5代に渡り受け継がれる、徹底した品質管理

コンテイザCONTEISA

¥48,400 (税込)

イタリア フルボディー

数 量
内容量

750ml

※画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。
卸店・配送元が異なるためアイコン違いの商品は同時に購入できません。

「イタリアワインの帝王」が造る単一畑バローロ。 美しくバランスの取れたタンニンとシルキーな舌触りが特徴。 洗練されたエレガントな仕上がり。

タイプ
生産地イタリア/ピエモンテ
生産者ガヤ
ブドウ品種ネッビオーロ、バルベラ
おすすめ料理フレンチ・イタリアン
ヴィンテージ2001
アルコール分12~15%
JAN4562301120277
管理コードB118110066

商品情報

全ては「最高のワイン」を作るために イタリアワインの帝王

5代に渡り受け継がれる、徹底した品質管理

イタリアワインの生産者として、間違いなくトップクラスの地位を不動ものとしているガヤ。ガヤの歴史は、17世紀半ば、ガヤ・ファミリーの初代、ジョヴァンニ・ガヤ氏がスペインのカタルーニャ地方からピエモンテに移住してきたことから始まりました。ジョヴァンニ氏は1859年にワイナリーを創設、2代目の時代には、現当主であるアンジェロ氏の祖母、クロチルド・レイ女史もワイン造りに参加し、徹底して品質にこだわるガヤスタイルのワイン造りの基礎を造り上げました。そして3代目、アンジェロ氏の父にあたるジョヴァンニ氏の代に、現在もガヤのフラッグシップであるキュヴェ、バルバレスコが高い評価を受けたことによってイタリアワイン界のトップとしての地位を確立、同時に「ソリ・サン・ロレンツォ」や「コスタ・ルッシ」などの畑を購入し、ワイナリーを拡大しました。そして4代目、現当主のアンジェロ氏の時代。1961年からワイナリーに携わっていたアンジェロ氏は、バリック樽の導入や、単一畑のワインの生産など、様々な改革を実施。ピエモンテの伝統的なワイン造りを守りながら、革新的な設備や技術を取り入れ、世界中から認められる存在となりました。現在は、5代目を担う3人の子供たちとともにワイン造りを行っています。

「イタリアワインの帝王」が造る単一畑バローロ。

美しくバランスの取れたタンニンとシルキーな舌触りが特徴。洗練されたエレガントな仕上がり。

こちらのコンテイザも、単一畑のバルバレスコと同様に、1996年にD.O.Cランゲに格下げされたワインの一つ。2013年ヴィンテージ以降はバローロのアペラシオンとしてリリースされます。コンテイザの畑は川の近くに位置するので、暖かさに恵まれています。また、バローロの中でもバルバレスコ寄りに位置するため、やさしい味わいとなります。 「コンテイザ」の名前は、紛争という意味。畑の所有権をめぐるバローロとラ・モッラの紛争に由来しています。バラやスミレに続く、チェリー、カシスの華やかなアロマ。果実味とともに、リコリス、タール、スパイスのバローロらしい複雑なニュアンス。洗練され、美しくバランスの取れたタンニン、シルキーな舌触りと熟した味わいが印象的です。ピュアな果実味が口に含んだ瞬間から最後の余韻まで長く続き、エレガントな味わいに仕上がっています。