2019年04月08日(月)

接待やデートでちょっと使えるワインのお話

3月25日 神保町のガーブピィンティーノさんにて、『接待やデートでちょっと使えるワインのお話 ワイン2大産地 ボルドーとブルゴーニュ』を開催しました。「歴史で楽しむワインの世界」というタイトルで、それぞれのワインにまつわる歴史的なエピソードなども交えながら、ワインを楽しむ場で少し自慢できそうな小ネタを学んできましたので、その時の様子をご紹介します!

今回の講師は、先日「ワインアロマセラピー」のイベントでもご登場頂いた蜂須賀紀子先生。

蜂須賀先生は自由が丘ワインスクールや朝日カルチャーセンターでも講師を務められており、今回はお得意の西洋の歴史を交えながら、講義を行ないました。

講義は約60分。通常、ワインスクールの授業ではボルドーとブルゴーニュだけで4週に分けて受講するような内容だったにもかかわらず、見事この短い時間にギュ―ッと凝縮してくださいました。
一緒に受講させていただいていたのですが、紹介されるエピソードがそれぞれ面白く、しかも蜂須賀先生もとっても楽しそうにお話されるので、60分があっという間に過ぎてしまいました!

座学講義の後は習ったばっかりのボルドーとブルゴーニュの主要な品種のテイスティング!典型的なボルドースタイルのワインやブルゴーニュの単一品種(ピノ・ノワール、シャルドネ)を味わいながら、ワインブレンドのお話や、香りの感じ方などを丁寧に教えていただきました。
個人的にはボルドーのソーヴィニヨン・ブランの香りの感じ方が印象的で、一般的にはグレープフルーツやパッションフルーツなどと表現することが多いのですが「トマトのへたの香り」という表現が非常にわかりやすかったです。

講義の後は、アフター会形式で習ったばかりのワインと相性抜群の料理をボルドーワイン、ブルゴーニュワインのペアリングディナーを満喫しました!
「これがマリアージュか!」と感嘆する声も聞こえ、終始和やかな雰囲気で参加者の皆様と蜂須賀先生も一緒にGARB pintinoの料理を楽しみました。

参加者の皆様から、次の開催を熱望する声も頂戴しておりますので、近いうちに第2弾が開催できればと思っております!
皆様のご参加、お待ちしております!

今回の会場:神保町・GARB pintino(ガーブピンティーノ)

↓↓現在掲載中のイベント詳細・ご参加のお申込み・お問合せはコチラから!
https://www.winomy.jp/event/

テキスト・写真:Winomy 和田

この記事をSNSでシェアする

最近の記事

コラム

2020年2月19日

【後編】サクラアワード2020 ワイン審査会で聞いてみた「ソムリエールは知っている」Vol.14

コラム

2020年2月19日

“ハーフボトル”はBYO初心者の強い味方

コラム

2020年2月18日

伝統に裏付けされた絶品 ”鰻” に、ロゼワインをマリアージュ

ニュース

2020年2月17日

ロマンティックなシャンパーニュ「ドン ペリニヨン ロゼ」3名様に当たる!今月のキャンペーン

コラム

2020年2月12日

一流サッカー選手が手がける、サクラアワード受賞ワインを飲んでみた!

カテゴリー