募集中

2019年3月25日(月)19:00~21:30(受付18:45~)

神保町 / ガーブピンティーノ / 8,000円

接待やデートでちょっと使えるワインのお話 ワイン2大産地 ボルドーとブルゴーニュ

ガーブ

今回のテーマはワイン2大産地であるフランスのボルドー地方とブルゴーニュ地方についてです。地理的な特徴の違いや、それぞれのワインにまつわるちょっとした歴史的なエピソードなども交えながら、接待やデートできっと役に立つワインの豆知識を学べます。ワインはボルドー地方、ブルゴーニュ地方のワインを2種類ずつ、合計4種類のワインをテイスティングしていただけます。

講義の後は、アフター会形式で習ったばかりのワインと相性抜群の料理をボルドーワイン、ブルゴーニュワインそれぞれに1種類ずつペアリングでご提供させていただきます。

【お店】
大人のためのカジュアルフレンチ食堂、神保町「GARB pintino(ガーブピンティーノ)」です。GARB pintinoは松城シェフと全国各地の生産者さんが一緒に厳選した安心で安全な食材を使用したお料理と、フランスワインを中心にセレクトされた100種類を超えるワインが自慢です。日常の安堵感とサプライズがあいまったオトナのためのカジュアルフレンチ食堂です。

最近、書店では「世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワイン」(渡辺順子 著)がベストセラーコーナーに並んでいるところをよく目にします。きっとご近所の書店でも、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。日欧EPA発効によって、少しワインもお手軽に購入できるようになり、これからもっとワインは日常的な飲み物になっいくことが予想されます。

今まであまりワインを飲んでこなかった方、何となく難しそうだからワインから遠ざかっておられた方、ビジネスやデートのシーンでも役立つ基礎講座です。ワインが楽しい飲み物になりますよ。お気軽にご参加ください。

【講 師】
蜂須賀 紀子(はちすか きこ)
早稲田大学西洋史学専修卒。フランス料理界に足を踏み入れ、料理人として更なる本物を目指し渡仏、本場フランスの食文化を学ぶ。帰国後、体系的にワインとチーズの知識を深め、飲食関係通訳などを行う傍ら、フランス食文化を伝える各種セミナーを開催。ワインと料理のマリアージュに関する 造詣が深い。自由が丘ワインスクール講師。

イベント概要

日時 2019年3月25日(月)19:00~21:30(受付18:45~)
開催店舗 Garb pintino(ガーブ ピンティーノ)
住所 東京都千代田区神田錦町3-22 テラススクェア2F
最寄り駅 都営地下鉄三田線・新宿線・東京メトロ半蔵門線「神保町駅」より徒歩3分 JR「御茶ノ水駅」より徒歩10分
参加費 8,000円(税込み)現地にてお支払いください
イベントテーマ もっとワインを知ろう / セミナー / ディナー
食事のタイプ 着席 / ペアリング
メニュー詳細 講義後、アフター会形式で習ったばかりのワインと相性抜群の料理をボルドーワイン、ブルゴーニュワインそれぞれに1種類ずつペアリングでご提供させていただきます。

※食材によるアレルギー等をお持ちの方は、スタッフにお申し付けください。
募集人数 30名
申し込み期限 2019年03月21日
お申込み方法
  • WEB

備考

・クレジットカードでのお支払い可
・ワインは数に限りがございます。予めご了承ください。

ご予約・お問い合わせはこちら

キャンセルについて

  • ・お申込みの人数に合わせてお料理やお席をご用意しておりますので、直前のキャンセルはご遠慮いただくようお願い致します。
  • ・前日、当日のキャンセルにつきましては、キャンセル料を請求する場合がございます。ご了承ください。