるスパークリングワイン。まずは「どんな味のものを飲みたいか」を考えて選んでみてください。ここで紹介した銘柄に限らず、じつに多種多様なスパークリングワインが出回っています。いろんな味に出会うという意味では、コスパのいい安いスパークリングワインで試してみるのがベターです。ぜひ、お気に入りの一本を探してみてください。

この記事をSNSでシェアする